ステレオカメラのまとめ情報

ステレオカメラ』の解説

thumb

right

right

right

ステレオカメラ(すてれおかめら、stereo camera)とは、対象物を複数の異なる方向から同時に撮影することにより、その奥行き方向の情報も記録できるようにしたカメラのことである。

通常は、1台で両眼視差を再現し、立体的な空間把握のできる立体写真の撮影が可能になっているものをさす。

また、通常のカメラのレンズに装着し、ステレオカメラと同じ効果を持つ写真を撮れるようにするアダプターも存在する。

現在では、機種、製造数共に最盛期に比べてはるかに少ない。

その特性から交通事故労災事故の捜査などに威力を発揮する。

構造

基本的には、2台分以上のカメラのレンズ機構とシャッター機構を1台にしたものと考えて差し支えない。

1つの筐体に複数(通常は2つ)のレンズが一定の間隔に並んでいることで微妙に異なるアングル両眼視差が再現され、一回の撮影操作で複数のシャッター機構を同時に制御することにより、動きのある被写体であっても撮影を可能にする。

1台のカメラで複数枚撮影することから、フィルム送りにおいてコマが重複する問題が発生するため、次に掲げるようなフレーム規格が考案された。

代表的なフレームの仕様

ステレオカメラは、通常のカメラと違い、1台のカメラで複数枚同時に撮影することから、フィルム送り、操作性などを鑑みていくつかの大きさのフレーム規格が考案された。代表的なものとして次のようなものが挙げられる。

  • リアリスト・サイズ
フレームサイズが24mm×23mmのほぼ正方形のもの。ステレオ・ペアのフレームの間を2コマ分とし、2コマずつフィルムを送ることで無理なく無駄なくフィルムを使えるようになっている。
  • ヨーロピアン・サイズ
フレームサイズが24mm×30mmの横に長い長方形のもの。ステレオ・ペアのフレームの間が1コマ分なので、フィルム送りは、1コマ、3コマ、1コマ、3コマというように送る。
  • ハーフフレーム・サイズ
フレームサイズが18mm×24mmの縦に長い長方形のもの。通常のカメラにステレオ撮影用のアダプターを装着して撮影した場合は、通常このサイズである。通常のカメラのフレームサイズを2分割してステレオ・ペアを撮影するため、1本のフィルムで撮影できる枚数は通常の撮影時と変わらない。

立体写真として見るために必要な処理

印画紙現像した写真を裸眼立体視する方法もあるが、ビュワーと呼ばれる器具を使用することで立体視が容易になる。

ビュワーは製造上の理由から、平行法によるものがほとんどであり、次のようなものがある。

  • 印画紙に現像した写真を差し込む、または置いて、光を反射させて見るもの。
  • リバーサルフィルム撮影して現像した後、専用のマウントにはさむ等の加工を施したものを差し込み、光を透過させて見るもの。このタイプには、光源が内蔵されたものもある。

見やすさ及び迫力の点では、光を透過させて見るものの方が優れている。また、専用のマウントのうち、リアリスト・サイズ、ヨーロピアン・サイズについては、アメリカで安価に入手可能である。

また、見る方向によって絵が変わるレンチキュラー処理を用いた立体写真もある。

ステレオカメラ

Stereo Realist

生産国:アメリカ
フレームサイズ:リアリスト・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:最初にリアリスト・サイズのフレームを採用したステレオカメラ。跳ね上げ式のレンズカバーが外見上の特徴である。ファインダー及びシャッターボタンの位置が普通のカメラと違っている他、シャッタースピードの設定に「タイム(T)」がある。製造時期によってシャッタースピードの設定範囲が違っていることがある。既に製造されていないが、中古市場に安価かつ多量に出回っている。

Fed stereo

生産国:ウクライナ(旧ソ連)
フレームサイズ:ヨーロピアン・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:ボタン電池を使った自動露出機能を持つステレオカメラ。距離設定は目測。

TDC Stereo Vivid

生産国:アメリカ
フレームサイズ:リアリスト・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:絞り、シャッタースピード、距離調節のダイヤルが全て上面に置かれ、表示の数字も大きく、見やすくかつ使いやすい構造になっている。製造当時は、明るさを測定する露出計が普及していなかったため、天候フィルム感度季節並びに対象物の明度(黒いか白いか)を合わせると、機械的に絞りとシャッタースピードの組み合わせが決まる機構を持っている。絞りにあわせて被写界深度が表示される機構も持っており、優れた設計と使いやすさを持つ逸品である。

SPUTNIK

生産国:旧ソ連
フレームサイズ:60×60mm
フィルム:120ロールフィルム
特徴:ファインダーは二眼レフカメラのファインダーと同じ構造になっている。そのため、撮影用の一対のレンズとファインダー用のレンズと計3つのレンズが正面にある。

Loreo Stereo Camera

生産国:不明
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:視差のある一対の縦長ハーフサイズのフレームを撮影するコンパクトカメラ。2D、3D撮影を切り替えられる機種もある。現行品として購入可能。

Horseman 3D

生産国:不明
フレームサイズ:ヨーロッパ・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:2006年8月21日に発売されたステレオカメラ。2つのレンズの間隔(基線長)を従来のステレオカメラより短くし、これまではレンズごとに独立して付いていたシャッター機構を、1つのシャッター機構で2枚同時に撮影できるようにしてシャッター動作に時間差が生じることを解消するとともに、超高速度シャッタースピードにも対応できるようにした。基線長を短くすることで先ほどの機能を達成したことから、24mm×32mmのフレームを2枚並べる形で撮影する。価格はおよそ60万円。

Stereo Leader

生産国:日本
フレームサイズ:リアリスト・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:レバーにより、ステレオ写真と通常の写真に切り替えられる。このためか、フィルム送りは1コマずつで、ステレオ写真を撮るときはフィルム送りに注意が必要。二重露光防止機構はなく、シャッター・チャージも手動。多くのリアリスト・サイズカメラのレンズの焦点距離は35mmであるのに対し、本カメラは45mmである。絞り、距離、シャッタースピードの目盛は上から見やすい設計になっている。

Stereo Graphic

生産国:アメリカ
フレームサイズ:リアリスト・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:2つのレンズのうち、ひとつはピントを遠景にあわせた固定焦点、もうひとつはピントを近景に合わせた固定焦点。シャッタースピードは1/50秒とバルブのみ。絞りは、4、5.8、8、11、16のみ。絞りを選ぶだけで撮影する、最低限の機能に絞った軽量のステレオカメラである。

NIMSLO

生産国:不明
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:縦長のハーフサイズのフレームを同時に4枚撮影する、レンチキュラープリント用のカメラである。専門の会社に依頼し、縦長のレンチキュラープリントにしてもらう。レンチキュラープリントなので、ビュワーが不要であるが、プリント代は通常プリントに比べてかなり高い。製品名の由来は開発者NimsとLoの名前だといわれる。

NISHIKA

生産国:香港
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:縦長のハーフサイズのフレームを同時に4枚撮影する、レンチキュラープリント用のカメラ。外観は一眼レフのAFカメラのようだが、固定焦点であり、露出は、お天気マークで設定する。専門の会社に依頼し、縦長のレンチキュラープリントを得る。

View-Master Personal

生産国:アメリカ
フレームサイズ:特殊
フィルム:35mmフィルム
特徴:本品は、立体写真が円形のマウントに搭載されたView-Masterを個人で作るために1950年代に発売されたカメラである(現在生産されていない)。View-Masterのフレームは小さいため、35ミリフィルムに上段と下段と往復で撮影する機構を持っている。設計がTDC Stereo Vividと同じゴードン・スミスなので、TDC Stereo Vivid同様、絞り、シャッタースピードのダイヤルが上面にあり、また簡単に露出を決められる機構を持っていて見やすく、使いやすい。現像済みのフィルムから専用のカッターで各フレームを切り出し、専用のマウントにマウントするが、カットしたフィルムを差し込む方式の専用マウントは現在は生産されておらず、専用マウントのデッドストックが高額で出回っている。2006年に貼り合わせ式のマウントが発売された。

撮りっきりコニカ3D

生産国:日本
フレームサイズ:特殊
フィルム:35mmフィルム
特徴:1994年頃から2000年頃まで販売。縦長のフレームを同時に3枚撮影する、レンチキュラープリント用の16枚撮り使いきりカメラ。固定焦点、フラッシュ内蔵。系列のラボに依頼し、縦長のレンチキュラープリントを得る。

Kodakスナップキッズ3D

生産国:不明
フレームサイズ:特殊
フィルム:35mmフィルム
特徴:1994年頃から2000年頃まで販売。縦長のフレームを同時に3枚撮影する、レンチキュラープリント用の16枚撮り使いきりカメラ。固定焦点、フラッシュ内蔵。系列のラボに依頼し、縦長のレンチキュラープリントを得る。撮りっきりコニカ3Dと同一形状のためOEMと思われる。

FinePix REAL 3D W1

生産国:日本
撮像素子:1/2.3インチCCD
特徴:富士フイルム2009年8月8日に発売したステレオデジタルカメラ。レンズと撮像素子が2組あり、基本的にはフィルム時代のステレオカメラをデジタル化したものと考えてよい。レンズは35mmフィルムカメラ換算で39~149mm相当の3倍ズームで、動画でのステレオ撮影も可能。内蔵された液晶ディスプレイで裸眼での立体表示が可能であるほか、同様の外部液晶ディスプレイが併売される。レンチキュラー仕上げでの印画紙出力サービスも提供されている。
2010年9月4日には、3Dテレビに対応した高画質の16:9のフレームでも撮影でき、W1より液晶ディスプレイが大きく16:9のフレームとなったFinePix REAL 3D W3が発売されたが生産中止となり後継機の発表もない。

LUMIX DMC-3D1

撮像素子:1/2.3インチMOS
特徴:パナソニック2012年2月16日に発売したステレオデジタルカメラ。35mmフィルムカメラ換算で25-100mm相当の4倍ズームレンズと撮像素子を2組搭載。生産終了

ステレオアダプター

PENTAX ステレオアダプター

right

right

生産国:フィリピン
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
特徴:現在も生産・販売されているステレオアダプター。一眼レフカメラに取り付け、視差のある一対の縦長ハーフサイズのフレームを撮影する。フルサイズのサービスサイズにプリントすれば、平行法で裸眼立体視できる。プリント用のビュワーを使えば、容易に立体視できる。以前はスライド用のビュワーも販売されていた。

Loreo Stereo Lens-In-A-Cap

生産国:不明
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
特徴:PENTAX ステレオアダプター同様、一眼レフカメラに取り付け、視差のある一対の縦長ハーフサイズのフレームを撮影する。アメリカで現行品として購入可能。

フジカラー販売 立体写真アダプター

生産国:日本
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
特徴:富士フイルム製使いきりカメラに取り付け、視差のある一対の縦長ハーフサイズのフレームを撮影する。ビューアー付き。1993年発売、現在販売終了。

Tri-Delta

生産国:不明
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ(横長)
特徴:ミラー及びプリズムを使ってイメージを90度回転させ、横長のフレームの立体写真が撮れる。リバーサルフィルムで撮影し、フルフレームサイズのマウントにマウントしたものを、プリズムを使った専用のビュワーで見る。カメラのレンズに周辺部の歪みがあったとしても、左右のイメージの下部に同じように歪みが生じるので、立体視には問題は起こらない。ユニークな製品であったが、市場で見ることは少ない。

パナソニック LUMIX G 12.5mm/F12

特徴:マイクロフォーサーズ規格の交換レンズ。パナソニック・オリンパスの対応ボディに装着することで立体写真を撮影可能。

ステレオカメラ』に 関連する人気アイテム

FUJIFILM 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W3 F FX-3D W3S

臨場感!!

(参考になった人 3/4 人)

ここのところiPhoneアプリでパノラマや全天撮影で 全景を撮ることで臨場感を楽しんでたけど 3Dは一味も二味も違う。リアリティの実感が違いますね(^^) 23インチの3D対応モニターにつなげば 情景を簡単に再現できるといのが凄い。取り扱いもカンタン 撮影も閲覧もすぐに覚えた。撮影に関しては自動モードで大体OK あとは10くらいあるプリセットのシーン別を2つ選んでおける。 マニュアルモードで細かく調整することも可能。しいて気になる所と言えば、、、セーブに時間がかかるかな? シャッター押してから1.5秒くらいはかかる。

(最高画質の場合) 最小画質(1920x1080)だと連写モードができるので 基本そっちで撮ってる。付属品は少ない。 miniHDMI−HDMIケーブルが必要だし 持ち運ぶのにポーチも必要。 メモリーカードも当然必要。昔のデジカメは本体に付属してたよね。素の状態だと、最高画質で3枚しか撮れないです。 16GBのSDカードで1400枚、4GBで350枚とかでした。ですが最低画質が フルHDの1920x1080画質。 これで十分なので4000枚以上が16GBで撮影可能。そしてモニター接続だとズームが出来ないから 4Kテレビの3Dじゃない限りは画質は上げる意味無いんじゃないかな? カメラ本体で拡大表示させる時しか意味ない フルHDモニターだと1920ピクセルでピッタリなので。 (Windows PCだとソフトが使えるらしいけど 使ったことないです)16GBのSDカードでも1000円弱なので 利用コスパは良好。コンピュータに繋いで画像ファイルの移動もできます。 (Macで出来ました)そしてバッテリーは予備があった方がいいです。 バッテリーの残量表示は多分1/3くらいまで満タン表示じゃないかな? 減り始めてからが早い気がします。赤くなったら速攻wサードパーティ社製のもので2個セットで数百円。 1日撮影目的で出かけたら予備バッテリー2つくらい必要になります。 買っておいて正解でした。ちなみに撮影した3D写真データを ネットで3D加工して写真にするサービスがあります。 試しに注文したところ、ホログラム的な写真で 奥行きが感じられる写真が出来ました。 1枚450円くらいでした。 大きな集合写真サイズだと2000円とか総評で、買い。普通のカメラの描画範囲なので、 パノラマに比べてかなり狭く感じるけど、 この臨場感は何物にも代えがたいです。定価の4、5万でも欲しいと思います。ニンテンドー3DSと同じで 本体上で3Dで見られるけど 3D対応TVやモニターを持ってるのであればオススメ。

言葉を失うほどすばらしい。液晶画面に指が入っていきそうなほど立体感がある。動画の3Dと違って、静止画の3Dは凝視できるので立体感が大きく、2Dしか撮れない一眼レフの利用頻度が減りました。PENTAXの鏡を使ったステレオアダプターを昔から使っていて、スライドでステレオ写真を楽しんでいました。 でも、明らかにこの製品が勝っています。 購入して驚いたのが、液晶画面の大きさと鮮明さ、人にほら!って見せられるレベルです。 また、視差調整ができること、これが特筆に値します。 左右の視差が大きくなりすぎると(ズームを使ったり、近距離など)当然立体視が難しくなりますが、このカメラだと撮影後の重なり具合を大幅に調整できます。

だから、ちょっと視差が大きすぎてもきっちり立体視できます。 さらに、レンチキュラーレンズと液晶表示のピッチも精密にあわされていますし、デジタル故にできることですが、微妙な上下のずれや、回転方向のずれも再生時に一瞬で補正して、立体の妨げにならないようにしてくれます。 miniHDMIもついていて、動画も3Dで撮影できて大型3DTVで再生できます。 非常によくできたステレオカメラだと思います。また、カメラとして評価ですが、レンズのコートもいいので、ハレーションやゴーストも出にくく、2Dで撮影しても芯のあるしっかりした写真が撮れます。 左右の視軸や光軸、ズーム倍率なども綺麗に一致しています。組み立て、調整の精度が高いのがわかります。ただ、CCDゆえ、スミアが出やすいので(モニターでわかりますが)明るい光源があるところが少し苦手です。あと、電池の消費が激しいので、予備バッテリーが必要です。不思議なことに、電池は裏表逆でも入るので、電源が入らないときはチェックしてみてください。

面白い

(参考になった人 15/16 人)

先ず、他の方のレビューにもあるように、こちらの商品は2010年発売の同機種から赤外線機能「Irsimple/Irss」を省いた廉価モデルです。と言っても赤外線通信なんて今更必要無いという方も多いでしょうし、私の場合も問題無しだったので、価格差からこちらを選びました。背面の液晶モニターが3.5型ワイド115万ドットで、メガネなしで3D映像が楽しめるのがポイント高いです。 二つのレンズにそれぞれ1000万画素CCDセンサー搭載です。昨今CMOSに押されがちな?CCDの精彩な描画が楽しめるかと思ったのですが、そこはやはり3Dカメラという特殊性か、2Dモードでも「まあ、こんなもんだよね」という感想でした。

あくまで面白い画像を撮影出来る不思議なカメラと捉えて欲しいです。 光学3倍ズームですが、3Dモードで撮ると画角が狭くなるので、ズームの出番があまりありません。 むしろもっと広角に寄せたい感じ。 バッテリーの持ちは、このサイズとしては健闘していると思いました。 よほど撮影量が多い状況でないかぎり、特に予備の必要は感じませんでした。 自宅のテレビが3D対応なのを忘れてしまった方でしたら、ブルーレイの映画を見るのも良いですが、このカメラで自分で撮影した3D画像や映像を出力出来る楽しさを体験してみるのをお勧めします。 最近はミラーレス機が素晴らしいので、旅先でそれらのサブ機としてこいつで撮影すれば、趣の違う記録として楽しめると思います。 とにかく、立体視にロマンを感じられる少年魂を持った各氏には薦められる商品です。 下火になりつつある3Dの世界において、この価格でこの商品を現行発売し続けてくれるFUJIFILMさんへの感謝も込めて星5つ。

TAKARA TOMY 3D ショットカム ホワイト 3D トイデジ W

故障品が送られてきました

(参考になった人 16/20 人)

【製品についての評価は、★4つ】 最初に故障品が送られてきたときのショップの対応が最悪でしたので、 商品の使用ができずに、★をひとつに評価していました。 新たに別の出品者から正常動作品を購入しましたので、 改めて評価をし直して、★4つとしました。 ★4つの理由は、オモチャの3Dデジカメとして考えると、 それなりに面白い商品であること、 画素数は少ないが、画面(プリント)サイズを考えると、 写りは悪くないと思えることです。 この製品を買う前の措置として、 600万画素のデジカメを2台並べて、3D撮影を試していました。

しかし、プリントサイズに無理があったのか、 それほどにはシャープさが感じられませんでした。 この600万画素デジカメと比較しても、 この製品は、バランス的に悪い写りではありません。 ただし、露出補正も、ピント調節も、シャッター速度調節も、 何もできませんので、気楽と言えば気楽ですが、 暗い場所と明るい壁などが混在するシーンでは、 明るい場所が完全に白く飛んでしまいます。 しかし、普通の風景でしたら、それなりに過不足無く描写されます。 サンプル写真には、室内で撮影された写真が貼付されていますが、 フラッシュがないので、かなり明るい室内でなければ、 見られるような明るさには写りません。 シャッターを切ったときの動作は、鈍いです。 左右のレンズから、順次シャッターが切られるようで、 撮影完了のシグナルが聞こえるまでに、1〜2秒ほど、 余裕が必要なようです。【SDカードへの記録完了までが遅いだけでした。2013.04.09追記】 かなり遅れて2度目のシグナルが聞こえますが、 これをシャッター音と思っていました。 SDカードへの書き込み完了を知らせるシグナルのようで、 シャッターは左右のレンズで大きく差違があるわけではないようです。 動いている動物を撮影してみても、左右の画像に違いがないことに気づきました。 つまり、2度目の信号音が聞こえたら、 『次のシャッターが切れますよ』という合図音だったのです。 結果として、SDカードへのデータ書き込み速度が遅いだけで、 動体撮影ということでは、大きな問題はないらしいということが判りました。 連写には不向きですが、非常に撮影対象が広がり、 扱いやすいカメラだということを、改めて認識しました。 完了する前にカメラを動かしてしまうと、 ぶれた写真になるのか、平行バランスが崩れるのか試していませんが、 立体的な描写にならないことは、十分に予想されます。 撮影完了のサインが聞こえるまで、カメラを動かさない方が無難かと思われます。 (上記の【追記】によって、内容を訂正しています。) なお、専用ビューアーに写真を入れて見ると、 光が均一に届かないために、立体感が損なわれるだけでなく、 目が疲れたり、めまいが生じることがあります。 専用ビューアーの自己改造が必要かと思います。 『タカラトミー 3D ショットカム専用ビューアー』を購入して、 一部を切り抜いて加工したところが、照明が平均化して、 全体が見やすくなりました。 専用ビューアーの改造例は、『タカラトミー 3D ショットカム専用ビューアー』 のところに、写真をアップしましたので、 興味がある方は、お試しください。 難しい加工ではありません。【不良ショップに対する評価は、★ひとつ】 注文完了から製品が手元に届くまでは、非常に早くて満足できます。 でも、早速電池(新品のアルカリ)を入れて、2GBのSDカードを入れてみたところが、 電源ランプが点灯せず、シャッターはもちろん切れませんでした。 SDカードは、今まで他のデジカメで使っていて、 パソコンでフォーマットをしていますので、不良品ではありません。 作動不良の原因は、カメラ側にあると思われます。 製品を受け取った当日に、販売店に『交換依頼』のメールを送りました。 製品発送は早いのですが、不良品の交換依頼など、 メールへの対応は早くないようです。 プレゼントなどにも利用できて、面白そうな製品ですが、 販売者の『故障品の交換』に対する対応が遅いかも知れませんので、 プレゼントの予定日がある場合には、早めに注文をしたほうが良さそうです。 初期不良がある製品だとわかりましたので、 プレゼント先に直接送付することは、かなり危険だと思います。 まず、購入者自身が作動状態を確認して、正常品であることがわかったら、 それをプレゼント先に送るべきでしょう。 送料が余分にかかりますが、送られた相手が困るようでは、 プレゼントが逆効果になります。 メールの返信をいつ戴けるのかわかりませんが、 休日を挟みますので、4日ほど待ってみます。 結果については、その後に記述します。【経過報告】 不良品が届いたということを、6日前(10月18日・木曜日)に、 販売業者(トキワカメラ)さんに連絡しました。 10月24日(水曜日)現在、全く何も連絡がありません。 Amazonさんからの連絡は届いているはずですが、 返信メールさえもありません。 多少の価格差ならば、 Amazonさんが直接取り扱っている商品を購入すべきだと、 身をもって体験しました。 休日を挟んだと言っても、信頼性が疑われるケースであり、残念です。【経過報告2】 販売者からは、結局何も応答が無く、Amazonさんを通して、 返金処置を執ってもらうことになりました。 業者の評価の過去履歴をたどると、最低の評価のほとんどが、 メールへの返信が全くない、電話での問い合わせにも不誠実、 という2点に集約されるようです。 Amazonさんからの【返金処置】に対する業者の反応だけは早くて、 「それでは、返金に応じます」という内容でした。 相互の話し合いもなされていない状態で『それでは・・・』とは何事? 私は今でも、【交換】を望んでいますが、販売体制が不誠実です。 問題のない商品が送られてくればいいのですが、 一旦不具合があった場合には、サポート体制は全く期待できない業者だということです。 信頼性の問題でもありますので、Amazonさんからの強い指導を期待したいところです。【経過報告3】 Amazonさんから、返金処理が済んだとの連絡をいただきました。 しかし、クレジット決済なので、どのような返金処理がなされたのか、 銀行の通帳には記載されないので、 1ヶ月ほど様子を見なければ、確実な状態が確認できません。 金額が安価だということであっても、『信頼性』の問題です。 製品は継続的に販売されているのですから、 『交換要請』を無視するのでなく、交換処理をすることで、 「使ってみたい」という購入者に対する要求に、 責任を持って応えることになります。 なお、この製品自体には興味がありますので、 近いうちに入手して、使用した上でのレビューを投稿したいと思います。 トキワカメラからは、絶対に購入しませんが。

気軽な3D、楽しいです

(参考になった人 8/9 人)

カメラの性能、特に画素数にこだわる方には向いていません。 この商品は、気軽に3Dを楽しめるオモチャです。モニターや調整ボタンは無いですし、保存は別途SDカードが必要です。 自宅で楽しむには、カードリーダーや編集するパソコンのほか、 プリンタや画像編集ソフトも必要です。 自宅で写真をプリントする環境がある方へオススメします。撮影方法は簡単、撮影対象へ向けてシャッターを押すだけです。 撮ったら、SDカードを取り出して、パソコンにデータを取り込みます。 プリンタ画像編集ソフトで開いて、プリンタにより用紙サイズや設定をしていきます。

商品についているサンプルを参考にすれば簡単です。 調整は大まかで、はがきサイズでフチあり、なしの程度の調整でOKです。それを印刷して線に沿って切り、 付属のレンズつきのスリーブ(簡易望遠鏡っぽい形)に入れます。これで3D写真が見られます。 見るときは、顔を近づける遠ざけるというアナログピント調整ですので、 印刷サイズが多少幅が大まかでもOKなワケです。ペットの全身写真を撮ったら面白かったです。 うちの場合はリクガメですが、小さいカメが入ってる様に見えました。 ただし、画像は粗いです。任天堂3DSも持っていますが、比較の感想として、 写真として立体感が引き立つのは3DSですが、3DSには出力機能がありませんので、 手にとって気軽に楽しむとか、人にあげるなどの用途には この3Dショットカムをオススメします。 ただしサプライは高価です。

簡易ステレオカメラ

(参考になった人 15/16 人)

本体前面に左右のレンズ、背面に電源スイッチ、バッテリー(単4電池3本)入れの蓋、上面にシャッターボタン、下面にSDカードスロットがあります。中央上方にファインダーがありモニターはありません。全体がプラスチックのかたまりです。 レンズの間隔は62mmぐらいです。1シャッターで左右の画像が1ファイルに一緒に記録されます。店頭のL判プリント機で2画像が一緒のプリントを出力し紙製ビューワ(2個付属)をのぞき込んで見ることになります。PCのモニタに映しても平行法で見ることができます。 パンフォーカスで距離目盛り等はありませんので、シャッターを押すだけです。

被写体があまり近すぎては左右の像全体がうまく重ならないし、遠景は立体感が得にくいので1〜5mぐらいの距離のものを撮るようにします。 時計機能が内蔵されてないため撮影画像の日付が2011年1月1日に固定されています。SDカードのフォーマットや不要データの削除はカメラ本体ではできません。 30万画素で決して写りがいいわけではありませんが、50年ぐらい前に全盛期を迎えたステレオカメラと似た使用感で、とりあえずステレオ写真が撮れるので遊んでみるにはいいと思います。

大人の科学マガジン Vol.14

楽しいです

(参考になった人 12/12 人)

カメラで楽しむ前に十分本の中の立体写真で楽しめます カメラの説明も事細かにしてくれているのでうれしいです ただパノラマが近所のスピード写真屋さんでは出来なかったとゆうのが悲しいです 通常のパノラマは普通サイズのフィルムの上下がなくて出来ているらしく このおまけカメラでは普通サイズ2枚分でパノラマにしているからと聞きました でも立体写真でかなり楽しめます

ステレオ写真おもしろい!

(参考になった人 11/13 人)

今まで特にステレオ写真に興味はありませんでしたが、なんとなしに買ったこの本で、超ハマりました!ステレオ写真の3Dは見えた時にすごく楽しいです!ステレオ写真が撮れるカメラが無性に欲しくなりました!そして、そんな写真がとれるピンホールカメラがおまけ?で付いてくるのもナイスです!さっそくフィルムを入れてピンホールカメラにチャレンジしたいです。

あの頃が蘇る

(参考になった人 2/3 人)

子供の頃お世話になった学研の科学と学習。 ふろくがとても楽しみで、届く日が近づくと、ワクワクしたのを思い出す。 色水セットや懐中電灯など、本当に楽しかったなあ。。。 さて、今回の商品も学研らしい作りで満足だった。 半端でない数のステレオ写真がすでに本誌に収録されているため、カメラを組み立てる前から楽しむことができる。本体の組み立ても、当時を思い出すような感覚でサクサク進んで楽しかった。科学と学習で育った年代なら、組み立てで苦労するということは無いだろう。 後はフィルムを買って撮影するだけだ。今から楽しみで仕方が無い。それにしても、付録の箱に印刷されていた「かならず家に帰ってから箱をあけましょう」には笑った。よく分かっていらっしゃる。

ステレオカメラ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.