ジョウビタキのまとめ情報

ジョウビタキ』の解説

ジョウビタキ(尉鶲、常鶲、学名:)は、スズメ目ツグミ科ヒタキ科)に分類される小鳥。日本では冬によく見られる渡り鳥である。

分布

チベットから中国東北部、沿海州バイカル湖周辺で繁殖し、非繁殖期は日本、中国南部、インドシナ半島北部への渡りをおこない越冬する。

日本では冬鳥として全国に渡来する。韓国では留鳥

日本での繁殖例

  • 1983年 - 北海道大雪山麓で繁殖が確認されている。
  • 2010年6月21日 - 日本野鳥の会諏訪の会長が、長野県岡谷市富士見町の林でジョウビタキの繁殖を確認する。
  • 2012年6月3日 - 日本野鳥の会旭川支部長の柳田和美が、北海道上川町町内の空き家の屋根裏で営巣しているジョウビタキの繁殖を確認する。6月8日付の北海道新聞朝刊にヒナにエサを与える親鳥の写真が掲載された。
  • 2012年7月25日 - 6月に続き、同じつがいが再び繁殖したのを、柳田和美が、北海道上川町町内で撮影された写真で確認する。8月22日付の北海道新聞朝刊にヒナの写真が掲載された。
  • 2014年6月23日-岡山県在住の獣医師(笹野聡美)が、真庭郡新庄村の民家の排気口痕に営巣しているのを発見し、巣立ち直前の雛を確認した。西日本では初認事例として、日本鳥学会誌に掲載された。

豊橋総合動植物公園での繁殖

2002年に豊橋総合動植物公園が日本の動物園で最初にジョウビタキの繁殖に成功し、日本動物園水族館協会繁殖賞を受賞した。ケージ内で縄張りをもち、ペアを形成し抱卵14日目に雛が孵化し、雛6羽中2羽が成育した。

形態

体長は13.5-15.5 cm、体重13-20 gスズメよりわずかに小さい。オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴である。メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられる。胸から腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしている。翼は黒褐色だが中ほどに白くて細長い斑点があり、ここで近縁種と区別することができる。

分類説によって、ヒタキ科もしくはツグミ科に分類される。ヒタキ類のように樹上から飛び立ち羽虫を空中捕獲で捕食する他、ツグミ類のように地上に降りることも多い。

ファイル:Jyobitaki m 05z5880s.jpg|オス

ファイル:Jyobitaki f 05z1534.jpg|メス

ファイル:Phoenicurus auroreus male and female.JPG|オスとメス

生態

平地からの低山の明るく開けた林の中に生息する。冬の日本では人里や都市部の公園などでもよく見られ、身近な冬鳥の一つである。非繁殖期はオスメスともに単独生活を行い。和名のジョウ(尉)は銀髪を意味する

近縁種

クロジョウビタキ
Phoenicurus ochruros
オスは頭部の白い部分が狭く、顔から首、胸、背中まで黒っぽい。メスには特徴的な模様がなく、一様に淡い褐色をしている。中央アジアから南アジアにかけてとヨーロッパに分布する。日本では迷鳥としてたまに記録される。
シロビタイジョウビタキ
Phoenicurus phoenicurus
オスは頭から背中、翼まで灰白色をしている。メスもやはり背中が白っぽい。繁殖域は中央アジアからヨーロッパまでで、冬はアフリカ熱帯域で越冬する。日本では迷鳥として記録されるが、観察記録はクロジョウビタキより少ない。

画像:Phoenicurus ochruros.jpg|クロジョウビタキのオス

画像:Phoenicurus ochruros 1 (Marek Szczepanek).jpg|クロジョウビタキのメス

画像:Gekraagderoodstaart2.jpg|シロビタイジョウビタキのオス

画像:Pcs34560 IMG 5171.JPG|日向ぼっこ中のオス

ジョウビタキ』の解説 by はてなキーワード

尉鶲。Phoenicurus auroreus

冬鳥。全国に渡来

市街地にも多く生息しているが、積雪地では少ない。

北海道繁殖の記録がある。

オスはオレンジ色、メスはオリーブ色。

画像はオス。

ジョウビタキ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.