ジャック・ドーシーのまとめ情報

ジャック・ドーシー』の解説

ジャック・ドーシー(Jack Patrick Dorsey、1976年11月19日 - )は、アメリカ合衆国起業家実業家、ソフトウェア・デザイナー。エヴァン・ウィリアムズらと共にTwitterを創業した。現在は同社の共同創設者CEOを務めている。

キャリア

thumb

幼年期をミズーリ州セントルイスで育つ。8歳でマッキントッシュに触れ、10歳で、IBMパソコンに精通し、14歳のとき、自動車の交通システムについて興味を持ち、今なお使われているタクシー会社のソフトウェアをオープンソースで書いた。ミズーリ工科大学からニューヨーク大学に進み、そこでTwitterのアイディアを最初に思い付いたが、大学は中退した。

2000年、オークランドでウェブからタクシーや救急サービスを派遣するサービスの会社を始めた。2000年7月、LiveJournalよりもリアルタイム性が高く、どこにいても自分の状況を知人に知らせたり、逆に知人の状況を把握できたりするサービスの可能性に気付いたという。

ドーシーは初めてインスタントメッセンジャーを目にした時、ソフトウェアのユーザーステータスのアウトプットを、同時に多人数と簡単に共有できないものかと考えた。そこでテキストメッセージに関心があったOdeo社にコンタクトを取り、同社のビズ・ストーンSMSテキストが適していると判断、Twitterのプロトタイプを2週間程で作り上げた。このTwitterのアイディアはOdeoのユーザーを魅了し、エヴァン・ウィリアムズからの投資を受けた。

2006年、エヴァン・ウィリアムズビズ・ストーンらと共にObvious社(現Twitter社)を設立した。

また、2009年2月にはiPhoneなどのスマートフォンをクレジットカード決済端末にするSquareというサービスを開始し、同社のCEOに就任した。

2013年12月、ウォルト・ディズニー・カンパニーの取締役に任命された

人物

日本の禅寺庭園の愛好家である。

ジャック・ドーシー』に 関連する人気アイテム

WIRED VOL.5 GQ JAPAN.2012年10月号増刊

新装刊から数えて早くも第5号。新装刊前から自分好みのこの雑誌だったけど、今回は、自分のSF小説、特に「伊藤計劃」以後の日本SFが取り上げられていたのが、とても嬉しい。

もともと、サイバーパンクやポストサイバーパンクの特集も組まれていた新装刊前のこの雑誌だったけど、新装刊後もちゃんと組んでくれたのも嬉しい。しかも自分が好きな伊藤計劃にも触れられている。これは、今の日本SFの盛況を表すのだろうか。

内容としては、伊藤計劃の「ハーモニー」を英訳したアレクサンダー・O・スミス氏の伊藤計劃についての文章から始まる。

その「ハーモニー」の英訳版はフィリップ・K・ディック賞を受賞しているが、英米での伊藤計劃の評価の秘密が語られていて、とても参考になった。それ以外でも、現時点での日本SFが誇る作家や作品たちが取り上げられていて、日本SF読書ガイドとしても使える特集だ。

この他にも「未来の学校」とか「TED」の特集もあって読み応えのある1冊だったけど、今号は「日本SF」に尽きる。

5つ星のうち 5.0教育はどうなるのか

(参考になった人 4/5 人)

検索エンジンGoogleの発展により一部の人がGoogle先生と呼んでいるように 教師ではなくインターネットによる発展途上国の教育の取り組みや TEDの公開による世界最高峰の知のスピーチが見れるようになり 未来の学校または自己学習の未来について様々な可能性を探っている。 未来は今のような大学や学校がなくなり、新たな学習の形が始まっているのかもしれない。

5つ星のうち 4.0「Future is Japanese」企画

(参考になった人 0/0 人)

ポスト伊藤計劃の日本SFの可能性を「S-Fマガジン」とともに考える「Future is Japanese」企画が見たくて購入。 当日買ってからも何度も読み返す。 生きていた間に残した作品は少なく、まだ現存する作家だったら..と言われ続けている伊藤さん。 円城塔さんとの共著、「屍者の帝国」を出版する前夜祭的記事です。

ネットからリアルへ O2Oの衝撃

5つ星のうち 2.0肌感覚から離れてる

(参考になった人 5/6 人)

P31 なかにはあまり頻繁に送られ来るメルマガに閉口して、楽天での買い物をやめてしまったという人や、迷惑メールフォルダに入れて無視している人もいるが、あくまで例外的な少数派だろう P32 楽天は、まさに「雨あられ」ともいうべき大量のメルマガを1人1人野パソコンに向けて発信し続けることで、見事彼らの購買意欲をかき立てることに成功した。 んなわけないじゃん。 なんかすごい違和感ある。 消費者の行動の変化に焦点を当てているはずなのに、上記のようなことが書いてあると前提が崩れる。

ユーザー側だけでなく、企業側の姿勢が分かる本です。 興味深い内容で、あっという間に読み終わりました。 著者はクレジットカードおよびネット通販業界に精通している方。 足で稼いだ情報が載っているので、ネットでは得られない知識が得られます。 これからの未来、どうなっていくのか。 ワクワクするとともに、続編が楽しみです。

クレジットカードの専門家がO2Oを扱うとどうなるのか、興味を持ちました。 最初は大丈夫かなと思いましたが、読み進んでいくうちに、すっかり岩田節に魅せられていました。 スマホが中心になる世の中、電子マネー、クレカ、アプリの三点セットで乗り切ればよいという提案、説得力があります。 今から準備しておきます。

ジャック・ドーシー』の解説 by はてなキーワード

アメリカ合衆国の男性起業家、実業家、ソフトウェアデザイナーTwitter社の会長であり創業者の一人。Jack Dorsey。

1976年11月19日生まれ。現在は同社の共同創設者兼会長を務めている。

略歴

ジャック・ドーシー』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.