システム開発のまとめ情報

システム開発』に 関連する人気アイテム

システム英単語

元々は鉄壁をやっていたのですがあまり好みのレイアウトではなく、なんだかなあと思っていたのですが、駿台に入学する際にこちらを無料でいただけたので乗り換えました。
東大受験といえば、鉄壁、というようなイメージが私にはあったので、乗り換える事に正直不安を感じていたのですが、東大英語より難しい単語が出るであろう京大英語を乗り越えた先輩たちの中では割りと(鉄壁を含めた他の単語帳ではなく)シス単をやっていたという人が大半で、「まあ京大英語がシス単でカバーできるなら大丈夫かな」と思い、それを信じてやりました。


まあ受験英語用の単語帳は載っている単語事態はどれを使ってもそう代わりはなく、結局は相性が大事なのだと思います。
まずは書店に行って、色んな単語帳を開いて、気に入ったものを買うべきです。

見やすい、覚えやすい、試験に出やすい単語を集めた良書でありますが、ミニマルフレーズという数語で構成された英語の例文が、あまりにも著者の反外国人的反白人的思想を継承している。 「外国人への嫌悪」とか「外国人へ敵意を持つ」とか言った例文が多すぎる。 z会の速読英単語なんかは興味深い為になる英文を集結させてるんだから、シス単も下らん思想を植え付けようとしないで、もっと自然科学的だったり歴史的な教養にもなる完全なミニマルフレーズにした方がいいと思う。

在籍高校指定の教材のため購入しました。 入学後から約一年ほど使用しましたが、きちんとやりさえすればこれほどないまでに素晴らしい英単語帳だと思います。 ミニマルフレーズを当時に暗記することで、模試などで実際に単語が出た際にイメージが取りやすく点数アップにもつなげることができました。

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

AWS で IasS 利用を始める方で、現在ネットワークなどインフラ構築に携わるエンジニアおよびネットワークの知識がないエンジニアが EC2 、VPC の触りを身に付けるための入門書としてオススメできます。 以下が改善されれば、星 4 評価でも良いと考えます。 '>

AWS で IasS 利用を始める方で、現在ネットワークなどインフラ構築に携わるエンジニアおよびネットワークの知識がないエンジニアが EC2 、VPC の触りを身に付けるための入門書としてオススメできます。

以下が改善されれば、星 4 評価でも良いと考えます。
- タイトルがネットワーク、サーバー構築なので少なくとも ELB、Route53 の説明が欲しい。

ネットワークは知識を有しており短時間で本書籍と同じ範囲 + Route53 をカバーしたい場合は、インプレス社から出版されている "Amazon Web Servicesネットワーク入門 impress top gearシリーズ" がおススメです。

Kindle経由で購入して、AWSで行うというどれだけAmazonに貢献しているんだ?という感じなのはさておき。 AWSの入門ではなく、操作になれること。 用語に慣れること。 そしてインフラ周りの基礎の基礎が学べる本だと考えるといいと思います。 なるほどと思うこともそれなりにあるので、半日あれば全部試すことが出来ると思います。 ただし、ほんの少しずつ現在の環境と画面が変わっている部分があるので、そのあたりは折り込む必要があります。 似たような問題は、AzureとかOffice365でもあるので、それぐらいわかれよ!ってことなんでしょう。

AWSについては、EC2インスタンスでWebサーバーとDBサーバーを建てることとネットワーク周りの設定方法のみです。 初めてAWSを触る私にとってはとてもありがたい一冊でした。 しかし、半分ほど話題がAWSを離れてTCP/IPの話になります。 基本情報程度の知識がある人がAWSを学習するために購入すると、ちょっと割に合わないかなと思います。 初めてネットワーク周りを触る人にとっては最良の一冊だと思います。

学習する組織――システム思考で未来を創造する

本書『学習する組織――システム思考で未来を創造する』に、もし別のタイトルを付けるとすれば、『科学的仏教の方法と実践』が相応しいのではないだろか。いささか唐突な意見のようだが、本書の内容は、読めば読むほどに、その核心をなす考え方が「仏教」に通ずるものに思えてならない。

「学習する組織」は1970年代にハーバード大学教授クリス・アージリスによって提唱された概念を、本書の著者であるピーター・センゲ(MITマサチューセッツ工科大学の経営学者)が1990年に改めて提唱して広めた概念。それは「人々が絶えず、心から望んでいる結果を生み出す能力を拡大する組織であり、新しい発展的な思考パターンが生まれる組織、共に抱く志が解放される組織、共に学習する人々が継続的に学んでいる組織」であり、その中核には「システム思考」、すなわち物事を単体として見るのではなく、相互の関連や関係性に着目し、静止的ではなく動的に、断片的ではなく全体的に、そして変化を捉える見方がある。



いわゆる組織開発・人材開発に関わる先端の経営学書が、なぜ「科学的仏教」と言えるのか。それは何よりも、本書に一貫する、ものの見方の「統合性」にある。その統合性は、究極は「宇宙」にまでつながる深遠なものだが、組織経営という実務面に絞ってみても、従来、事業戦略マネジメント、業務改善マネジメント、人材マネジメントといった縦割りで行われてきたそれぞれの専門分野を、個別ではなく統合的に行ってこそ価値が最大化される、といった考えに見ることができる。

さらに「仏教的」なポイントをいくつか挙げてみると――。まずは「学習する組織」の基盤となる「システム思考」。それは、「私」が、世界から切り離されているとする従来の西洋的見方から「つながっている」という見方へ、そしてまた、その結果、問題は「外側の」誰かが何かを引き起こすものだと考えることから、いかに私たち自身の行動が自分の直面する問題を生み出しているのかに目を向けることへの、変容の必要性を説くもの。その根底には、西洋の「直線」的思考ではなく、東洋の「環状」的思考、すなわち仏教でいうところの「縁起」思想を見ることができる。

▶現実は環状になっているのに、私たち(注:西洋人のこと)が目にするのは直線である。私たちの思考にこのような分裂が起こる原因の一つは、私たちの言語だ。西欧の言語は、主語―動詞―目的語という構造になっており、線形の考え方に偏っている。システム全体の相互関係を見たいのであれば、相互関係の言語――つまり、環状になっている言語が必要だ。

「学習する組織」は、組織を「生きているシステム」として捉える。そして企業を「利益を生み出す機械」ではなく、「人間のコミュニティ」として考える。

▶物理科学の考え方が「産業時代」を支配したように、生命科学の考え方が「知識時代」を支配し始めている。生命科学の考え方は、知識や人や組織を「生きているシステム」としてとらえる・・・それにより、着眼点が、1)部分から全体へ、2)分類から統合へ、3)個人から相互作用へ、4)観察者を外に置くシステムから観察者を内に含むシステムへと変化する。

「学習する組織」には、「無我」や「無心」に通ずる考えも登場する。

▶この敷居は、深遠な変化を導き出すにあったって必ず通り抜けなければならない入り口で、第一の敷居は、自分を解放して、目の前にありながら今まで見ることのできなかったものを見たり、聞いたりすること第二の敷居は、心で見ること第三の敷居は、小文字の「s」の自己(self)の最後の名残を手放し、何であれ生まれつつあるものが私たちを通して生まれ出るのを助けることだ。

▶どんなレベル、どんな境遇のリーダーでも、この3つの入り口を通り抜ければ、可能なことにほとんど限界はない。「何かをするときに本当に無心になることができれば、つまり、それを自分自身のために主張しようとせず、その結果で認められようともせずに本当に微々たる存在になることができれば、恩恵がもたらされる。それは影響力、強さ、意志、目的意識、エネルギーという形をとるかもしれないし、大義の実現を助けるあらゆる種類の物事が起きるという形をとるかもしれない。

そして著者は、「分かたれることのない全体」と題した本書の最終章(第18章)において、宇宙飛行士のラスティが語る「宇宙から見た地球」の体験談を引用しながら、次の言葉で本書を結ぶ。

▶ラスティは宇宙を漂いながら、システム思考の基本原則を見出した。・・・地球は分かたれることのない全体であり、それは私たち一人ひとりが分かたれたることのない全体であるのと同じである。(私たちも含めた)自然は、全体の中にある部分でできあがってるわけではない。全体の中の全体でできているのだ。

以上では、本書の深い抽象性の部分に焦点を当てて述べたが、一方、本書は「人々が絶えず、心から望んでいる結果を生み出す能力を拡大する組織」をどうすれば築くことができるかについて、きわめて具体的なスキルやメソッドを教授してくれる実践の書ということができる。いやむしろ、そちらの方が本題といえるだろう。

つまり、極めて根源的な考察を基盤としながら、その上に具体論が展開されている。抽象性と具体性とがまさに「統合」されている、最強の経営書と言ってよいのではないか。少なくとも、評者が知る限りにおいては。

5つ星のうち 5.0最強の自己啓発書

(参考になった人 0/0 人)

経営をテーマにした本という紹介が多いですが、組織に先立ってまず個人の修養という段階に重きが置かれているため、多分に自己啓発的な要素も含んでいます。

自己啓発的な面では、自己マスタリ、ビジョンの確立という達成において極めて重要な概念が語られます。
最近でもGRITなどのフレームワークで達成のメカニズムが解説されていますが、その源流は本書に見ることもできます。
数多の自己啓発書を読むよりは、この一冊が述べていることを真摯に実践することの方が遥かに助けになるでしょう。


そして本書の価値はそこから更に、自己の達成で止まるのではなく、人同士の組織の達成にまで考えを敷衍したことにあります。
その際に核となるのが、システム思考です。
原題のFifth Discipline(5番目の自己訓練)はおそらくアリストテレスのFifth Element(5番目の元素 = エーテル)をもじったものだと思いますが、
エーテルが物質の四元素の上位に立つ概念であるように、著者はシステム思考を個人における最重要な修養として捉えています。

システム思考は問題を断片的に見るのではなく、全体を全体として捉えるという考え方です。
とかくグローバル化、複雑化し、断片的に物事を見ることに慣れてしまった現代人にとっては、
身近に起きていることが全体の一部分として現れているということを見失いがちです。
本書ではまず手近なシミュレーションゲームを行い、非システム思考的態度で起きる問題を明らかにします。
およそシステム的、組織的な問題に取り組んだ経験がある人であれば、見覚えのある現象のオンパレードです。

ちなみに全体を全体として捉えるという考え方は、體用一源・万物一体という、東洋的な思想では馴染み深いものでもあります。
これまでの西洋思想は傾向として智を最重視し、要素還元的、直線思考的であるという限界があったと言えます。
これを補完するために東洋の思想をミックスした、いわば「現象学的サイバネティクス儒教」がシステム思考です。
本書が書かれた時期がバブル崩壊直後、まだ日本的ビジネス観が世界に与えた影響が色濃い時代であり、陽明学に傾倒していた稲盛和夫の引用が多いことからも、東洋の流れが入っていることを感じさせられます(むしろボームから来ており、西洋で完結している可能性もありますが)。

著者も指摘するように組織学習の段階では一人で完結できることはなく、読書だけではどうにもなりません。
しかし、トップダウンで旗を振っても甲斐がなく、成員がそれぞれ自分の問題、修養として本書にあるような考えを身に着けている必要があります。
個人修養を超えた先にある組織の在り方を見るために、このスタートラインを揃えるために、多くの人に読んでもらいたい本です。

5つ星のうち 5.0東洋的思想

(参考になった人 5/6 人)

書籍の中でも述べられており、私も読みながらつくづく感じましたが、西洋思想というより東洋思想に基づくものだと感じました。 欧米の科学精神の進化も感じられ、1990年代のMBAに基づくハードな対策から、より本質的な探究の結果として行き着いたソフトの世界。 改めて、戦後の日本企業の良さを見直すきっかけになるかと感じました(勿論、戦後の日本企業の悪弊もあり、逆にその部分が現在も残っている方が気になります)。 U理論、探求、シンクロニッシティ・・・この続きの深化も継続的に学び、実践していきたいと考えています。

図解入門よくわかる 最新PMBOK第6版の基本

5つ星のうち 4.0入門向け

(参考になった人 0/0 人)

値段もそこまでしないので、最初のとっかかりとしてはオススメできる内容です。

プロジェクトマネジメントとは何ぞや?を知りたい人や、プロジェクトマネジメントとして望まれることが何なのかを理解したい人にも、分かりやすい記載。 試験対策としては、それ用の図書も必要だが、自己のスキルアップを目指す人には最適な本だと思う。

RユーザのためのRStudio入門−tidyverseによるモダンな分析フローの世界−

R勉強中の初心者です。 データ整形と可視化、レポート作成について とても分かりやすく書かれていました。 オライリーRグラフィックのggplotのコードではエラーが起きましたが、 本書ではggplotも最新バージョンに基づいてコードが記載されているので、 エラーが起きませんでした。 多変量解析や機械学習などのデータ分析手法の解説は他の書籍に譲りますが、 的を絞った構成が本書の読みやすさに繋がっていると思います。

会社で同僚に薦められ、Rstudioを使い始めましたが、どこから覚えようか困ってところでした。 はじめの指南書としては、とてもいいと思います。 ・各メニューの説明がよくされている。 ・何ができるかが、実践を伴ってわかりやすく説明されている。

プログラム』の解説 by はてなキーワード

  • コンサート、競技会、行事などの計画、予定
  • コンピュータへ計算などをさせる命令を組み合わせた文書

システム開発』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.