シュウメイギクのまとめ情報

シュウメイギク』の解説

シュウメイギク(秋明菊、学名:Anemone hupehensis var. japonica)とは、キンポウゲ科の植物の一種。別名、キブネギク(貴船菊)。名前にキクが付くが、キクの仲間ではなくアネモネの仲間である。

概要

中国から古い時代に入ってきた帰化植物である。文献上では「花壇綱目」に「秋明菊」の名前で記載が成れていて、日本に定着していたことが窺える。

中国では代末の「本草綱目」には記載はなく「三才図会」に「秋牡丹」の名前で記載されるようになる。「秋牡丹」の呼称は貝原益軒も「大和本草」で使用している。以後日本の園芸書には「秋明菊」「秋牡丹」で紹介されることが多くなり、「しめ菊」「紫衣菊」「加賀菊」「越前菊」「貴船菊」「唐菊」「高麗菊」「秋芍薬」などの多様な別名で呼ばれることになった。

花色は赤紫色であるが、近年、他種との交配品種が市販されるようになり、弁数が少ない品種や白色の品種が多く栽培されて名称の混乱が見られる。

生態

多年草で開花期は秋、高く伸びた花茎の上に大柄な花をつける。花は多数の赤紫色の花弁状の萼片が目立ち、本物の花弁はない。中央には黄色の雄蕊が多数ある。

ギャラリー

Image:Anemone hupehensis var. japonica (white flower).JPG|白花個体

Image:P1320082 シュウメイギク(秋明菊).JPG|白花

Category:キンポウゲ科

Category:花卉

シュウメイギク』に 関連する人気アイテム

誕生日の花図鑑

ラジオ深夜便ファンの父にプレゼントしましたが「深夜便の誕生日の花とは選ばれている花が違う」と最初は文句を言われました。 しかし、大きくてきれいな写真と簡潔ながら丁寧な説明文を読んでいくうちに、「これは花を良く知っている人が作った本だね」と父のお気に入りなりました。

研修旅行のバスの中、参加した人に誕生日を教えてもらい、誕生日の花を発表!みんなに受けました!!。 どれも、いいはなことばだし、わいわいがやがや、おかげさまで楽しい時間がすごせました。

5つ星のうち 5.0類書の中では最高

(参考になった人 6/7 人)

誕生花の本や花言葉の本は数多くありますが、その中でも最高だと思います。 誕生花というのは西洋の文化らしいので、西洋のマイナーな花ばかり並んだ本になってしまいがちですが、 この本は日本でよく見かける花ばかり取り上げてあります。 もちろん花言葉も載っています。 花屋さんでは見かけないけどなじみのある花(モクレンやハナミズキなど)もあります。 バラやカーネーションなどは色別に別項になっていて、これもとてもいい。 1日1ページで写真も大きく見ごたえがあります。 とにかく大満足です。

シュウメイギク』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.