クライアント (コンピュータ)のまとめ情報

クライアント (コンピュータ)』の解説

クライアント()は、クライアント・サーバシステムにおいて、サーバに対してサービスの依頼を行いその提供を受けるような、コンピュータまたはアプリケーションプロセスのことをいう。サーバからサービスを受ける側を指す。

クライアントの例

  1. ネットワーク・クライアント
    1. LANクライアント
    2. ファイルプリンター等の共有サービスを受ける。
  2. TCP/IPクライアント
    1. ウェブ -- ウェブブラウザ
    2. メール -- 電子メールクライアント
    3. NNTP -- ニュースリーダー、cf.ネットニュース
    4. NTP -- 桜時計など
    5. DNSクライアント
    6. Telnetクライアント
    7. DHCPクライアント
  3. シンクライアント(thin client)

コンピュータネットワークにおける位置付け

端末

「端末」(Terminal)とは、末端あるいは末端に有る物を指す言葉である。

中央に有る大型コンピュータを末端に接続した多数の入出力装置から、時分割で共同利用するようになった頃に、この中心的なコンピュータを「ホストコンピュータ」(ホスト)、入出力装置を「端末装置」(端末)と称するようになった。

この中央集中型の端末は、基本的に単純な入出力を行う機能だけを持ち、その他複雑な処理は全てホストコンピュータで行われる。例えば端末からデータ入力を行う場合には、入出力画面の構成、画面上の入力領域の位置や入力桁数などを、必要に応じてホストが端末に指示する。端末ではただ指示された内容に従って入出力画面を表示し、オペレータが入力したデータをホストへ送信するという処理だけが行われる。つまりこの場合の「端末」は、文字通り主となるホスト(主人)に対して従属する物という位置付けである。

クライアント

一方、クライアント・サーバ・システムとは、UNIXのネットワークシステムで誕生した概念である。「クライアント」(Client)とは、依頼人あるいは顧客を指す言葉であり、また「サーバ」(Server)とは、給仕人あるいは奉仕者を指す言葉である。

コンピュータの小型化という潮流により、大型コンピュータより比較的小型のミニコンピュータが登場した。当初UNIXはこのミニコンピュータで動作するオペレーティングシステム(OS)として開発された。

大型コンピュータの付属物でなく、大型コンピュータが次第に小型化する中で登場したUNIXは、それぞれのコンピュータがホストに必要な処理能力を持ち合わせていた。その為、UNIXにおけるネットワークはそれぞれのコンピュータがホストとなり、ホスト同士が接続されたPeer to Peer(P2P)型のネットワークから始まった。

しかし、Peer to Peer型ネットワークはノードの数が増え、通信量が増大すると伝送効率が低下するため、ホスト同士で役割分担をすることになった。この役割分担をする上で、コンピュータ資源を依頼に応じて給仕するホストを「サーバ」、コンピュータ資源の利用を依頼するホストを「クライアント」と称するようになった。またPeer to Peer型ネットワークである為、状況次第でクライアントがサーバへ、サーバがクライアントへと役割が代わる場合も有る。

つまりこの場合の「クライアント」は、文字通り給仕人(サーバ)に対する依頼人(クライアント)という位置付けであり、ホスト/端末間の関係とは主従が逆転あるいは対等な関係へと変化している。

用語の対象

「端末」とは「端末装置」の略称であり同義である。そのため多くの場合は単に「端末」と言った場合は現実に存在する物体を指す。アプリケーションソフトで実現した端末は「仮想端末」と呼ばれ、仮想端末を実現するアプリケーションソフトを「端末エミュレータ」と呼ぶ。

一方「クライアント」や「サーバ」は、ネットワークシステムにおける役割上の名称であり、必ずしも特定の物体を指す物ではない。

それぞれの言葉が互いに別の観点から見た物である為、「クライアント」と「端末」は時として混同され、場合によっては明確な区別ができない場合が有る。

例えば、一般にメールサーバと呼ばれている物は、クライアントとしての機能しか持たない電子メールクライアントに対するサーバという意味であり、メール配送プロトコル上の扱いは、メールソフトかメールサーバかに関わらず、送信側をSMTPクライアント、受信側をSMTPサーバと呼ぶ。これはメールサーバ間のメール配送においては送信側のメールサーバがSMTPクライアントとなり、受信側のメールサーバがSMTPサーバとなる事を意味する。

また、UNIXのウィンドウ・システムであるX Window Systemは、クライアント・サーバ形のシステムであり、画面表示を依頼する側をXクライアント、画面表示装置というコンピュータ資源を提供する側をXサーバと呼ぶ。XクライアントとXサーバを同一のコンピュータ上で稼動させる事が多いが、機能的には必ずしも両者を同一のコンピュータ上で稼動させる必要はない。そのため、Xクライアントとは別のコンピュータでXサーバを稼動させ、Xクライアントが稼動するコンピュータで行った処理結果を、Xサーバが稼動する別のコンピュータの画面上に表示させる事も容易に実現できる。これはパーソナルコンピュータ(PC)にXサーバソフトを導入すると、他のUNIXワークステーション画面をPCのデスクトップ上に表示できる事を意味する。このX Window Systemの機能を応用した、Xサーバとしての機能だけを持つ入出力専用コンピュータを、一般にX端末と呼ぶ。

WWWの機能を利用したWebアプリケーションにおいては、クライアントであるWebブラウザは基本的に入出力機能だけを持ち、複雑な処理は全てWebサーバとその背後に有るアプリケーションサーバで行われる。WebブラウザなどWebアプリケーションを利用する上で必要最小限の機能だけで構成されたクライアントをシンクライアント(Thin Client)と呼ぶが、シンクライアントと端末の機能は非常に近い。

主としてクライアントとしての機能しか持たないコンピュータでは、技術的には異なる両者の概念を含んでクライアント端末と呼ばれる事も多い。

「外来語」言い換え提案

国立国語研究所による「外来語」言い換え提案においては、以下のように定義されている。

『ネットワークでつながったコンピューターで,情報の提供を受ける側のコンピューターを指して「クライアント」ということがあるが,この場合は「端末」「端末機」「利用側のコンピューター」などと言い換えたり説明を付けたりすることができる。』

クライアント』に 関連する人気アイテム

クライアントの信頼を深め 心を開かせる カウンセリングの技術

5つ星のうち 5.0私には良すぎました

(参考になった人 9/9 人)

人それぞれ感じ方はあるかもしれませんが、私は、すごく共感し、感動しました。
心に残る一冊になりましたし、著者の今泉さんに是非会いたい!会ってお話がしたい!と強く思いました。
私は心理カウンセラーを目指す者ではありませんが、仕事でもプライベートでも悩める人に接する機会が多く、相談を受けたりアドバイスをしたりアドバイスを求められることも多く、仕事も子育ても友人関係も、人と人として、心から関われるような人生でありたい、と思い、自身のコミュニケーション能力向上のためにカウンセリングの要素を自分に取り入れたく、「カウンセリングの技術」をキーワードに検索してこの本と出会いました。



この本は、カウンセラーを目指す人に向けて書かれてはいますが、書いてある内容や、著者のメッセージは、カウンセラーを目指す人に限らず、全ての人に読んでほしいと思える本です。

本当に心を打たれました。
これから読む人のネタバレになるといけないので、一番心を打たれた一言はあえてここには書きませんが、最後の章の一言は、共感と感動で、胸が一杯になりました。

カウンセリングを受けたいというよりは、本当にこんな魅力的なメッセージを発信することのできる、著者に会いたい!と思いました。

この本に出会えて良かったです。

これは、カウンセラーならば当然、心理学を勉強したら知っている当然の事が、書かれいる。傾聴、共感、など当然の事が、わかりやすい例題を入れて記載されている。ただ、カウンセラーも人間なので迷いや不安はあるとは思うが、どの職業にも経験が必要で机上の空論では歯が立たない。ただ、カウンセラーにとって、1番大切なのは、カウンセラー自身の問題を常に解決しておくべきだと思う。自分に自身のないカウンセラーに話すと突拍子もないブレまくる解答が返ってくる。一貫性を持ち、勉強し続けていかなければならと思う。ただ、カウンセリングを受けている人は、真面目で自分でなんとかしようと思っている人達もいる。この本は、カウンセラーに向けての一冊だが、読書の中には、カウンセリングを受診している人もいる。その人たちが、読むと変な誤解を招くような気がします。なので、中立の☆3

カウンセリングの本を色々読みましたが、ここまでカウンセラーの立場に立って書かれた本は初めてではないかと思います。 カウンセリング手法が分かりやすく書かれています。 何度も読み返しています。 初心者時代の失敗談なども、包み隠さず書かれているのにも好感がもてました。 セッションの実例で、クライアントの隠された本当の感情が明らかにされていくプロセスが丁寧に書かれているのがとても良かったです。 最後のメッセージに込められた著者の熱い思いと志の高さには胸を打たれました。 カウンセラーだけではなく、カウンセリングに興味のある人にも読んで貰いたい一冊です。

謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か

一般論ですが,コンサルティングとカウンセリングの違いは,下記のように定義づけされている場合があります.

          コンサルティング   カウンセリング
関係性      上下関係         対等
声を出すのは  コンサルタント     カウンセラー
必要なもの    成功実績        信頼関係
専門性      極めて高い        高い
       (クライエントニーズ)  (心理学的理論)
回数      計画的(中長期)     複数回
契約       あり           あり(クライエント判断)
                    

本書では,コンサルティングにカウンセリングでいわれている,クライエントとの対等な視線の元,信頼関係を構築して,これまでの上から目線(コンサルタントが上の関係)を改める,これがレベル2と言われる関係だと説いて,推奨しています.

人間関係のレベルを下記の4段階から説明しています.

レベル">5つ星のうち 4.0コンサルティングのカウンセリングのへ融合といえる考え方
(参考になった人 7/9 人)
一般論ですが,コンサルティングとカウンセリングの違いは,下記のように定義づけされている場合があります.           コンサルティング   カウンセリング 関係性      上下関係         対等 声を出すのは  コンサルタント     カウンセラー 必要なもの    成功実績        信頼関係 専門性      極めて高い        高い        (クライエントニーズ)  (心理学的理論) 回数      計画的(中長期)     複数回 契約       あり           あり(クライエント判断)                      本書では…
レビュー全文を読む
一般論ですが,コンサルティングとカウンセリングの違いは,下記のように定義づけされている場合があります.

          コンサルティング   カウンセリング
関係性      上下関係         対等
声を出すのは  コンサルタント     カウンセラー
必要なもの    成功実績        信頼関係
専門性      極めて高い        高い
       (クライエントニーズ)  (心理学的理論)
回数      計画的(中長期)     複数回
契約       あり           あり(クライエント判断)
                    

本書では,コンサルティングにカウンセリングでいわれている,クライエントとの対等な視線の元,信頼関係を構築して,これまでの上から目線(コンサルタントが上の関係)を改める,これがレベル2と言われる関係だと説いて,推奨しています.

人間関係のレベルを下記の4段階から説明しています.

レベル'>

一般論ですが,コンサルティングとカウンセリングの違いは,下記のように定義づけされている場合があります.

コンサルティング カウンセリング
関係性 上下関係 対等
声を出すのは コンサルタント カウンセラー
必要なもの 成功実績 信頼関係
専門性 極めて高い 高い
(クライエントニーズ) (心理学的理論)
回数 計画的(中長期) 複数回
契約 あり あり(クライエント判断)


本書では,コンサルティングにカウンセリングでいわれている,クライエントとの対等な視線の元,信頼関係を構築して,これまでの上から目線(コンサルタントが上の関係)を改める,これがレベル2と言われる関係だと説いて,推奨しています.

一般論ですが,コンサルティングとカウンセリングの違いは,下記のように定義づけされている場合があります.

          コンサルティング   カウンセリング
関係性      上下関係         対等
声を出すのは  コンサルタント     カウンセラー
必要なもの    成功実績        信頼関係
専門性      極めて高い        高い
       (クライエントニーズ)  (心理学的理論)
回数      計画的(中長期)     複数回
契約       あり           あり(クライエント判断)
                    

本書では,コンサルティングにカウンセリングでいわれている,クライエントとの対等な視線の元,信頼関係を構築して,これまでの上から目線(コンサルタントが上の関係)を改める,これがレベル2と言われる関係だと説いて,推奨しています.

人間関係のレベルを下記の4段階から説明しています.

レベル');">[続きを全て表示する]



人間関係のレベルを下記の4段階から説明しています.

レベル -1:ネガティブな敵対関係.囚人や奴隷,異なる文化圏の人,
犯罪者や詐欺師の犠牲になる人など

レベル1:個人的知り合いではないが,相互を同じ人間として扱う関係
礼儀をわきまえたレベルでの会話が成り立つ
医者や弁護士が患者やクライアントに見せるような姿勢
ほどほどの距離を保つ関係性 → 世間的にはこの関係が多い!

レベル2:ほどほどの距離感で,必要な他人ではなく,もっと個人的な話のできる関係
深い信頼が構築され,率直さを見せても壊れない関係

レベル3:深い友情や愛情,親密さをもった関係
→ 恋愛関係や血縁関係に近い?

レベル-1と3は通常のお付き合いでは議論できないので,
レベル1と2の違いを意識すべしと説いています.

レベル2の関係を構築することが,ビジネスでもそうですが,あらゆる人間社会の関係性の根幹であり,コンサルティングにおいてもカウンセリングと同様なクライアントとの真の人間的な関係性を築く上でとても重要だと説いています.シャインは名高い経営学研究者で,素晴らしい業績を残しており,カウンセリングの世界でも 『キャリアアンカー』 が(日本では?)その代表的な代名詞であり,キャリア理論に関するの数多くの業績を構築しています.

そのコンサルタントでもあり,カウンセラーでもある経営学,且つキャリア支援の大家が最終的にたどり着いた結論が

『信頼関係の構築』 が すべての関係性の根幹であり,
従来のコンサルティングへのカウンセリング的視点の融合,
これはロジャーズが提唱する,
共感,受容,自己一致の融合といえるように思いました.

よい関係性は 信頼関係 があってこそ!

良い関係性,信頼関係の構築はカウンセリングの世界では,ある面常識ですが,コンサルティングの世界も意識すべきで,コンサルをする場合の成功要因の一つでもあると説いています.

謙虚なコンサルティングとは,クライエントと信頼関係を構築
→ レベル2の関係性の構築に相当
カウンセリングの基本である,クライエントに語らせるための支援であり,
コンサルタントが解決方法を押し付けるわけではないということです.

コンサルティングも,結局はこの領域に到達したことをある面妥当な成り行きだと理解しています.

シャインは1928年生れ、組織文化やプロセスコンサルティングの大家であり、多くの企業に対してコンサルティングを行うとともに、著書も多い(数種類が邦訳されている)。本書は、長年のプロセスコンサルティングの経験を集大成したもので、理論のエッセンスと多くの事例が紹介されている。本書の内容を要約すると、プロセスコンサルティングを行う姿勢の要諦は「謙虚さ」であり、クライアントへのカウンセリングに限りなく近づく、と言えるのではないだろうか。

「プロセスコンサルティング」は「コンテンツコンサルティング」と対比される。

「コンテンツコンサルティング」とは、コンサルタントとしての専門分野が明確なコンサルティングであり、MBA流コンサルティングを含む世の中の多くのコンサルティングがこの範疇である。一方、「プロセスコンサルティング」とは、解答の明確でない問題でも、段階さえ踏めば必ず解決出来る確信を持ち、クライアントをリードして解決に導くようなコンサルティングである。プロセスコンサルティングにおいては、クライアントの複雑な人間関係を解きほぐし、関係者が一致して、改革にチャレンジする勇気を与えられることが重要である。本書の特徴は、プロセスコンサルティングにおいてコンサルタントとクライアントの人間関係をいかに構築するかについて、著者の経験をまとめたものである。

本書(3章)によれば、人間関係のレベルは次のように分類される。

[レベルマイナス1]ネガティブな敵対関係や相手への不当な扱い(囚人、奴隷、異なる文化圏出身者・高齢者・障害者等に対する差別)
[レベル1]礼儀や取引において互いに認め合ったり、医師や弁護士などの専門職に対する依頼者の関係(ほどほどのビジネスライクな関係)
[レベル2]互いに固有の個人的事情を理解し合った関係(互いに約束を守り、相手をけなさず、嘘をつかず、情報を隠さないことを暗黙のうちに合意しあった関係)
[レベル3]深い友情や愛情に満ちた親密な関係(親子のように、必要とされるときにはいつでも積極的に支援することが当然とされる関係。コンサルタントがクライアントとこのようなレベルの関係を持つことは、支援への障害となる)

本書のユニークな点は、上述のコンサルティングタイプと人間関係レベルに緊密な関係があることを明確にしたことである。つまり、コンテンツコンサルティングは、いわば教師と生徒のようなレベル1の人間関係において成立する。逆に、プロセスコンサルティングはレベル2の人間関係が成立していなければ成立しないのだ。

著者がコンサルタントして活躍する組織文化や組織開発の分野では、クライアントはあまりの問題の複雑さに解決の糸口を見出せていない。一方、コンサルタントは相談があって初めてクライアントの組織内の事情を知る。本書が興味深いのは、「相手に語らせる」、言いかえるとコンサルタントの「謙虚な」聴き方に徹した方法により、クライアントが自ら解決の糸口に気付きそれを施策として実施していくことである。本書の多くの事例で、このクライアントの「気付き」に到達できたケースでは、社内改革がスムーズに実施できて成功した場合が多いという。逆にいくつかの失敗事例では、人間関係のレベルに気付かず、結論を急ぎすぎたケースが多いという。

著者は、レベル2の人間関係構築には、クライアントとの最初の会話から「力になりたいという積極的な気持ち」、「好奇心」、「クライアントへの思いやり」、「相手への共感」を態度で示すことが何より重要だと強調している(結びの言葉)。まさにカウンセリングそのものである。また本書が多くの事例で示した、プロセスコンサルティングの「極意」は、企業や家庭でも十分応用可能であると強調している。同感である。

コンサルティングに要求される二種類の共感力。”クライアントが話している現況や問題について、
好奇心をもって傾聴する共感力”、”クライアントが状況や問題を説明しているまさにそのときに、
クライアントを本当に悩ませている問題が何かを見きわめようとして、好奇心をもって傾聴する共感力”
「従業員はどの程度、仕事に打ち込んでいるのだろと心配に思っています。仕事熱心な風土をつくる
のに力を貸していただけませんか」という質問に対しては、一つめの共感力を使う場合は、具体例を促
して、「仕事に打ち込む」や「風土」という言葉によってクライアントが何を言おうとしているのか探
ることになる。

二つめの共感力を使うなら、「あなたが懸念しているものは何ですか。なぜ、この件が
心配なのか」と尋ねることになる
「表:人間関係における信頼と素直さのレベル」にある、“レベル2:固有の存在として認知する”、
このレベル2を目指す質問として、「もう少し説明していただけますか」「文化調査をしたいのはなぜ
ですか」「あなたのお考えはどのようなものでしょうか」「どういう意味で”文化”とおっしゃっていま
すか」「なぜ私に電話することにしたのですか」などを挙げてくれます。
これらを読んでから、冒頭にあるCase1のこの質問、「具体的にどんなことがあったか話していただけ
ますか」、「それで、あなたはどうしましたか」に戻ると、シャイン氏がなにを考えて質問したかがは
っきりしますし、「関係性が成立するためには、互いの期待に対称性がなければならない(片想いは
「関係」ではない)」という言葉もしっかり読み手に届きます。
管理部の部長ともエンジニアリング部の部長とも一度も話をしないままインタビューを始めてしま
ったという失敗のエピソード。“クライアントは誰なのかも”“どんな問題を解決するかも”“「改善」がなに
を意味するのかさえも把握しないまま”インタビューを開始してしまった。私たちは傲慢にも「改善」
の意味するところを知っていると思っていたのだ、とふり返ってくれます。
『謙虚なコンサルティング』とは、カウンセラー・モードに入ってのコンサルテーションそんな感じ
がします。

ケースは多数載せてくれていますが、私には状況がイメージできないものも多く悩まされましたが、
それを飛ばし読みしても教えてもらうことが多い本でした。

コーチングの基本

自分自身の目標達成のためセルフコーチングをしたくて購入しました。とても役立っています。

以前から「◯◯をしたい、なりたい」という気持ちはあったものの、目標に落とし込めておらず、行動も出来ていませんでした。
この本は、目標達成のためにつまづくポイントへの対処法も具体的に記してあり、どう実行に移していけば良いか明確です。

おかげで、ずっとふんわりしていた「真に達成したい目標」がわかり、そのためにどんな行動を起こせば良いのか、マイルストーンをリストアップできました。



目標設定さえしてしまえば、あとは達成できるまで実行に移していくだけです。
この本にあるつまづきやすいポイントを押さえながら、行動に移していこうと思います。

コーチとは課題解決に向けた適切な質問を与える専門家である。 クライアントはその質問に答えていく過程で、物事がはっきりして、発想が膨らみ、そして行動を起こす意欲が湧いてくる。 したがって、コーチングとは潜在的な目的意識を顕在化させていくプロセスである。 そのために必要なのは、安全地帯である。 安全基地とは、過保護や過干渉とはまったく違い、自主的に挑戦しようとすることを後ろからそっと支えてあげること。 見守ってあげる、見てあげることが最も重要な要素である。 この距離感が難しいなと思いつつも、具体的な事例もあって、使える印象を受けた。

コーチングの基本と題して、コーチが持つべき視点、コーチング・プロセス、具体的技術など各章視点を変えて分かりやすく解説されています。 また実際のコーチング事例を随所に取り上げることで理解が深まり、実際のビジネスシーンでコーチングをどのように行っていけばよいのかをイメージすることができます。 読了前はコーチングに対してよく聞くものの具体的には何を示すのかが分からない印象が強かったですが、読了後は本書のタイトル通りコーチングの基本は理解できたと考えています。 コーチングを学ぶ最初の1冊として読みたい良書です。

税理士必携!顧問先企業の財務データ分析・指導マニュアル

5つ星のうち 1.0おすすめしません

(参考になった人 0/0 人)

役にたたない、 こういう本は過去にもあり、 焼き直しにすぎません

みんなではじめるデザイン批評―目的達成のためのコラボレーション&コミュニケーション改善ガイド

批評とは、問題を解決するものではない。 新しいアイデアを出すためのものでもない。 自身の好みを述べるものでもない。 承認を得るためのものでもない。 デザインをより良くするためのものである。 この本は批評について、する側・される側の心構え、ミーティングの準備・進め方や事例を示す。 基本となる思考の流れは、 目的は何か?→目的に関連している要素はどれか?→その要素は目的を達成するために効果的か?→それはなぜか? デザイナーに限らず読んで欲しい本。

クライアント』の解説 by はてなキーワード

client

クライアントサーバシステムにおいて、ネットワーク上でサービスを提供するサーバコンピュータに対して、サービスを受け取る側のコンピュータのことを言う。通常サーバよりもクライアントの方が数が多い。

クライアント』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.