サツマイモのまとめ情報

サツマイモ』の解説

250px

サツマイモ(薩摩芋、学名: Ipomoea batatas)は、ヒルガオ科サツマイモ属植物。あるいはその食用部分である塊根(養分を蓄えている肥大した根)。別名に、甘藷(かんしょ)、唐芋(からいも、とういも)、琉球薯(りゅうきゅういも)、とん、はぬす等がある。近縁の植物に、アサガオヨウサイ(アサガオ菜)がある。

英語圏の一部では、サツマイモ「sweet potato」を「Yam」などの別の名前で呼んでいる。ヤム芋を育てていたアフリカ系奴隷が、アメリカで作られた水っぽい「ソフトスイートポテト品種」をヤム芋と似ていたことから「ヤム」と呼ぶようになった。アメリカなどでは本来のヤム芋は輸入食料品店ぐらいにしか置いてないことから、ヤムと表示されていれば「ラベルに注意書き」が無い限り「ソフト」スイートポテトの事である。

概要

ピンク色でアサガオに似るが、鈍感な短日性であるため本州などの温帯地域では開花しにくく、品種や栽培条件によってまれに開花する程度である。また、花の数が少なく受粉しにくい上に、受粉後の寒さで枯れてしまう事が多い為、品種改良では種子を効率よく採るためにアサガオなど数種類の近縁植物に接木して、台木から送られる養分や植物ホルモン等の働きによって開花を促進する技術が使われる。

1955年昭和30年)に西山市三メキシコで祖先に当たる二倍体の野生種を見つけ、イポメア・トリフィーダ(Ipomoea trifida)と名付けたが、後に他の学者達によって中南米が原産地とされた。若いを利用する専用の品種もあり、主食野菜として食用にされる。

原産地は南アメリカ大陸ペルー熱帯地方とされる。大航海時代イタリアクリストファー・コロンブス1498年ベネズエラを訪れて以降、1519年にはポルトガルフェルディナンド・マゼランがスペイン船隊を率いて南端のマゼラン海峡を発見し、16世紀に頻繁に南アメリカ大陸にやってきたスペイン人或いはポルトガル人により東南アジアに導入され、ルソン島フィリピン)から中国を経て1597年宮古島へ伝わり、17世紀の初め頃に琉球九州、その後八丈島本州と伝わった。アジアにおいては外来植物である。中国)から伝来した由来により、特に九州では唐芋とも呼ばれる場合が多い。

ニュージーランドへは10世紀頃に伝播し、「クマラ」(kumara)の名称で広く消費されている。西洋人の来航前に既にポリネシア域内では広く栽培されていたため、古代ポリネシア人は南米までの航海を行っていたのではないかと推測されている。

イギリスではエリザベス朝のころに、その甘さから好意的に受け入れられた。イギリス人はこの芋をペルーでの塊茎を意味する言葉batataからpatateと呼んだ。18世紀末に甘くないジャガイモ(potato)が一般化するにつれ、サツマイモはsweet potatoと呼ばれるようになった。

栽培法

サツマイモは繁殖能力が高く窒素固定細菌(クレブシエラ・オキシトーカ( Klebsiella oxytoca )、パントエア・アグロメランス( Pantoea agglomerans ))などとの共生により窒素固定が行えるため痩せた土地でも育つ。従って、初心者でも比較的育てやすく、江戸時代以降飢饉対策として広く栽培されている。数枚の葉が付いたツル(茎)を土に挿すという形で定植し、不定根を発生させる。その後、不定根が十分に肥大したところで収穫する方法が一般的である(種から発芽させる方法もあるが、アサガオのようにつるを伸ばして生長するためイモはあまり取れない)。農家では前年に収穫した種芋を加温して、その種芋から伸びたツルを切り取って苗とする。家庭菜園程度であれば春に園芸店やホームセンターなどでツルを購入して栽培するのが簡単である。

に苗を植え付け、晩夏からにかけて収穫する(暖地の場合)。また、肥料(特に窒素肥料)を多く与えて葉や茎が育ちすぎると、過剰成長して根の品質(外見・味)が下がる。また、極端な場合では光合成で作られた栄養が茎や葉の成長に浪費されるため、芋の収穫量が減る。サツマイモは痩せた土地でも育つので、前作で野菜が良く採れた場合、初心者は全く肥料を与えないで栽培するほうが安全である。苗が植物ウイルスに感染すると収量低下を起こすため、ウイルスフリー苗が利用される事もある。

以下は特殊な栽培法についての説明である。

  • 乾燥地ではツル苗の活着率が悪いため、種芋を直接または種芋を適当な大きさに分割して、ジャガイモのように圃場に直接植えつける(直播)こともある。栽培の省力化を目論んで種芋直播用農機具の技術開発が行われている。
  • 希少品種などの極少量の種芋から多くの苗を得ることを目的に種芋を輪切りにして、その切断面から不定芽を出させる方法もある。
  • 開花しやすい系統では種子(真性種子)から栽培されるものもある。遺伝的なバラツキが大きいが、種芋と比べて種苗の維持管理が簡単なため、劣悪な環境での栽培や救荒作物として期待されている。

病害虫

病気
害虫

沖縄県全域、奄美群島トカラ列島小笠原諸島ではイモゾウムシサツマイモノメイガによる被害が問題となっているが、根絶に向け不妊虫放飼法による対策も行われている。

品種

世界

国際連合食糧農業機関(FAO)が発表した統計資料によると、2008年平成20年)の全世界における生産量は1億605万トンであり、主食にするイモ類ではジャガイモ(同3億2556万トン)、キャッサバ(同2億3246万トン)に次ぐ。生産地域は中国に極端に集中しており、その大部分は酒類等への加工用である。日本の生産量は101.1万トン。

  1. 中国 80,522,926トン(75.9%)
  2. ナイジェリア 3,318,000トン(3.1%)
  3. ウガンダ 2,707,000トン(2.6%)
  4. インドネシア 1,876,944トン(1.8%)
  5. ベトナム 1,323,900トン(1.2%)
  6. タンザニア 1,322,000トン(1.2%)
  7. インド 1,094,000トン(1.0%)
  8. 日本 1,011,000トン(0.95%)
  9. ケニア 894,781トン(0.84%)
  10. マダガスカル 890,000トン(0.84%)

thumb

日本

日本における主産地

鹿児島県茨城県千葉県宮崎県徳島県が全国のトップ5県。この内、上位4県で全国の8割を占め、とりわけ鹿児島県は全国の生産量約81万トンの4割弱を産する。同県ではデンプン原料用としての作付けも多い。産地の偏在にはいくつか理由がある。まず、サツマイモの栽培に適した水はけの良い火山灰を含んだ土地が鹿児島に広がっていること。また、サツマイモは地上に実を付けないため、比較的風害にも強く、台風がしばしばやってくる鹿児島では、風害に強い点が他の作物よりも有利だったこともある。

ブランド産地

日本国内間の検疫

植物防疫法の定めにより、イモゾウムシサツマイモノメイガなどの害虫の拡散を防ぐため国内間でも検疫が行われ、沖縄県全域、奄美群島、トカラ列島、小笠原諸島からは、サツマイモやグンバイヒルガオ等のヒルガオ科植物の生茎葉及び生塊根等の持ち出しは規制されている。個人の手荷物程度の量であれば、所定の方法で事前に申請すれば移動規制地域から持ち出す事ができる。ただし、蒸気で消毒を行う蒸熱処理を行うため、その施設がない地域からの持ち出しはできない。加工品にはこのような制限は無い。

現地の港および空港に、これらの注意を促す掲示やポスターがあるので、当地を訪問の際には参照されたい。

日本列島における栽培史

thumb

  • サツマイモがフィリピンから中国に伝来したのが1594年である。同年、宮古島の村役人、長真氏旨屋(砂川親雲上旨屋)が首里王府への帰途に逆風で中国に漂着し、1597年に中国を出発したが今度は九州に流れ着き、それからようやく帰島した。この時に宮古島へ苗を持ち帰ったのが日本最初の伝来となる。旨屋は栽培の普及に努め、島では主食となるほどに広まった。死後はンーヌ主(芋の神様)として御獄に祀られている。ただし伝承の考察から、実際には1618年ではないかという推測もある。宮古島から沖縄本島へは伝播しなかった。沖縄では1612年与那国島1694年石垣島など、それぞれの島ごとに中国から、本島とは関係なくばらばらに伝来し、その島内では急速に普及が図られるものの、他の島へ伝えるのは消極的だった。
  • 2013年現在、宮古島の大座御嶽にて甘藷(イモ)の神を祭っている。
  • 1604年、当時の琉球王国(現在の沖縄県沖縄本島に伝わる。への進貢船の事務職長(総管)であった野國総管(与那覇 松)という人物が明(今日の中国福建省付近とされる)からの帰途、苗を鉢植えにして北谷間切野国村(現在の沖縄県中頭郡嘉手納町)に持ち帰り、儀間村の地頭・儀間真常が総管から苗を分けてもらい栽培に成功、痩せ地でも育つことから広まった。種子島や本土に伝来したのはこちらの系統である。
  • 1698年元禄11年)3月、種子島に伝わる。領主種子島久基種子島氏第19代当主、栖林公)は救荒作物として甘藷に関心を寄せ、琉球尚貞王より甘藷一籠の寄贈を受けて家臣西村時乗に栽培法の研修を命じた。これを大瀬休左衛門が下石寺において試作し、栽培に成功したという。西之表市下石寺神社下に「日本甘藷栽培初地之碑」が建つ。
  • 1705年1709年とするものもあり)、薩摩山川前田利右衛門は、船乗りとして琉球を訪れ、甘藷を持ち帰り、「カライモ」と呼び、やがて薩摩藩で栽培されるようになった。前田利右衛門を祀る徳光神社には「さつまいも発祥の地」とする碑が建てられている。
  • 1711年、薩摩を訪れた下見吉十郎が薩摩藩領内からの持ち出し禁止とされていたサツマイモを持ち出し、故郷の伊予国瀬戸内海大三島での栽培を開始した。
1732年享保の大飢饉により瀬戸内海を中心に西日本が大凶作に見舞われ深刻な食料不足に陥る中、大三島の周辺では餓死者がまったく出ず、これによりサツマイモの有用性を天下に知らしめることとなった。
1734年、青木昆陽は薩摩藩から甘藷の苗を取り寄せ、「薩摩芋」を江戸小石川植物園下総の馬加村(現千葉市花見川区幕張町)、上総九十九里浜の不動堂村(現:九十九里町)において試験栽培し、1735年栽培を確認。これ以後、東日本にも広く普及するようになる。
ただしサツマイモの普及イコール甘藷先生(青木昆陽)の手柄、とするには異説もあるが、昆陽が同時代に既に薩摩芋を代名詞とする名声を得ていたことは事実である。
  • 近世後期において、九州、四国を中心とした日本の西南地域ではサツマイモの日常食材化が進み、人口増加率も全国平均を大きく上回っている。風害や干害に強く人口支持力の高いサツマイモは、コメの売却で利益を得る藩にとっても都合の良い作物だった。
  • 幕末から明治期には現在もサツマイモで名高い川越赤沢仁兵衛が実験・研究し、まとめた「赤沢式甘藷栽培法」によって収穫量が増加した。

主に塊茎(芋)の部位が利用される。また、も食用にでき、これらは主に炒めものや、佃煮かき揚げなどの天ぷら素材などにして利用される。

栄養価

デンプンが豊富で、エネルギー源として適している。また、ビタミンC食物繊維を多く含み、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特長がある。しかし、タンパク質の割合が低いなどの理由で、サツマイモばかり食べていると、カロリーベースでは身体を支えることができても、栄養失調(特にタンパク質の欠乏)に陥るという欠点も併せ持っている。

単位面積当たりのカロリーベース収量は、コメを上回るが、この地方においてサツマイモがコメに取って代わって主食の座につけなかったのは、コメと比べて保存性に劣るために長距離の運搬にも向かないことなどの理由の他に、栄養面(特にタンパク質)でコメに比べて不利であったことも理由となっている。イポメアマロンなどの生成物には哺乳類の肝臓及びへの毒性があり、肺の重度出血、間質性肺気腫、肺水腫等の症状を引き起こし家畜での中毒死事例が報告されることがある。従って、人の食用及び家畜の飼料としては使用できない。また、この苦味物質は焼酎に加工した場合でも、蒸発して焼酎に移行する。

デンプン

サツマイモからはデンプンを取ることができる。このデンプンは、春雨水飴などの原料となる。また、沖縄県ではサツマイモから取ったデンプンがイムクジ(芋くず)という名前で市販されており、生産量が少なく高価な葛粉の代用品として使われている。家庭でもくず餅ジーマーミ豆腐など料理の凝固、とろみ付けに使用される。

焼酎

サツマイモは焼酎の原料としても利用され、サツマイモを主原料とした焼酎を芋焼酎と言い、主に鹿児島県を中心に製造されている。デンプンを糖化する為の原料としても、米と共に芋が使用される。

鹿児島では江戸時代から芋焼酎が作られており、法律によって自家醸造が禁止されるまでは、広く家庭で作られていた。よって、鹿児島では「味のよい焼酎を煮れる女が立派な主婦」などと言われていた。当時の作り方は、サツマイモを蒸してからで潰し、それに加水して2〜5日放置し、そこに黄麹を加えて攪拌して放置して作ったを、ツブロ式蒸留器で蒸留するというものだった現代においても、環境志向の高まりと将来起こるであろう化石燃料の不足に備えて、研究が進められている。

文化

石焼き芋

石焼き芋屋台は秋から冬にかけての風物詩。「いしやあーきぃいも〜」という特徴のある呼び声や、地域によってはピョーという独特の笛の音を響かせて街を巡る。この笛は芋を焼く窯に取り付けられており、排ガスの圧力で鳴る仕組みになっている。

八里半(はちりはん)

焼き芋(又は蒸し芋)の異称。味が栗(くり=九里)に近く美味しいという意味で八里半。石焼き芋などサツマイモ食品を売る店が看板に用いた。
現在では各地で販売するサツマイモ食品の宣伝文句や商品名に活用されている。愛媛県佐田岬半島地域でも、佐田岬半島の長さが約十三里であることから「栗よりうまい十三里」と言う。同半島は火山灰の混じる土壌でサツマイモの産地でもある。
九里四里うまいを略し、『十三里』でサツマイモ、サツマイモ食品の異称にもなっている。

ねりくり(ねったぼ、からいも餅)

鹿児島県から宮崎県南部で食される、ゆでたと蒸したサツマイモを合わせて作る芋餅の一種。家庭料理としては、正月に余って硬くなったや水餅などを使って作られ、食べる時にはきな粉をまぶして食する。奄美群島では小正月餅花を利用してひっきゃげひっちゃきとする。

かんころ餅(甘古呂餅)

かんころ餅長崎県特産のサツマイモを薄く輪切りにし、湯がいて天日で干し上げもち米と蒸して搗き合わせ、お餅に仕上げたもの。かつてもち米の貴重だった時代にその量を増やすために作られ、冬の間の貴重な保存食でもあった。長崎県の崎戸島大島五島などの島々では今でも各家庭の伝統として伝わっている。

芋掘り

秋、サツマイモの「芋掘り」を観光農園などで体験することができる。サツマイモは収穫しやすく、探り掘りの楽しみもあるうえ、掘った後の調理も比較的簡単であるので、学校行事等で芋掘りを行うことも多い。幼稚園保育所などでは、秋の行事として定着しているところも少なくない。収穫したイモを園庭で焼き芋にして食べる園もある。
芋堀をテーマとする本
  • 『ねずみのいもほり』 ISBN 4-89325-199-6
  • 『さつまのおいも』 ISBN 4-494-00563-0
  • 『おおきなおおきなおいも』 ISBN 4-8340-0360-4

丸十

サツマイモは、日本料理の献立に「丸十(まるじゅう)」と書かれることがある。これは、薩摩藩島津氏の家紋が丸に十字であることが由来だとされている。また、長野県佐久地方の方言では、サツマイモをマルジュウと言う。

芋版(いもばん)

サツマイモなどの芋を輪切りにし、その断面に図や文を彫って印刷する簡易な凸版印刷術。児童教育にも用いられる。

さつまいもの日 - 10月13日

サツマイモのが10月であることと、川越いも(サツマイモの一種)と埼玉県川越市に由来する言葉「九里四里(くりより)うまい十三里」の13里を合わせて、同市の市民グループ『川越いも友の会』が記念日に制定した。

いもづる式

犯罪捜査で一人の容疑者に捜査が及んだのをきっかけに次々と関連する容疑者に捜査が及ぶこと、科学で一つの事実が明らかになったのをきっかけに次々と関連する事実が明らかになることなど、一つのものを端緒にして関連のものに次々にたやすく手が及ぶことを言う。芋が地下茎によってつながっており、一つの芋を掘り出せば残りの芋もつる(地下茎)を頼りにたやすく見つけることができる様子から来た言葉である。
ただし、サツマイモの芋は地下茎ではなく塊根である。塊根のもととなる不定根は地表を這っている茎の葉の付け根から出ている。よってサツマイモを探すのに地下茎をたどる必要はなく、正確にはつるは地上か地表近くにある。地下茎が膨らんで食用の芋となる植物としてはジャガイモが代表的。

芋を引く

芋を収穫するときに後ずさりすることから転じて怯むこと。主として仁侠の世界の人間が使う事が多い。

注釈

関連項目

サツマイモ』に 関連する人気アイテム

農家が教える ジャガイモ・サツマイモつくり

サツマイモ栽培に興味があり購入。 リアルな農家さん目線の話が載っていてとても参考になりました。 写真や図も多く分かりやすいです。

5つ星のうち 5.0勉強になります。

(参考になった人 1/1 人)

サツマイモとジャガイモの作り方が詳しく掲載されています。 必読書です。

5つ星のうち 5.0プロ農家の知恵を学ぶ

(参考になった人 2/2 人)

新米農家なので、この本の記事を栽培の最大の参考書として読みました。 実際に栽培している農家の記事なので、とても納得できる内容でした。 。

電子レンジで超ラクごはん

5つ星のうち 4.0他を参考に

(参考になった人 0/0 人)

ごめんなさい 使ってません 良いことは書いてあるんですが 私には、宝の持ち腐れ

料理初心者なので勉強になりました。 調理法や味付け、レシピのバリエーションもあまりない上、 こういった効果的なレンチンのテクは参考になります。 固定観念ですが、半額弁当やお惣菜を温めるためにしか レンジは使ってなかったので、 「こんな使い方があったのか!」と発見がありました!! 一人暮らし、学生、将来料理が出来ないパートナーから 冷ややかなリアクションをされそうな人にオススメです(^^♪

ジャガイモのきた道―文明・飢饉・戦争

5つ星のうち 4.0じゃがいもの世界旅行

(参考になった人 3/3 人)

本書では、中央アンデス原産のジャガイモが、野生種からいかに栽培化され、アンデス文明に寄与しながら、海と国境を越えて世界中の胃袋を満たすようになったかが俯瞰できる。

アイルランドからアメリカに渡った移民の多くは、ジャガイモの不作による飢饉がきっかけであったことは、予備知識としてあり、さらに大きな伝播の流れを補強するつもりで、本書を読み始めたのだが、それ以上に興味深かったことは、「文明の成立=穀類のおかげ」という図式ができあがっており、いもが文明に寄与してきた歴史と立場が、相対的に低く貶められてきたという、著者の指摘であった。

また日本語で「いもっぽい」というよくないイメージの言葉があるように、世界中で食され栄養価も高いのに、偏見まみれな、かわいそうな食物だということである。しかし、そのようなイメージの一端は、ヨーロッパや日本で戦争や飢饉が起こるたびに見直され、栽培地域と生産量が増加していったという。戦時統制下の日本の食料配給の中身は言わずもがなである。

岩波新書には、バナナと日本人―フィリピン農園と食卓のあいだ (岩波新書)エビと日本人 (岩波新書)などの名著があるが、本書もそれに続く書として注目してよいし、引き続き、身近な食の伝播とその歴史的社会的背景を論じる書を出し続けて欲しいと思う。

5つ星のうち 5.0経緯の説明が秀逸。

(参考になった人 2/2 人)

個人的には、第3章の西洋におけるジャガイモの広がった経緯の話に興味があり読み始めました。そして、それは非常に面白くよく理解できました。ただ、それ以上にアンデスの話が面白かった。穀類ではなくジャガイモがインカ帝国を支えていたという話です。このような話は初めてで驚いたのですが、その経緯を知って納得できました。これまでは、他がそうであったからここもそうだろうという根拠の無い盲信が支配してきたのですが、なぜそうであったのかを考えればそうではない場合も考えられたのですから、思い込みというものは恐ろしいものだと思いました。


さて、本書の著者は植物学から民俗学へ移っただけあり、植物の分類や生態についても詳細で正確です。ですから、ジャガイモが広がった経緯についても、単に文化的あるいは民俗学的な視点のみならず、育種学や疫学的な視点からの指摘もありためになります。全体を通して難解さはないので、世界4位の栽培面積を有する作物について興味があれば読んでみてください。

5つ星のうち 5.0読みやすくて面白い

(参考になった人 1/1 人)

この本はジャガイモの地理的、歴史的な解説本です。
主にジャガイモの原産地であるアンデスに注目が置かれ、筆者のフィールドワークや過去の文献などからジャガイモの性質や役割、世界への貢献を解き明かします。
まず第1章ではジャガイモの植物学的な歴史、すなわちどのようにして今の形のジャガイモにまでなったのかについて。
2章ではアンデスの文明とジャガイモについて。
3章ではヨーロッパとジャガイモ。
4章ではヒマラヤのシェルパとジャガイモ。これは現代の文化についての解説が多く、筆者が直接その地に住んで見てきたものです。


5章では日本。
6章は現代版2章。
そして最後に現代の問題とジャガイモの可能性について言及します。

感想としてだが、非常に読みやすくてあっという間に読めてしまいました。
歴史や地理に興味がある人はかなりオススメです。

小学生のまんが語源辞典 新装版

5つ星のうち 5.0マンガで面白い?

(参考になった人 2/2 人)

このシリーズをかれこれ3~4冊購入しています。 子供が気に入って見ているので、つい購入しています。

本当においしく作れる人気店のタイ・ベトナム・インド料理

代表的なエスニック料理が全て掲載されていて、この一冊で満足感いっぱいです。

作ってみたいと思う料理がたくさん載っていたので、即購入しました。 オールカラーの写真入りなので、日本人にはなじみがない料理でも イメージがつかみやすかったです。 一つの国に特化していない分、私のようなエスニック料理全般に興味がある 初心者が最初に購入するのに適した本だと思いました。

サツマイモ』の解説 by はてなキーワード

ヒルガオ科の蔓性の多年草中南米原産の植物。甘藷。薩摩芋。

いもの部分は肥大した根。

サツマイモ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.