コンパクトカメラのまとめ情報

コンパクトカメラ』の解説

コンパクトカメラとは、その名の通りコンパクト(小型)なカメラの総称。フィルムカメラにおいては、一眼レフカメラ二眼レフカメラに対しビューファインダーカメラの通称として用いられることがある。 デジタルカメラにおいては、レンズ交換可能な一眼レフカメラミラーレス一眼カメラレンジファインダーカメラなどに対して、大きさ如何に係らずレンズ交換が不可能なカメラの総称として用いられることが多い。安価な機種から好事家用の高級機まであり、中にはコンパクトと呼ぶには語弊がありそうな形状を持つものもある。

レンズ

概ねレンズは、扱いやすく被写界深度が比較的深めの画角(30 - 50mm程)である広角標準レンズが作りつけになっており、ほとんどのモデルは交換できない。後に多くのモデルがズームレンズを搭載するようになり、画角の範囲も拡大していく。

ピント合わせの種類

採用されている焦点(ピント)合わせは固定焦点目視ピントゾーンフォーカスレンジファインダーオートフォーカスなどに分かれる。

製造コストの観点から、低価格なカメラ(レンズ付きフィルムなど)には固定焦点 (パンフォーカス) 、ある程度以上の価格のカメラにはオートフォーカスが採用される傾向がある。

自動撮影の普及

カメラの撮影は、 露出シャッター速度絞り)、焦点の各要素を適切に操作する必要があり、写真に関して専門知識のない人にはハードルが高いとされ、長年にわたって撮影操作を自動化する工夫が重ねられてきた。

1963年4月に小西六写真工業(のちのコニカ、現コニカミノルタ)が、世界初の自動露出カメラ(AEカメラ)「コニカ AutoS」を発売した。シャッター速度と絞りの自動化が実現し、残す自動化対象は焦点操作となった。AEカメラはアメリカで「休日に気軽に持ち出して使えるカメラ」との意味で「vacation cameraヴァケイション・キャメラ」と呼ばれ流行した。

1977年11月30日に、同じく小西六写真工業が世界初のオートフォーカスカメラ「コニカ C35AF」を発売した。ジャストピントの意味から「ジャスピンコニカ」と愛称を付け宣伝し、女性を含む幅広い層に受け容れられた。その愛称から焦点操作の自動化が注目されがちであるが、自動露出機構を搭載したAEカメラでもあり、AE・AFをともに備えることで世界で初めて自動撮影を実現させたカメラである。

ズーム競争と多様化

全自動撮影が当たり前になり、1980年代末期になると、コンパクトカメラにズームレンズが搭載されるようになった。当初は1.5〜2倍程度の倍率であったが、1990年代後半になると望遠側が150mm、200mmといった焦点距離を持つ機種も発売され各メーカーがしのぎを削り合った。望遠側の倍率を伸ばすこともさながら、広角側も拡張することで倍率を高める機種も出現するなど、多様な機種が市場を沸かせた。

高倍率ズームとは逆に、単焦点や低倍率ズームながらも高品位なレンズを搭載するコニカビッグミニシリーズや京セラ/ヤシカTシリーズリコーRシリーズフジTIARAシリーズなども登場するようになる。

APSコンパクトカメラの登場

1996年に登場したAPSカメラはイメージサークルの縮小とフィルム自体の小型化によって、小型モデルを中心に普及が進んだ。中でもキヤノンIXYシリーズは高品位なステンレスの外装と円をモチーフにしたデザイン、35mmフィルムカメラでは実現出来なかったような小型ボディによってヒットした。IXYのデザインと名称はデジタルカメラにも引き継がれ、これもヒットとなった。デジタルカメラの台頭により、APSコンパクトカメラはAPSフィルムの衰退と共に淘汰されていくこととなる。

デジタルカメラにおけるコンパクトカメラ

デジタルカメラにおけるコンパクトカメラの名称はフィルム時代とは異なり、黎明期のレンズ固定式の小型機種でもそれなりの大きさを有していたため、現在でも大きさ如何にかかわらずレンズ固定式のカメラ全般に対し用いられるようになった。レンズ固定式のコンパクトカメラに対して、レンズ交換の可能なカメラは一眼カメラ等の名称で区別される。従って一部の大型のデジタルコンパクトカメラは、小型化が進んだミラーレス一眼カメラなどと体積の面での区分が曖昧になってきている。デジタルカメラにおいては、液晶ファインダーの搭載によって光学ファインダーの必須性は薄れるなどによって、従来のフィルムカメラのような光学面からのコンパクトカメラの区分が難しく、分類基準がレンズの脱着可不可ほどしかないことが理由として挙げられる。

デジタルコンパクトカメラのバリエーションは、フィルムという制約がなくなり、回転式レンズを備えたスイベル式の登場や縦に格納されるレンズ機構など、デザイン上での自由度が増え、フィルム時代にも増して提案されている。また小型モデルにおいては本体の縮小化も一層進み、より手軽に持ち歩く事が可能になった。

高級コンパクトカメラ

最初期はローライ 35シリーズオリンパス XAシリーズ等に代表されるような、小型ではあるが高品位なレンズを搭載し、マニュアル操作である程度の自由がきき、プロカメラマンのサブカメラとなり得るようなカメラが草分けであった。

thumb

1984年に京セラカール・ツァイスゾナーを搭載したコンタックス Tを発売し高級コンパクトカメラと呼ばれるジャンルを築いた。1990年発売の後継T2は高級コンパクトカメラの代表的機種ともいえ、ジャンルを強固なものとした。T2は他メーカーにも大きな影響を与え追随製品が多数出現した。これらのカメラは

  • 高級レンズを搭載
  • 高品位な外装やメカニズム
  • 全自動カメラが全盛期の時代において絞り優先AE、選択可能な複数の測光方式やマニュアルフォーカスなどを搭載

など、各メーカーの技術の粋を小さな筐体に集約したモデルであり、フィルム時代の全盛期および終焉を飾るにふさわしい機種群である。デジタルカメラにおいてもリコー GRデジタルシリーズコンタックス TVSデジタルといった高級コンパクトカメラのコンセプトを受け継いだ機種が存在する。

デジタルカメラにおいても、とくに描写性能を重視した製品は以前からあったが、高級コンパクトとして明確に意識されるようになったのは、2005年10月に登場したリコー GR DIGITALや2007年3月にリリースされたシグマDP1の頃からである。高級コンパクトデジカメの明確な定義はないが、概ね次のようなカメラが相当する。

  • 比較的大型のイメージセンサーを搭載(2014年4月時点では概ね1/1.7型以上)
  • 単焦点レンズまたは広角端の開放F値が概ねF2.0程度よりも明るいこと
  • 高品位な外装や機能を搭載

主な高級コンパクトカメラ

フィルムカメラ

thumb

  • コンタックス TシリーズTVSシリーズ - 高級コンパクトカメラの開拓者というべきシリーズ。T2からはチタン外装を纏った。TVSシリーズはズームレンズを搭載。TixというAPSの高級コンパクトカメラも存在した。
  • ライカ miniluxシリーズCM - miniluxシリーズはT2を追随して企画された。生産は松下電器産業が請け負った。後継ともいえるCMは2003年発売と高級コンパクトカメラでは最後期の製品であったが、2007年に生産が終了した。
  • ニコン 28Ti/38Ti - チタン外装。アナログ指針による撮影情報表示が特徴的。レンズは同社のコンパクトカメラでは唯一ニッコールの銘がつけられている。
  • ミノルタ TC-1 - 発売当時35mmフィルムカメラ世界最小を謳った機種。チタン外装、完全円形絞り等を搭載。搭載されたG-ROKKORはレンズ単体でLマウントにて発売されるほどの性能を誇った。
  • リコー GRシリーズ - G-ROKKORレンズ同様、GRレンズも単体でLマウントにて発売された。グリップ部以外の本体の大部分はパトローネより薄いという形状をしていた。GR1シリーズのボディは堅牢なマグネシウムダイキャスト。

デジタルカメラ

呼称について

1980年代前半までは「バカチョンカメラ」という呼び名が一般に用いられていた。

  • 語源には下記のような説がある。
    1. 英語のフール・プルーフの訳語で、「カメラの使い方を知らなくても、絞りやシャッター速度の調整を気にせず使えるカメラ」つまりプログラムEE(当時の呼称。現在のプログラムAE)つきの、「ばかでもちょんでも使えるカメラ」という意味。
    2. 英語「vacation cameraヴァケイション・キャメラ」を日本語ローマ字表記として読み上げたという説、あるいは英語発音の聴き取り間違い。
    3. F値被写界深度・シャッター速度・ストロボ等の専門知識を要することなく、「バカでも(シャッターを)チョンと押せば撮影できる」の意

1の説について、「『ちょん』が朝鮮人に対する蔑称である『チョン』『チョン公』の事を指している」とされ、「バカチョンカメラ」の呼称は使用が自粛されるようになった(現在「バカチョン」という表現はこの民族差別の理由により日本では「放送禁止用語」となっている。詳述はバカチョンを参照)。しかし、実際の「バカチョン」で使用されている「ちょん」は、つまらない人・取るに足らない人のことを拍子木の音になぞらえた蔑称であり、日本語として古くから使われている。語源的には朝鮮人を蔑む意味は特にない(大辞林 第二版 用例「ばかだの、ちょんだの」参照)。

なお、デジタルコンパクトカメラのことを「コンデジ」と略称することがある(ほかに「パクデジ」「デジコン」など)。

コンパクトカメラ』に 関連する人気アイテム

ユピテル GPS搭載ドライブレコーダー WD300 200万画素 事故時非常用電源搭載 1年保証 常時録画 衝撃録画 ロードサービス無料

1万円前後という比較的リーズナブルな価格帯の中では

GPS内臓、LED信号対応、HDR機能、キャパシタ式非常電源搭載など・・・

基本的に必要だと思われる性能は全て網羅されており、

画素数や画角などに不満が無ければかなりベターな選択肢になると思います。

自分はリアガラスのセンター上部に設置していますが本体が比較的小さい為、

バックミラーで後方を見た際にも邪魔になりにくく良いです。

昼間の画質は良好、夜間も内照式看板などの光源は文字が白く飛びますが、

信号などで停車していれば後方車両のナンバーも読めます。



(リアガラスは純正プライバシーガラスです。)

ただブラケットに若干ガタが有り締め付け固定を行なっても本体が動きます。

その為Gセンサーによる衝撃録画の設定がとてもシビアです。

感度設定を上げると路面ギャップで頻繁に自動録画が行なわれ、

SDカード容量がすぐに足りなくなる為、定期的にフォーマットが必要です。

かと言って感度を下げると衝突録画が上手く働かないので難しいところです。

気になる点は有るもののこの価格帯で必要な性能はほぼ全て揃っています。

ドラレコを選ぶ際にこだわり等が無ければとてもオススメ出来る一品です。

Amazon商品説明には記載有りませんが、メーカーHPをみると夜間撮影には対応していないと明記されてます。対応品は上級モデルの購入が必要です。夜間乗る機会が多い方は上級品の購入をお勧めします。実際使用すると、トラブルが起きやすい、或いはトラブルになりやすい夜間の映像は満足出来るものでは有りません(昼間の映像は綺麗です)。特に相手側対象車両が白やシルバー系の色だと自分の車のライトが反射して車種特定も無理です。ただしGPS機能付き国内メーカー製で1万弱の価格なので、まあ満足です。GPSの電波干渉も有りません。同封の8GのSDカードは容量不足なので32Gを買いました。Amazonの商品説明に関して「夜間記録非対応」であることも明確に記すべきかと。

フロントのドラレコがGPS機能がない為、後方用に買い足ししたが、衝撃録画が嵩むとフォーマットしないといかんので面倒くさくです。 G 設定を反応し難い方にしてる。 ↕︎が反応して困ります。 ので、常時録画で感動↓↓設定してます。 画質ですが、○○テックの101と変わらない気がします。 昼間の画質問題有りません。 ナンバーもしっかり読めます。 夜間は未だ再生してません。

【Ventlax】 GoPro hero5 hero6 対応 3Way 自撮り棒 軽量 ラバーグリップ アングル調整可能

ゴム部の仕上げや、時々ヒンジが緩むこと、ストッパーのバネが作動時に出っ張ってくるなど、節々に安っぽさはありますが、値段を考えるとありかなと思います。 ただ、全体的に太く、無駄に大きく感じますね。 もっとコンパクトな方が私個人の好みにはあっているようです。 万が一のためにつけられるストラップは超頼りないです。

5つ星のうち 2.0安くて、それなり!

(参考になった人 4/4 人)

開いた瞬間に明らかな使用感、ところどころに傷があって新品では無いのかー。 と思いましたが、まあ安いし、使い勝手は問題ないし、返品するまでもないかなー。 と、そのまま使ってます。 綺麗なちゃんとした商品が欲しい人は、正規品を買いましょう!

5つ星のうち 2.0スノボには不向き

(参考になった人 3/3 人)

プラスチックが少し安っぽい質感だが概ね機能は良い。 ただし耐久性には難ありで、GoProのイメージのエクストリームスポーツ用途には向かない。 スノーボードに持って行ったら一回でアームが折れた。 町歩きなどには良かった。

YEMENREN 8GB ボイスレコーダー ICレコーダー 録音機

5つ星のうち 5.0使いやすさ

(参考になった人 0/0 人)

以前こちらで前の型のボイスレコーダーを購入しお気に入りで、打ち合わせ等で使用していた所、上司からそれなに?と聞かれ説明したところ俺も欲しいということで新型の購入しプレゼント。 日本語の説明書も付属している為早速今日使って貰いかなり気に入ってくれた様子。 仕事の話もなんでもそうですが、どうしても抜けてしまったりするので、こういった使いやすく高機能なものは年齢問わず重宝されますね。 社内で流行りそうです。

5つ星のうち 5.0コンパクトで便利

(参考になった人 0/0 人)

今まで仕事上では会議はメモを取っていましたが、長時間のセミナーなどはメモを取るだけで大変でした。 スマホの音声メモで録音していたのですが、さすが限界ありますので、こちらのボイスレコーダーを購入。 注文した翌日に届き、早速使ってみました。 想像以上にコンパクト、ポケットの中でもしっかり音が拾っており、驚きました。 とっても重宝しています。

ボイスレコーダーが必要になったので買いにいこうとしたら 市販のものはすごく高かったのでネットで探してみたところ こちらの商品を購入してみました 値段がすごく安いので少し不安でしたが評価もよかったのでこれに決めました 実際に使ってみましたが操作も簡単で音も問題なく満足してます

HAKUBA 4段三脚 W-312 ブラック エディション 小型 3WAY雲台 アルミ W-312BK【Amazon.co.jp限定】

幼稚園や小学校のイベントの度に二の腕をプルプルさせながら三脚なしでビデオ撮影をしていましたが、試しに買ってみたところ、便利でびっくり。 なぜもっと早く買わなかったのか!! 収納時はかなり小さくなり、収納ケースもあるので持ち運びには困りません。 私はリュックに入れて持ち運んでます。 脚を最長化するとそれなりの高さが出るのも◎。 家庭用の普通のビデオカメラ程度なら重さで角度が勝手に変わってしまうようなこともないし、安定しています。 総じて、コストパフォーマンスに優れた良品だと思います。

5つ星のうち 1.0値段相応

(参考になった人 0/0 人)

軽さ、コンパクト感は悪くありませんが星1です。 ・一眼の重さで雲台が傾く。 また前後左右それぞれ片側にしか傾けられないので非常に不便。 ・脚を伸ばすと関節がグラグラする。 ・プラ部分がとにかく安っぽい。 (縁日で手に入るエアガンの様なチープ感) 値段相応と言えばそうかもしれませんが、安物買いの銭失いにならぬ様お気をつけください。

5つ星のうち 5.0しっかりしている

(参考になった人 0/0 人)

ソニーCX-680で使用しています。 カメラやビデオカメラ素人なので、三脚はこれが初めてですが、使いやすいです。 大人の男性なら、重さは気にならないと思います。 家で誕生会の撮影や、幼稚園の運動会程度の私には十分な品です。 ただ、三脚に慣れていないので、ネジが多すぎて、どれを回せばどうなるかが、毎回手探りです。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100 防水 W100BL クールピクス ブルー

5つ星のうち 2.0用途次第かな。

(参考になった人 1/1 人)

水場の撮影用にと思い購入しました。一般的なデジカメはレンズの画角が広角からズームになっていますが、このカメラは標準のみとなっています。操作性は分かりやすく良いです。レンズは決して明るくないので、撮影環境が暗くなってくると画質は落ちます。水中では使ってないのですが、水中の弱い光では画質は期待出来ないだろうと思います。電池の持ちは良いです。普通に撮影した場合の画質はこの値段なら満足です(写真参照)。難点はリゾート用ということでこういうデザインと色にしたのでしょうが、もうちょっと色を何とかしてと思うのと、水中ではよいかもしれませんが、ちょっと濡れるとレンズ前のハウジングに水の膜が出来て写真がぼけてしまいます。

もう少し水をはじくようにしてほしかった。自分的には、水場の撮影用としての用途を満たしてくれていますし、性能的にはコストを考えると満足です。ただ一般的なカメラ性能として星二つにしました。ニコンのカメラとしては、なんだかなあですが、値段を考えたら星は4つです。

5つ星のうち 2.0耐久性なし。

(参考になった人 1/1 人)

三人兄弟の上2人(小学生)に購入。 1番上の子の時も、真ん中の子の時も、1年半くらいで充電が出来なくなりました。 平日は学校や習い事などで使用頻度はあまり高くないものの子どもたちは気に入っていたので残念です。 お値段も安かったので仕方ないかもしれません。 防水で、子どもが扱うには安心でした。 なぜ壊れてしまったのか原因不明なので、末っ子には別のカメラにしようと思っています。

5つ星のうち 5.0満足です

(参考になった人 0/0 人)

ハワイへの旅行のお供に選んでみました 取説もわかりやすく設定はわずか数分 wifi機能付きで撮影した画像を同期して形態やタブレットに遅れるのもいいですね 水中撮影が目的なので超高精度な画素は不要と思いお手頃な価格帯で選定したところこれに行き当たりました

コンパクトカメラ』の解説 by はてなキーワード

35mmおよびAPSフィルムを使った小型カメラの通称。

時代的にはデジタルカメラに移行しているが、『小型カメラ』としての名称はそのままであり、現在もユーザーの需要に応じた形で様々なメーカーから多種多様なコンパクトカメラが製造されている。「レンズ付きフィルム」も、コンパクトカメラの一種と言える。


ムービーカメラ(映画撮影カメラ)用の銀塩フィルム2コマ分相当の約24mm×36mmを使い、ネガを引き伸ばすことを前提として小型化したカメラ「ライカ」がコンパクトカメラの始祖であり、現在は超高級カメラの代名詞であるライカ黎明期には「コンパクトカメラ」と言われることもあった。歴史的には1960年代にフランケ&ハイデッケ社(ローライ社)のヴァースケ博士が中心となって設計した、「ローライ35」が近代コンパクトカメラの一形態と言える。

他には、ミノックス35シリーズやオリンパスペン(ハーフサイズカメラ)シリーズ、コニカビッグミニシリーズなどが有名。ユーザーの多様なニーズに対応する形で多方面での進化を遂げ、1990年代にはCONTAX T2リコーGR1といった外装素材や撮影レンズを贅沢に設計した高級コンパクトカメラや、フィルムフォーマット自体を刷新したAPSサイズカメラなども登場した。

コンパクトカメラ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.