ステレオカメラのまとめ情報

ステレオカメラ』の解説

thumb

right

right

right

ステレオカメラ(すてれおかめら、stereo camera)とは、対象物を複数の異なる方向から同時に撮影することにより、その奥行き方向の情報も記録できるようにしたカメラのことである。

通常は、1台で両眼視差を再現し、立体的な空間把握のできる立体写真の撮影が可能になっているものをさす。

また、通常のカメラのレンズに装着し、ステレオカメラと同じ効果を持つ写真を撮れるようにするアダプターも存在する。

現在では、機種、製造数共に最盛期に比べてはるかに少ない。

その特性から交通事故労災事故の捜査などに威力を発揮する。

構造

基本的には、2台分以上のカメラのレンズ機構とシャッター機構を1台にしたものと考えて差し支えない。

1つの筐体に複数(通常は2つ)のレンズが一定の間隔に並んでいることで微妙に異なるアングル両眼視差が再現され、一回の撮影操作で複数のシャッター機構を同時に制御することにより、動きのある被写体であっても撮影を可能にする。

1台のカメラで複数枚撮影することから、フィルム送りにおいてコマが重複する問題が発生するため、次に掲げるようなフレーム規格が考案された。

代表的なフレームの仕様

ステレオカメラは、通常のカメラと違い、1台のカメラで複数枚同時に撮影することから、フィルム送り、操作性などを鑑みていくつかの大きさのフレーム規格が考案された。代表的なものとして次のようなものが挙げられる。

  • リアリスト・サイズ
フレームサイズが24mm×23mmのほぼ正方形のもの。ステレオ・ペアのフレームの間を2コマ分とし、2コマずつフィルムを送ることで無理なく無駄なくフィルムを使えるようになっている。
  • ヨーロピアン・サイズ
フレームサイズが24mm×30mmの横に長い長方形のもの。ステレオ・ペアのフレームの間が1コマ分なので、フィルム送りは、1コマ、3コマ、1コマ、3コマというように送る。
  • ハーフフレーム・サイズ
フレームサイズが18mm×24mmの縦に長い長方形のもの。通常のカメラにステレオ撮影用のアダプターを装着して撮影した場合は、通常このサイズである。通常のカメラのフレームサイズを2分割してステレオ・ペアを撮影するため、1本のフィルムで撮影できる枚数は通常の撮影時と変わらない。

立体写真として見るために必要な処理

印画紙現像した写真を裸眼立体視する方法もあるが、ビュワーと呼ばれる器具を使用することで立体視が容易になる。

ビュワーは製造上の理由から、平行法によるものがほとんどであり、次のようなものがある。

  • 印画紙に現像した写真を差し込む、または置いて、光を反射させて見るもの。
  • リバーサルフィルム撮影して現像した後、専用のマウントにはさむ等の加工を施したものを差し込み、光を透過させて見るもの。このタイプには、光源が内蔵されたものもある。

見やすさ及び迫力の点では、光を透過させて見るものの方が優れている。また、専用のマウントのうち、リアリスト・サイズ、ヨーロピアン・サイズについては、アメリカで安価に入手可能である。

また、見る方向によって絵が変わるレンチキュラー処理を用いた立体写真もある。

ステレオカメラ

Stereo Realist

生産国:アメリカ
フレームサイズ:リアリスト・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:最初にリアリスト・サイズのフレームを採用したステレオカメラ。跳ね上げ式のレンズカバーが外見上の特徴である。ファインダー及びシャッターボタンの位置が普通のカメラと違っている他、シャッタースピードの設定に「タイム(T)」があったり、製造時期によってシャッタースピードの設定範囲が違っていたりする。既に製造されていないが、中古市場に安価かつ多量に出回っている。
Fed stereo
生産国:ウクライナ(旧ソ連)
フレームサイズ:ヨーロピアン・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:ボタン電池を使った自動露出機能を持つステレオカメラ。距離設定は目測。

TDC Stereo Vivid

生産国:アメリカ
フレームサイズ:リアリスト・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:絞り、シャッタースピード、距離調節のダイヤルが全て上面に置かれ、表示の数字も大きく、見やすくかつ使いやすい構造になっている。製造当時は、明るさを測定する露出計が普及していなかったため、天候フィルム感度季節並びに対象物の明度(黒いか白いか)を合わせると、機械的に絞りとシャッタースピードの組み合わせが決まる機構を持っている。絞りにあわせて被写界深度が表示される機構も持っており、優れた設計と使いやすさを持つ逸品である。

SPUTNIK

生産国:旧ソ連
フレームサイズ:60×60mm
フィルム:120ロールフィルム
特徴:ファインダーは二眼レフカメラのファインダーと同じ構造になっている。そのため、撮影用の一対のレンズとファインダー用のレンズと計3つのレンズが正面にある。

Loreo Stereo Camera

生産国:不明
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:視差のある一対の縦長ハーフサイズのフレームを撮影するコンパクトカメラ。2D、3D撮影を切り替えられる機種もある。現行品として購入可能。

Horseman 3D

生産国:不明
フレームサイズ:ヨーロッパ・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:2006年8月21日に発売されたステレオカメラ。2つのレンズの間隔(基線長)を従来のステレオカメラより短くし、これまではレンズごとに独立して付いていたシャッター機構を、1つのシャッター機構で2枚同時に撮影できるようにしてシャッター動作に時間差が生じることを解消するとともに、超高速度シャッタースピードにも対応できるようにした。基線長を短くすることで先ほどの機能を達成したことから、24mm×32mmのフレームを2枚並べる形で撮影する。価格は60万円近くもする。

Stereo Leader

生産国:日本
フレームサイズ:リアリスト・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:レバーにより、ステレオ写真と通常の写真に切り替えられる。このためか、フィルム送りは1コマずつで、ステレオ写真を撮るときはフィルム送りに注意が必要。二重露光防止機構はなく、シャッター・チャージも手動。多くのリアリスト・サイズカメラのレンズの焦点距離は35mmであるのに対し、本カメラは45mmである。絞り、距離、シャッタースピードの目盛は上から見やすい設計になっている。

Stereo Graphic

生産国:アメリカ
フレームサイズ:リアリスト・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:2つのレンズのうち、ひとつはピントを遠景にあわせた固定焦点、もうひとつはピントを近景に合わせた固定焦点。シャッタースピードは1/50秒とバルブのみ。絞りは、4、5.8、8、11、16のみ。絞りを選ぶだけで撮影する、最低限の機能に絞った軽量のステレオカメラである。

NIMSLO

生産国:不明
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:縦長のハーフサイズのフレームを同時に4枚撮影する、レンチキュラープリント用のカメラである。専門の会社に依頼し、縦長のレンチキュラープリントにしてもらう。レンチキュラープリントなので、ビュワーが不要であるが、プリント代は通常プリントに比べてかなり高い。製品名の由来は開発者NimsとLoの名前だといわれる。

NISHIKA

生産国:香港
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
フィルム:35mmフィルム
特徴:縦長のハーフサイズのフレームを同時に4枚撮影する、レンチキュラープリント用のカメラ。外観は一眼レフのAFカメラのようだが、固定焦点であり、露出は、お天気マークで設定する。専門の会社に依頼し、縦長のレンチキュラープリントにしてもらう。

View-Master Personal

生産国:アメリカ
フレームサイズ:特殊
フィルム:35mmフィルム
特徴:本品は、立体写真が円形のマウントに搭載されたView-Masterを個人で作るために1950年代に発売されたカメラである(現在生産されていない)。View-Masterのフレームは小さいため、35ミリフィルムに上段と下段と往復で撮影する機構を持っている。設計がTDC Stereo Vividと同じゴードン・スミスなので、TDC Stereo Vivid同様、絞り、シャッタースピードのダイヤルが上面にあり、また簡単に露出を決められる機構を持っていて見やすく、使いやすい。現像済みのフィルムから専用のカッターで各フレームを切り出し、専用のマウントにマウントするが、カットしたフィルムを差し込む方式の専用マウントは現在は生産されておらず、専用マウントのデッドストックが高額で出回っている。2006年に貼り合わせ式のマウントが発売された。

FinePix REAL 3D W1

生産国:日本
撮像素子:1/2.3インチCCD
特徴:富士フイルム2009年8月8日に発売したステレオデジタルカメラ。レンズと撮像素子が2組あり、基本的にはフィルム時代のステレオカメラをデジタル化したものと考えてよい。レンズは35mmフィルムカメラ換算で39~149mm相当の3倍ズームで、動画でのステレオ撮影も可能。内蔵された液晶ディスプレイで裸眼での立体表示が可能であるほか、同様の外部液晶ディスプレイが併売される。レンチキュラー仕上げでの印画紙出力サービスも提供されている。
2010年9月4日には、3Dテレビに対応した高画質の16:9のフレームでも撮影でき、W1より液晶ディスプレイが大きく16:9のフレームとなったFinePix REAL 3D W3が発売された。

LUMIX DMC-3D1

撮像素子:1/2.3インチMOS
特徴:パナソニック2012年2月16日に発売したステレオデジタルカメラ。35mmフィルムカメラ換算で25-100mm相当の4倍ズームレンズと撮像素子を2組搭載。

ステレオアダプター

PENTAX ステレオアダプター

right

right

生産国:フィリピン
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
特徴:現在も生産・販売されているステレオアダプター。一眼レフカメラに取り付け、視差のある一対の縦長ハーフサイズのフレームを撮影する。フルサイズのサービスサイズにプリントすれば、平行法で裸眼立体視できる。プリント用のビュワーを使えば、容易に立体視できる。以前はスライド用のビューアーも販売されていた。

Loreo Stereo Lens-In-A-Cap

生産国:不明
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ
特徴:PENTAX ステレオアダプター同様、一眼レフカメラに取り付け、視差のある一対の縦長ハーフサイズのフレームを撮影する。アメリカで現行品として購入可能。

Tri-Delta

生産国:不明
フレームサイズ:ハーフフレーム・サイズ(横長)
特徴:ミラー及びプリズムを使ってイメージを90度回転させ、横長のフレームの立体写真が撮れる。リバーサルフィルムで撮影し、フルフレームサイズのマウントにマウントしたものを、プリズムを使った専用のビュワーで見る。カメラのレンズに周辺部の歪みがあったとしても、左右のイメージの下部に同じように歪みが生じるので、立体視には問題は起こらない。ユニークな製品であったが、市場で見ることは少ない。

パナソニック LUMIX G 12.5mm/F12

特徴:マイクロフォーサーズ規格の交換レンズ。パナソニック・オリンパスの対応ボディに装着することで立体写真を撮影可能。

ステレオカメラ』に 関連する人気アイテム

Leap Motion 小型モーションコントローラー 3Dモーション キャプチャー システム

デュアルモニタで使えました。

(参考になった人 10/10 人)

完成度の高いよい商品だと思います、ので星は五つ。 いくつか気になった点を以下に。 マウスカーソル〜デスクトップ上のポインティングデバイス〜としては使用できないようです。他のサイトで「通常のモニターがタッチパネルのように使える」と言ったニュアンスの表記を目にしましたが、Windows7Professional環境では特にその様な使い方は出来ませんでした。現時点ではあくまで対応アプリケーション専用のコントローラーである模様です(マルチモニタ環境でポインタ操作が可能になるアプリケーションなどが出てくると良いのですが)。

※2014年2月15日追記:「Leap Motion」で検索すると新たな販売店の出品がAMAZON内で見つかりました。そちらでレビューをお書きになっている方が「Windows8と組み合わせるとマウスの代わりになる」と記述されています(私的にはこれでデュアルモニタ環境で使えると有難いのですが…Windows8と通常のタッチパネルの組み合わせではシングルモニタでの使用が前提のようですので)。 Core i7-880のWindowsエクスペリエンスインデックススコアは7.5と、それなりですが製品使用中マルチスレッド総計15〜20%の使用率となっています。購入を検討中の方は、むしろビデオカードの描画能力に注意されたほうが良いかもしれません。Quadro FX 380の描画能力では初回起動時のチュートリアル画面(全画面表示)ですら満足に処理できません、フレーム落ちの連続に伴いモーショントラックの反応もひどく緩慢でした。が、多くの光点が演算処理によって飛散するような物理シミュレート系のアプリケーションを除けば、挙動はおおむね良好な印象です。 両手の動作を指先までトラックするデバイスとしての特徴、旨味を、実務実用レベルで引き出しているアプリケーションは残念ながらまだ少ない模様です(CGソフトのMAYAが対応しているとの記述を見かけた記憶もありますが)。 「所詮、ゲーム用の一風変わった入力装置にすぎなかった」と言う評価で終わってしまうには惜しい、とても魅力的なデバイスであることに間違いはないと感じます。是非、有用な対応アプリケーションの開発、参加が活発になる今後を期待します。 ・・・。 まじめに書きすぎたきらいもありますので「おち」をいくつか。 ユーザー登録画面で生年月日の入力項目、「Age」ってあるんです。が、年齢を尋ねられていると勘違いして認証エラーを繰り返し(項目中の何が誤りなのか分からず試行錯誤を繰り返す)、たびにメールはしっかり送られてきて同じ内容が6通って・・・西暦4桁なら4桁入力必須のフォームにしてほしかったです、ハイ。認証エラーでもメール発送するのやめてほしいです、エエ。 アプリケーションの中にピンボールみたいなのがありました、宇宙でおこなう3Dピンボール。正直 Leap Motionの暗い行く末を暗示するかのようで不安いっぱいです。両手でトラッキングする必要、ある? 対応アプリのボリュームもスマホアプリのゲーム程度って感じがします。悲しい現状です。 うわあああああ。Google Earth専用デバイスを「また」買っちまったああああ! SpaceNavigatorはね、「文鎮」としての活路があるじゃん、とか言って自分を欺いたけど、さすがに Leap Motionを「箸置き」にはしたくない、「いや、コレ、裏に滑り止めがついててなかなかいいんじゃネ?」とか納得しそうな自分がたまらなくいやだああああ!(笑)

アイデア次第の高性能・低価格センサー

(参考になった人 34/36 人)

本家で予約してあったので発売日前に届きました。Fedexで発送されて国内は宅配業者が配達しますので安心です。 関税の請求もありませんでした。 オススメです。 綺麗な化粧箱に梱包されているのは、本体とApple社風デザイン端子部の細いUSB3.0ケーブルが長短二本だけで、取説もソフトも入っていません。(あと、取り扱い注意のビラが一枚) 箱の裏にはシリアルNo.のシールが貼られていました。さしあたって必要のない数字ですが、捨てる前に念のため控えておくのがいいかもしれません。 (ちなみに、本家WEBサイトにあるアプリケーションや開発環境(SDK)は、少し古いIEだとダウンロードできませんでした…) 指先位置センサーとしては出色の出来で、精度・安定度は申し分ありません。

アイデアと作りこみ次第で素晴らしいものを実現できそうな予感がします。こんな低価格でこんなにも高精度なセンサー+開発環境が入手できるというだけでもワクワクさせられます。 しかし、既存のポインティングデバイスの代替や新たなジェスチャーデバイスとして常用したいというニーズを持つ人ならば、今後のソフトの完成度向上を待つ方がいいと感じます。 センシングの基本原理はステレオカメラによる画像処理なので、不透明なものを上に乗せると動作しませんし、動作中は結構なCPUパワー(i7で15%程度)を消費しますが、検出範囲に物体がない場合は速やかに休止〜物体を検出したら速やかに動作開始していました。 なので、デスクから離れて戻ってきた人間を検出してスクリーンセーバーからデスクトップを復帰させる、といった動作にも利用できました。 あと、検出角度が予想外に広いので、感覚的にはほぼ真横で随分離れたの窓からの風景(の赤外線)がセンサーには眩しいらしく、「明るすぎるからモード変更する」と文句を言ってきたりします。 使用環境には配慮が必要そうです。

操作に慣れるのに少し時間がかかる

(参考になった人 29/31 人)

本家から直接購入しました。すでにコメントもあるように、本家から直接購入した方が安く済みますし、配送も早いです。 ただし、今注文してもいつ頃届くのかは在庫次第ですが。 昨日から使っていますが、ジェスチャーの読み取り精度は高く、手を開いている、指を何本立てている、ぎゅっと握るなどの感知はさすがです。 ただし精度がよすぎるため、対応アプリであるGoogle Earthの最新版で操作したところ、ちょっとした手の動きに敏感に反応してしまうため、地球がクルクル回ったり、拡大縮小の制御が難しく、なかなか目的の場所を見ることができませんでした。

有料の写真アプリを操作したところ、手を左右に振ることで写真を順番に閲覧したり、特定の写真を拡大したりすることができ、なかなか楽しいです。 しかし、手でずっと操作するのも、意外に疲れるもので、長時間の操作には向かないようにも感じます。 対応アプリしか使えないので、Google Earthのように、多くのアプリが対応してくれるのを切に願うばかりです。

Nikon ステレオマイクロフォン ME1

一転、大満足です!

(参考になった人 5/7 人)

Canon Eos Kiss X5 で使用するための購入です。 大きさが小さめであったこと、マイクとホルダーが一体構造であることなどから運用性を考慮してこの製品に決めました。 手元に届いてからテレビを対象に録画/音声を行いPCで確認してみた結果、驚くほど音声が記録されておらず、本当に落胆しました。実は、この製品を購入する直前にスマホ用のミニマイクを同じくKiss X5用として4000円弱で購入しておりまして・・・。 録音レベルに満足できずに、改めてこの製品を購入したのです。 このミニマイクでテレビ録音した時と同じような録音レベルだったため、その落胆振りは半端ではありませんでした。

しかし、さすがに更に別のマイクを・・・という訳にはいかず、諦めて目的であった地元の夏祭りのビデオ撮りに臨んだのです。その結果は、テレビの時とは大違い!でした。 笛や太鼓は勿論のこと、他の音が無い時には4〜5m先の小さめの会話がハッキリと録音されていたのです。 祭りを撮る前はBGMを入れて迫力を補うしかないな・・・と考えていたのですが、一転BGMは全く必要なくなったのです。専門的な用語は分からないのですが、無音の状態の時に「何か雑音の様なものが入る」ということもありませんでした。 私はまとまったビデオ撮影をするのは今回の夏祭りが初めてだったのですが、このマイクのお蔭でビデオ撮りが楽しくなってしまいました。 Nikonさんに感謝いたします。話は逸れますが、本当はCanonさんにもこの様な手頃な製品を出して欲しいですね。 やっぱり、カメラ本体がCanonなのですからマイクもCanonで統一したいです。 イオスムービーを謳うのであれば、関連する機器をカバーして欲しいです。

P7000でも使えます。

(参考になった人 25/27 人)

このようなステレオマイクロフォンがニコンから出てくるのを待っていました。P7000に外部マイク入力端子が付いている事は以前から注目していました。動画を撮影できるコンデジとして注目の仕様だと考えていましたので、これでバッチリです。ノイズ対策としては以前から外部マイクがあればと思っていましたが、これでほぼ解決です。カメラとのトータルバランスも純正品ということで良好ですし、何といっても厚手のウインドスクリーンが付属していますので、内蔵マイクの場合よりもウインドノイズをかなり軽減できます。特徴としてローカットフィルターが付いており、気になるエアコンの送風機の音や風切り音をカットする切り替えスイッチがあること。

電源はプラグイン方式のため乾電池などが不要であること。台座の底面に三脚穴があるので三脚に固定する事も可能といったものです。マイクロフォンとしての仕様はごく普通のものですが下記に簡単に記しておきますのでご参考まで。型式 バックエレクトレット・コンデンサー型 2chステレオマイクロフォン指向特性 単一指向性周波数特性 70Hz~16000Hz感度 -42db (0db=1V/Pa,1KHz)S/N比 60db以上電源 プラグインパワー(1~10V)本体重量 93g(ウインドスクリーンを含む)

D5100の動画には必須

(参考になった人 9/13 人)

もともとは、高価なデジイチ購入を「子供の動画にも使うから」と妻に納得させるために購入しました。 値段を考えれば当たり前ですが、本格的なステレオマイクで、感度、指向性、帯域とも自然で使いやすいです。アクセサリーシューに自然に乗るのも良いところです。 一点、今後の改良を望むとすれば、マイク用ケーブル別出しは止めて、アクセサリーシューでダイレクト接続、ということも考えて欲しいです。ケーブルがストラップと干渉することがありますので。 マイクそのものとしては、D5100には「これしか無い」という完成度で、満足しています。

Acase iPad ケース Super Slim Fit スマート カバー for iPad4 Retina ディスプレイモデル 第4世代 / iPad3 new iPad 第3世代 / iPad2 第2世代 オレンジ

良い品です。

(参考になった人 2/2 人)

薄さと、自動off機能を備えた、良品です。外部アダプタとの接合部などの切り口位置は、少しだけずれていますが、使用上、問題ありません。前面カバーが、最初は少々浮きますが、時の経過で馴染むだろうと思います。 画面脇のカバーが台になって前面カバーとiPad2の画面とが直接接触しないため、 万が一、硬いゴミが画面上に付着した状態で画面を閉じても、表面にキズが付くことはないでしょう。 (アップル純正のものは、画面に直接接触するため、上記の点が私は心配で、手を出しませんでした) 若干窮屈なサイズに作成されている点は、iPad2の薄さというメリットを、なるべく損なわないように設計されたものと感じています。

アップル純正のものでは、背面や側面のカバーがないため、手に持つと滑りやすい欠点がありますが、それも解消されます。 前面カバーを画面の後ろに回して、平たく持つことも、もちろんできます。オールカバータイプで、カバーを閉じたときの自動off機能を持っているのは、現状これだけではないでしょうか。わたしはこれと、アップル純正のキーボード、およびorigamiキーボードカバーを併用しています。 現状では、これが最良の組み合わせではないかと思います。

初代の純正カバーとよく似た感じ

(参考になった人 4/6 人)

初代iPadの純正カバーとよく似た感じです。重さは約170グラム。ただ初代のものより若干薄手で、保護性は一割から二割減。風呂フタと同じく閉じるとマグネットでスリープに入ります(開くと甦る)スタンドとしては初代純正より安定性にやや欠ける。まだ新しいので、表紙を折り返して巻き込むのが固いせいかもしれません。ドックコネクタの切れ込みが本体とほんのわずか微妙にズレているが、差し込みには問題なし。もう少し安ければ、軽いしカラフルだし、自動スリープもあるから、なかなかよい商品だと思います。

細部は手抜き

(参考になった人 2/3 人)

見た目が純正Smart Caseに似ていたことと、セール中だったので買ってみましたが 蓋は閉じても浮くし、コネクタ部分、ボタン部分の切り欠きはエッジが立っていて触れると痛いくらい。堅さは使っているうちに解消されそうな感じもしますが、使いづらいとの印象です。 お風呂の蓋こと、Smart Coverのみから乗換をしようと思っていましたが、Smart Caseを買うことにしました。

FUJIFILM 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W3 光学3倍 F FX-3D W3

画面から飛び出す写真の撮り方。

(参考になった人 95/104 人)

3D W3で画面から飛び出す写真撮れますよ。使い込んでいくうちにやっとコツが解りました。 中央の「照準」を、被写体の凹んだ部分に合わせて(無い時は背景に合わせて)写真を撮ると、W3が凹んだ部分を基準に 視差を調整するので、それよりも手前に凸している部分は画面よりも飛び出して見えます。 「飛び出す写真」にできるのか、「奥行きしかない写真」になってしまうのかは、視差をどう調整するかが左右するみたいです。例えば、モデルにお願いして、カメラに向かってパンチを打ち込むようなポーズを取ってもらったうえで、照準はモデルの胴体に合わせると、パンチはW3の画面より飛び出して見えます。

撮影時に「迫力のある視差」をうまく付けられずに、「飛び出す写真」にならず「奥行きしかない写真」になってしまったときは、再生画面で視差の調整を+方向にいじると、かなりの修正が可能でした。あと、被写体が近すぎ、視差が強すぎる左右にぶれた「破綻」写真になってしまった時は再生画面で視差を−方向に弱めると、ちゃんとした3D画面に修正できることが多いです。マクロ写真も、取り説にある面倒くさいやり方より、わざと「破綻」状態でシャッターを切ってしまって、その場で再生モードに切り替え手動で視差を弱めたほうがマクロ写真撮影の手順としては楽だと思います。W3でいろいろ撮って思ったのですが、2Dの時とは照準を合わせるべきポイントが違うみたいですね。というか、3D写真は2Dの時とはフォーカスの概念が違いますね。 2Dの時にあった「背景をぼかす」という撮影時の概念が無い。撮影時にフォーカスをどうするか決めなければいけない2D写真とちがい、3D写真は写真を見る人が自分の目でフォーカスする。これは画期的なことだと思います。

よく出来ています。

(参考になった人 108/111 人)

誰にでも簡単かつ綺麗な3D写真が撮影できます。 画像を再生しても自然な立体画像で変に目が疲れる様なこともなく完成度の高いカメラです。 3Dプリントの値段は高いのですが、2D写真であれば(3Dで撮った写真であっても)家庭用のプリンターで普通に印刷できます。 少しでも3Dに興味のある方にはお勧めできる商品だとおもいます。 前機種W1のオーナーには違いが気になるところですが、画素数の向上や3Dテレビにつないで観られる等はネット上からも把握できますが、使ってみて決定的に違うと感じるのは、本体背面の液晶画面でかなり改善されています。

W1の再生画面は焦点の合った部分は綺麗に立体に見えますがその他の部分は二重に見えて視差調整をしながら見るのが当たり前といった感がありましたが、新機種ではその面倒はまずありません。 二枚の写真が左右の目に一枚ずつほぼ完全に独立して飛び込んでくるので二重にはならず隅まで違和感のない3D画像が楽しめます。 (液晶画面上、視差が1cm程度あっても問題なく綺麗な立体にみえます。) サイズも幾分コンパクトになっており、ボディ表面はつや消しとヘアライン状で構成されており指紋も目立ちにくいです。 細かいことを上げると電池の容量が少ないこと、ACアダプターが付属されてないこと、付属のストラップにストッパーが付いていない事、ボディカラーがブラックしかチョイスできないことがやや不満といったところです。 私はすでにW1を所有していたので新機種を購入するのはかなり冒険でしたがW3は非常に満足のいく商品でした。

10数年前、現像不要のデジカメが発売され、趣味としての写真のハードルが低くなった。それからカメラを持ち歩きスナップを撮っているが、最近なんとなく盛り上がらない。一眼を購入するほどの熱意もなく、ケータイのカメラだけで良いかと思い出した今日この頃。このカメラがずいぶん安く売られていた。何度かカートに入れたが、でも結局写真撮らないしなあと購入ボタンを押すまでには至らない。そのうち在庫も無くなり、残念でありながら無駄遣いせずに済んでホッとしたことろ、再入荷しタイムセールで12,800円に、在庫はいったいどれだけあるんだとと心でツッコミながら、ついに購入ボタンを押してしまった。

まさに自分のためのタイムセール。わくわくしながら待つこと二日、無事届いて充電ももどかしく室内を撮影してみると、本当に飛び出してる。3Dテレビも映画もスルーした自分としては新鮮な体験。大きな公園に行き色々撮影し「おお」と一人感動。3Dが退潮ぎみの昨今、今後どうなるかという世の中の流れとは関係なく、また退潮したおかげでこのような素晴らしいハードを入手できたことに感謝しつつレビューを書いている。音楽はステレオがあたりまえなのに、写真はモノラル(2D)が標準の世の中で、奇特なカメラとして、そのときの景色をステレオ(3D)で記録して、楽しみたいです。

ステレオカメラ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.