ジョン万次郎のまとめ情報

ジョン万次郎』の解説

thumb

ジョン万次郎(ジョン まんじろう、旧字体ジョン萬次郎英語:、1827年1月27日文政10年1月1日〉 - 1898年明治31年〉11月12日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけてアメリカ合衆国日本で活動した日本人である。アメリカ人からはジョン・マン(英語:)という愛称でも呼ばれた。土佐国(現・高知県)出身。帰国後は本名として 中浜 万次郎(なかはま まんじろう、旧字体:中濱 萬次郎)を名乗った。なお、「ジョン万次郎」という呼称は、1938年(昭和13年)に第6回直木賞を受賞した『ジョン萬次郎漂流記』(井伏鱒二)で用いられたことで広まったもので、それ以前には使用されていない。

日米和親条約の締結に尽力し、その後、通訳教師などとして活躍した。

生い立ち、漂流と渡米

thumb

万次郎(旧字体:萬次郎)は、文政10年1月1日新暦換算:1827年1月27日)、土佐国幡多郡中ノ浜村(なかのはまむら)幕藩体制下の土佐高知藩知行中ノ浜村。現在の高知県土佐清水市中浜〈なかのはま〉)で半農半漁で暮らす貧しい漁師の家の次男として生まれた。父は悦介(えつすけ)、母は汐(しお)という、14歳になっていた万次郎は、足摺岬沖での漁に出航する漁船に炊係(炊事と雑事を行う係)として乗り込んだの役目から下ろされてしまったが、実際には日米和親条約の平和的締結に向け、陰ながら助言や進言をし尽力した。

万次郎は幕府が建造した西洋式帆船の君沢形を、西洋式の航海実習も兼ねて捕鯨に使用することを提案し、中浜万次郎が指揮する「君沢形一番」(同型艦は10隻)は安政6年3月(1859年4月)に品川沖を出港して小笠原諸島へと向かったが、暴風雨により船は損傷し、航海は中止となった。

万延元年(1860年)、日米修好通商条約の批准書を交換するための遣米使節団の1人として、咸臨丸に乗りアメリカに渡る。船長の勝海舟が船酔いがひどくまともな指揮を執れなかったため、万次郎は代わって船内の秩序保持に努めた(彼はアメリカ人との交友を日本人船員に訝しがられることを恐れ、付き合い方には注意していたとされる)。サンフランシスコに到着後、使節の通訳として活躍。帰国時に同行の福澤諭吉と共にウェブスターの英語辞書を購入し持ち帰る。

文久元年(1861年)には外国奉行・水野忠徳に同行し、小笠原諸島などの開拓調査を咸臨丸を含む四隻の艦隊で行った。中浜が小笠原付近に知識があり、当時小笠原に住んでいたアメリカ人やイギリス人との面識もあり、通訳もできるために選ばれた。

文久2年、幕府の軍艦操練所教授となり、帆船「一番丸」の船長に任命される。翌年には同船で小笠原諸島近海に向い捕鯨を行う。江戸に帰航後、再度捕鯨航海を企図するが政情不安のため幕府の許可が下りず、翻訳をしたり、細川潤次郎などの士民に英語の教示を行っている。

慶応2年(1866年)、土佐藩開成館設立にあたり、教授となって英語、航海術、測量術などを教える。また、藩命により後藤象二郎と長崎・上海へ赴き土佐帆船「夕顔丸」を購入。

慶応3年(1867年)には、薩摩藩の招きを受け鹿児島に赴き、航海術や英語を教授したが、同年12月、武力倒幕の機運が高まる中、江戸に戻った。

thumb

明治維新後の明治2年(1869年)、明治政府により開成学校(現・東京大学)の英語教授に任命される。

明治3年(1870年)、普仏戦争視察団として大山巌らと共に欧州へ派遣されるが、発病のため戦場には赴けずロンドンで待機した。帰国の途上、アメリカで恩人のホイットフィールドと再会し、身に着けていた日本刀を贈った(この刀は後にアメリカの図書館に寄贈され、第二次世界大戦の最中にあっても展示されていたが、後に何者かに盗まれ行方不明になり、現在はレプリカが展示されている)。更に帰国途上にハワイにも立寄、旧知の人々と再会を果たした。

帰国後に軽い脳溢血を起こし、数か月後には日常生活に不自由しないほどに回復するが、以後は静かに暮らす。時の政治家たちとも親交を深め、政治家になるよう誘われたが、教育者としての道を選んだ。

明治31年(1898年)、72歳で死去。現在は雑司ヶ谷霊園に葬られており、墓石は東京大空襲で傷ついている。

社会的影響

  • 嘉永5年(1852年)、土佐藩絵師河田小龍(川田維鶴)により漂流記『漂巽紀略(ひょうそんきりゃく)』がまとめられた。
  • 坂本龍馬も中浜万次郎から聞いた世界観に影響を受けたと言われ、激動の幕末における影の重要人物である。
  • アメリカの様々な文物を紹介し、西洋知識を貪欲に吸収しようとしていた幕末の志士や知識人達に多大な影響を与えた。

人物

  • おごることなく謙虚で、晩年は貧しい人には積極的に施しを行い、役人に咎められても続けていたという。
  • 甘いものや、うなぎ蒲焼が好物だったという逸話が残っている。
  • 外国の文物を説明する際、鉄道など言葉に置き換えて説明することが難しいものは絵を描いて図解を試みたものの、絵が不得意で幼児並の絵を描くことしか出来ずにずいぶん苦労したようである。

日本初

  • ABCの歌』を日本に初めて紹介した。
  • 日本で初めてネクタイをしたともいわれる。
  • 初めて鉄道蒸気船に乗った日本人でもある。
  • 日本人で初めて近代式捕鯨に携わった。
  • 日本人で初めてアメリカのゴールドラッシュといわれる金の採掘に携わった。
  • 『新アメリカ航海術』を和訳している。

アメリカとの交流

  • 日本にいる中浜万次郎の子孫は、アメリカのホイットフィールド船長の子孫と代々交流を続けている。
  • また出身地の土佐清水市はアメリカでの滞在先となったニューベッドフォードフェアヘーブンの両市と姉妹都市盟約を締結し、現在も街ぐるみでの交流が続けられている。

ジョン万次郎と英語

  • ジョン万次郎は、英語を覚えた際に耳で聞こえた発音をそのまま発音しており、現在の英語の発音辞書で教えているものとは大きく異なっている。中浜万次郎が後に記述した英語辞典の発音法の一例を挙げると、「こーる」=「cool」・「わら」=「water」・「さんれぃ」=「Sunday」・「にゅうよぅ」=「New York」など。実際に現在の英米人に中浜万次郎の発音通りに話すと、多少早口の英語に聞こえるが、正しい発音に近似しており十分意味が通じるという実験結果もあり、万次郎の記した英語辞書の発音法を参考に、日本人にも発音しやすい英語として教えている英会話教室もある。
  • 中浜万次郎は武士階級ではなく漁民であり、少年期に漢文などの基本的な学識を身に付ける機会を得ずに米国に渡ったため、口語の通訳としては有能だったが、文章化された英語を日本語(文語)に訳することが不得手だったとされる。そのため西洋の体系的知識を日本に移入することが求められた明治以降は能力を発揮する機会に恵まれなかった。
  • 晩年にアメリカ時代の友人が訪ねてきたが、すでに英語が話せなくなっていたといわれる。

著名な家族

  • 中濱東一郎 - 中浜万次郎の長男。医師。
  • 中濱絲子 - 中浜万次郎の孫。与謝野鉄幹の門下生。「白藤の君」と謳われ、晶子と同時期「明星」等で活躍した歌人。

ジョン万次郎生家

thumb

平成22年10月31日、茅葺木造平屋建ての生家が復元された。入場無料、年中無休、午前8時から午後5時まで。

  • 所在地:高知県土佐清水市中浜

著書

  • 『英米対話捷径』 - 日本最初の本格的英会話教本とされ、全213の日常会話対訳を掲載。1859年刊。

伝記・関連作品

子孫が3代に渡って同じ出版社から伝記を出しているが、4代目は別の出版社から出した。

  • 石井研堂『中浜万次郎』博文館「少年読本シリーズ」第23巻 1900年
  • 中濱東一郎編著『中濱萬次郎傳』冨山房、1936年
  • 井伏鱒二『さざなみ軍記・ジョン万次郎漂流記』新潮文庫、1986年9月、ISBN 978-4-10-103407-2 
  • 有明夏夫『誇るべき物語—小説・ジョン万次郎』小学館、1993年1月 ISBN 4-09-387093-4
  • 宮永孝『ジョン・マンと呼ばれた男—漂流民中浜万次郎の生涯』集英社、1994年1月 ISBN 4-08-781092-5
  • 津本陽『椿と花水木—万次郎の生涯』新潮社新潮文庫〉、1996年7月 (上) ISBN 4-10-128007-X / (下) ISBN 4-10-128008-8 注:アメリカ時代の妻として登場する“キャサリン”は筆者の創作による架空の女性。
  • 中浜明『中浜万次郎の生涯』冨山房、1970年12月 ISBN 4-57-200404-8
  • 中浜博『中浜万次郎—「アメリカ」を初めて伝えた日本人』冨山房インターナショナル、2005年1月 ISBN 4-90-238508-2
  • 中濱武彦『ファースト・ジャパニーズ ジョン万次郎』講談社、2007年9月 ISBN 978-4-06-214177-2
  • 中濱武彦『ネバー・ギブアップ ジョン万次郎』KKロングセラーズ、2018年5月 ISBN 978-4-8454-5062-6

参考文献

関連項目

舞台
楽曲
漫画
  • 無限の住人 - 作品の主題ではないものの、最終回でジョン万次郎と深い関わりがあることが明かされる。

ジョン万次郎』に 関連する人気アイテム

漂流

息子に「面白いよ」と薦められ借りて読んだ。
吉村昭さんの丹念な調査と確かな筆力にグイグイと引き込まれていった。

子供の頃「ロビンソン・クルーソー」に憧れ当時布団に潜り込むと何度も、
その生活を夢想した。
しかし、この小説に描かれている話は壮絶で過酷。
アホウ鳥を食べ繋いで12年間生き延びたことも圧巻だが、
私は船が嵐に遭遇した時の様子と島を脱出するために船を建造する様子に着目。

当時、船が嵐に遭遇した時、人間がなせることと言えば帆を降ろす、
荷物を捨てる、最後には帆柱を倒す。


そして神仏に祈る。
これらの様子が丁寧に描かれているのだが、あまりにも空しい。

一方いよいよ後半の後からたどり着いた遭難者達と島を脱出するために船の建造計画を立案。
何しろ鳥島には大した木もないから、頼りは流木。
その中でもメイン材料が遭遇した船の破片というのは、あまりにも皮肉。
それと思わず「凄い」と呟いてしまったのだが船建造の為に、彼らはまず模型を作ったのだ。
どんな船を作るのか、どのようなプロセスで作るのかを検討するために模型は大切だ。
それに加えて模型の存在で
「船を作って島を脱出して故郷に帰る」気持ちを一つにすることが出来たのではないだろうか。

人が生き抜く力をまざまざと感じた一冊だった。

かの吉村昭氏の名著。吉村氏の著作は3冊目になります。
1冊目は三陸大津波。3・11の時に改めて注目されて初めて読んみました。
徹底的な聞き込みと郷土資料の調査により、明治以来3度も大津波に襲われた三陸地方の悲劇を伝えています。
2冊目は熊嵐。
3冊目がこの漂流。

1700年代江戸時代、土佐の漁師、長平が時化に会い、仲間とともに遭難。
今の小笠原列島、鳥島に流れつき12年の歳月を過ごす話です。
時化にあわなければ一介の漁民としての人生を全うしたはずのに、絶望に打ち勝ち水も出ない無人島で生き抜く術を見出し、流れ着いてくる漂流民とともに力を合わせ自力で日本に生還します。


もちろんこの作品でも吉村氏の取材力が威力を発揮します。
生前の長平に会うことは当然できませんので伝承の聞き取りや風土記が元ネタなのでしょうが、仲間との会話や長平の心の内に触れているとあたかも直接長平に聞き取り調査を行ったかのような錯覚を起こしてしまいます。希望を捨てず、仲間を見捨てず、規則正しい生活を守り、神仏に祈り続けるさまからは、江戸時代の庶民の平均像が垣間見えるとともに何とも慎ましく謙虚に生きていたのだなぁと感じました。
帰還してからは一切のセリフがなくなるのも読者に想像力を膨らまさせようとする仕掛けなのでしょう。
素晴らしい本でした。

ふとした海難事故で無人島に流されてしまった男が、長年かけて無人島で生活し、ついには船をこしらえて脱出する壮大なストーリー。無人島で毎年毎年巡りくる生活の術を身につけ、どうにか無人島で生きていくその精神と運の強さ!また、最後、島から出航の日は神が全て味方する?というような、全ての運が揃ったんだろうと思うと、その凄さに感動して泣いてしまいました。しかし生還して故郷へ帰ると意外に歓迎されぬという悲しい現実。戦死したハズの夫が晴れて生きて帰ってきたら世界はすっかり変わってた、みたいな(ちなみに浦島ではありません)現実や、当の本人が、その無人島でのサバイバル体験話を面白おかしく全国に伝え回ったというエピローグも良かったです。

怖いくらい通じるカタカナ英語の法則 ネット対応版 ネイティブも認めた画期的発音術

カタカナ英語は通じないという先入観を崩し、日本人が抱える英語発音アレルギーに一石を投じる。
英語ネイティブは子音とアクセントを中心に聞いているが、日本語は一音一音の母音を重視する。
そのため私たちは母音を中心にした英語発音をするが、それが子音主体言語の相手には聴き取れない。
それなら、聞いたままをトレースしてしまった方が良いという考え方だ。
的を得ており、逆転の発想、実戦向きだと思います。
RとL、SとTHの違いなどはバッサリ切り落とし、一文をそれっぽく聞こえる様に再構築する思い切りの良さは邪道かも知れないが、新しい日本語英語の基幹とすべきなのかも知れない。



難点は学校で習うスペリング+発音を完全に切り離し、アクセントとリエゾンを基本とした新しいカタカナ発音を再構築しなければならない点。
学校教育では「Water」は「ウォーター」、耳に聞こえる米英語は「ゥワラ」、「McDonald's」は「マッダァナ」。
頭の中で「アルファベットのスペル→カタカナ」で変換する習慣が邪魔をしてしまう。どうしたって「マクドナルド」と言いたくなる。カタカナの「一文字・一音」というルールは私たち日本人にとって自然なことなので、日本語には無い子音、曖昧母音、リエゾンを習得するのはなかなか難しい。

聞こえたままをトレースする本書の技術は単語・短文なら誰でも使える。
でも臨機応変に著者の法則どおりに、発音を再構築することは新たな学習努力を要する。だから、この本はある程度現場で英語を使い、実践しながら習得する機会がある人向けです。
本当は学校教育で「耳から聞いたままを真似る」をやるべきです。

5つ星のうち 5.0これはすごい!!

(参考になった人 6/6 人)

この発音でやると翻訳ソフトが英語と認識して、ちゃんと日本語変換してくれる! どうして日本の英語教育はこういう発音で教えてくれなかったんだろう? 単語がくっついて変化するリエゾンなんかも必修にすべきじゃないのか? そもそも英語教育がしゃべれない日本人を作る出している元凶じゃないだろうか。 つくづく過去の英語教育が恨めしくなってくる。

「英語耳」などで発音やアクセントの基礎を学んでから こちらの本を読むと、なぜそういうカタカナに置き換わるのか、 納得しながら読み進めることができます。 これだけ読んで通じる発音になるとは思えませんが、 発音本として読んでおいて損はないと思います。

椿と花水木―万次郎の生涯〈下〉

幕末の偉人で、これほどの人材がいたことは、今まで恥ずかしながら知らなかった。
上巻での漂流後の奇跡としか言いようのない、アメリカ船による救出と、恩人となる船長との出会いと、鯨漁の描写と、今で言うところのアメリカンドリームを体現した一等航海士への出世などは、万次郎の資質などもあったのだろうが、奇跡の幸運が重なったものだ。
下巻の、愛するキャサリンとの死別による日本への帰国後、
勝海舟らとともに行く咸臨丸への登用までに至る時に、日本の身分制
の因習が万次郎を苦しめるが、それがアメリカでの自由闊達な万次郎の活躍とアメリカの上下関係に縛られないフレンドリーな関係を、鮮やかに対比させている。


いわば日本におけるジャパニーズドリームをも成し遂げたのだが、
日本における待遇は、アメリカのように、素直な賞賛には値しないようだ。
この辺は、今でも変わらないように見える。
この万次郎という人物は、今後の私の指針になりそうだ。

上下巻とも楽しませて貰いました。 この作品では、海舟が船酔いで、カッコ悪かった様です。 私は、この使節団で海舟と同船したわけでないので、実際は自分で見てはいないので、判断はできないのですが この作品では、アメリカに着いた後も、下級の者に対する態度が良くなかった様です。 私が見たドラマなどでは、勝海舟は『カッコイイ』人に思えましたが、それは、それということか。 この作品は、これはこれ。 実際の海舟の人となりが、どうであったかは、知るよしもありません。 作品の主役は、勿論、万次郎ですが この作品で万次郎以外で、意外な印象で残ったのは、海舟のことだったので、こんなレビューになりました。

江戸末期から明治にかけて、漁師あがりの漂流民としてアメリカで正規教育を受けながら、その出自ゆえに懊悩する様子は、身分社会の厳しさと言ってしまえばそれまでだが、何とも切ないものがある。 中浜万次郎にとって、日本という国の将来はどう映っていたのだろうか? ジョセフ・ヒコとの出会いや旅行家イザベラ・バードがホノルルの牧師デイマンと知己であったことなど、非常に興味深いエピソードも頻出し、下巻も一気に読了した。

椿と花水木 万次郎の生涯

幕末の偉人で、これほどの人材がいたことは、今まで恥ずかしながら知らなかった。
上巻での漂流後の奇跡としか言いようのない、アメリカ船による救出と、恩人となる船長との出会いと、鯨漁の描写と、今で言うところのアメリカンドリームを体現した一等航海士への出世などは、万次郎の資質などもあったのだろうが、奇跡の幸運が重なったものだ。
下巻の、愛するキャサリンとの死別による日本への帰国後、
勝海舟らとともに行く咸臨丸への登用までに至る時に、日本の身分制
の因習が万次郎を苦しめるが、それがアメリカでの自由闊達な万次郎の活躍とアメリカの上下関係に縛られないフレンドリーな関係を、鮮やかに対比させている。


いわば日本におけるジャパニーズドリームをも成し遂げたのだが、
日本における待遇は、アメリカのように、素直な賞賛には値しないようだ。
この辺は、今でも変わらないように見える。
この万次郎という人物は、今後の私の指針になりそうだ。

上下巻とも楽しませて貰いました。 この作品では、海舟が船酔いで、カッコ悪かった様です。 私は、この使節団で海舟と同船したわけでないので、実際は自分で見てはいないので、判断はできないのですが この作品では、アメリカに着いた後も、下級の者に対する態度が良くなかった様です。 私が見たドラマなどでは、勝海舟は『カッコイイ』人に思えましたが、それは、それということか。 この作品は、これはこれ。 実際の海舟の人となりが、どうであったかは、知るよしもありません。 作品の主役は、勿論、万次郎ですが この作品で万次郎以外で、意外な印象で残ったのは、海舟のことだったので、こんなレビューになりました。

江戸末期から明治にかけて、漁師あがりの漂流民としてアメリカで正規教育を受けながら、その出自ゆえに懊悩する様子は、身分社会の厳しさと言ってしまえばそれまでだが、何とも切ないものがある。 中浜万次郎にとって、日本という国の将来はどう映っていたのだろうか? ジョセフ・ヒコとの出会いや旅行家イザベラ・バードがホノルルの牧師デイマンと知己であったことなど、非常に興味深いエピソードも頻出し、下巻も一気に読了した。

ジョン万次郎』の解説 by はてなキーワード

ジョン 万次郎(ジョン まんじろう、文政10年1月1日(1827年1月27日) - 明治31年(1898年)11月12日)は、幕末の日本で黒船来航でもしられる日米和親条約の締結に尽力した人物である。その後、通訳・教師などで活躍した。

ジョン・マン(John Mung)とも呼ばれた。本名は中濱 萬次郎(なかのはま まんじろう)。

ジョン万次郎」という呼称は、1938年(昭和13年)に第6回直木賞を受賞した『ジョン萬次郎漂流記』(井伏鱒二)で用いられたため広まった(それ以前には使用されていない)。

平成22年のNHK大河ドラマ龍馬伝」ではトータス松本が演じる。

※本名の別表記:中浜万次郎

ジョン万次郎』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.