キーワードのまとめ情報

キーワード』に 関連する人気アイテム

公認心理師基礎用語集──よくわかる国試対策キーワード117

最後のあがきで、購入した。 一見まとまりよく、他の持ち運び便利な対策本よりは、後発なので練られた物だと思った。 しかし読んでもほとんど記憶に留まらない。 せめて赤字で、赤シートで覚えられるようになど、受験対策の用語集であるべきで、その意味で残念である。 用語集ではなくテキストである。 第一回公認心理師国家試験が終わって振り返ってみると、最後の2Wは、これが通勤電車内の友になっていたが、問題の正解に対してほとんど寄与していない。 幸い他のテキストや模擬試験のお陰で、自己採点では安心できている。

5つ星のうち 1.0残念です。

(参考になった人 7/8 人)

試験直前に軽く全体を振り返るのに役立てばと購入しましたが、正しい知識の確認をするには、誤植が目立ち、今は使われていないはずの施設の名前がそのまま書いてあり、混乱するので途中で読むのをやめました。 内容も浅く、大切な要点も落ちているように感じます。 自分が勉強したことと違う部分を見つけるたびに、確認して、ある意味印象に残りましたが、自身の勉強も不十分なので、気づかない部分は信頼できない内容を覚えてしまう不安にかられます。 残念です。

5つ星のうち 3.0勉強の手始めに

(参考になった人 0/0 人)

「こういう言葉がありますよ」といった”用語紹介”という感じで、大学受験の日本史用語集のような、一つずつの用語について細かく説明してあるものではありません。 この本は、第1回公認心理師試験の年に出された対策本の中では、後の方で出版されましたので、私は直前のまとめ用に使いました。 しかしどちらかといえば、勉強の始めに、どんな用語があるのかを知り(あるいは思い出し)、より深い勉強につなげるように使う方が適しているかもしれません。

現代文キーワード読解

まずは評論文の十分な読解に関して、重要と思われる単語が、理解レベルに留まらず、
使用レベルにまで及んで掲載されている点がうれしく思います。
豊富な文例を読んでいるだけで、そのあたりのことは実感されてくると思います。
現代文というのは、普段用いていることばで、各テーマに沿って記述される傾向にあるので、
日常感覚に照らしつつも、とくに評論文で用いられた場合には、ニュアンスがどう異なり、
その結果どんな独特な意味が派生してくるのかを知りたいのです。
因みに、そうした考え方は言語学ではとくにコーパスなどというようで、
専門用語まで含めた各用語が本来担っている守備範囲のような概念です。
その点、本書には小説文の読解語も記載があるので、一定役立つかと思います。
では、ぜひ本書を有効に用いて、読解力を伸ばしていただければ、と思います。

5つ星のうち 4.0上位層向け。

(参考になった人 10/12 人)

用語の網羅性や構成に文句はない。 が、初学者が初めに使うには少し用語の説明が固い。 もう少し噛み砕いた説明を増やしたり、イメージ図を増やしたりした方がよい。 ある程度現代文のできる上位層をターゲットに知識増強用として作られているイメージである。 使用用途としてはある程度現代文の学習が進んだ者が実際の入試問題で扱われた文が70程掲載されているのでそれを精読しながら重要テーマの論点をつかむ訓練をするのがメインで、語句はついでに覚えるというイメージ。 苦手な者は無理に手を出さずに、「入試現代文のアクセス」などを使うとよいだろう。

この本を購入した理由は、河野玄斗さんの本で薦められていたからです。 筆者は科学についてはいろいろ知識を身に付けているので、 明るい分野については必ずしもその通りではないと思いまして、 明るくない言語などの分野についてはいろいろ発見がありました。 あくまで評論を書いている著者らの主張に過ぎません。 学生の頃に本書に出てくるこのようなキーワードを知っていれば 他の人との会話も弾んだだろうなあと思います。 高校生が読むには面白いでしょう。

日経キーワード 2018-2019

機械工学専攻で、最新の経済等を学びたいと思って購入しました。 全くの専門外ですが、この本は本当にわかりやすいです。 様々な分野の話題に対して、コンパクトにまとまった文章で用語についての説明、背景、それが実導入されている分野、将来展望等、1つのキーワードに対してこのような文章と図とで記載されており、ほぼこの本だけで完結できるように書かれています。 本当に読みやすく、300ページを2日で読み終えてしまいました。 何度も読み返すことで、知識の定着が図れると思うので、これからも定期的に読んでいきたいと思います。 オススメです。

資格試験の時事対策用に購入しましたが、読みながら、「へぇ〜」とか「なるほどね〜」と思わず口に出る意味ある一冊でした。 大人になると興味あるニュースは注視しますが、それ以外はテレビで話題になっていても全然頭に入ってこないものです。 でも実は、知ってみると興味あるニュースとつながっていたり、新たな興味が湧いたりと、久しぶりにワクワクさせてくれる一冊でした。

5つ星のうち 5.0詳しい。

(参考になった人 0/0 人)

就職活動(特に公務員試験など)に非常に役に立つと思う。 とても細かく最近の重要時事知識を網羅している。 しかし、図やグラフ、イラストなどはあまりなく、日ごろから新聞を あまり読まない人には難しいかもしれない。 が、それでもこの情報量はすばらしいと思う。 時事知識を求めている方には一読の価値はある。

グロービスMBAキーワード 図解 基本フレームワーク50

5つ星のうち 5.0逆引きにとてもいい

(参考になった人 2/3 人)

細かい知識を得るというよりも、日々の業務の中で大枠を見直す際、 抜けはないかなっという感じでパラパラめくり、アイデアが欲しい時に使っています。 特に日々、こういう施策やってないなとか、 うちのコアコンピタンスは何だろう、、など、 日常で迷ったとき、この本をよく開きます。 クリティカルシンキング、 マーケティング、 リーダーシップ、 会計ファイナンスと ざっくり項目が分かれているのもいいです。 内容は基本の基本だと思います。 1項目2~3ページで3分くらいで読めます。 悩んでるとき、手に取ると思わぬヒントになる感じの本です。

日々たくさん出てくるフレームワークを整理してあるという意味で良い本です。 但し、フレームワークの事例が「アレッ?」と言うことが多いです。 例えば、有名なバリューチェーンを見てみると、 p.69で、「材料仕入れ」、「デザイン開発」、「製造」、「流通」、「販売」、「サービス・メンテナンス」と書いてあります。 多くの製造会社では、デザイン開発をして、どういう部品材料を使うかを決定して、 材料仕入れをするので、違和感を感じました。 嶋田毅さんが書いたらこんな風にならないと思うので、ここは下請けさんが書いたのかな?

フレームワークという言葉は聞いたことがあっても、具体的に何なのかわからない方にオススメです。 50のフレームワークが1つ4ページで紹介されており、平易な言葉かつ具体的な事例も記載されいているため、さくさく読めて非常にわかりやすい。 この一冊を読んでさらに深く知りたい、もっとフレームワークの数を知りたいと思わせてくれる一冊だと思います。

audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x

5つ星のうち 4.0最強コスパモデル

(参考になった人 3/3 人)

店頭での聞き比べでは上級機のM30との聞き分けが出来なかったので当機を購入
折り畳み機構が省略されているだけでドライバーユニット等は共通ではないだろうか
イヤーパッドが大きく耳介がすっぽり収まるので長時間使用でも痛くならない
低価格機であるがモニターの名に恥じないワイドレンジな音を聞かせる
当機を低音が寂しいとコメントしている方が居られる様だが
低域方向の伸びは十分であり低価格機にありがちな
中低音をブーストした子供だましの音ではないので
聞く音楽のジャンルによっては相性が悪いかも知れないww
ただ中高域以上の帯域での解像感はそこそこなので、本格的なモニター用途には厳しい気がする
モニター調の雰囲気を楽しみながらリラックスして音楽に聞き入るのに向いている

箱出し時点での評価です。 視聴したソースは、音楽(無圧縮、圧縮)、ドラマ、映画です。 【良い点】 ・軽い!! ・良くも悪くもモニターの音質。 ・側圧は強くないが、遮音性は普通にある。 ・特性はフラットに近いと思います。 ・柔らかめの音質なので、長時間でも聴き易いと思います。 ・大きな頭(62cm、XLサイズ)でも余裕のサイズでした。 ・ケーブルノイズはほぼ無し。 【悪い点】 ・ソニー系のモニターと比較して若干ですが、明瞭度、音の分離度が若干低い。 ・若干高音側が弱い。 ・ボリューム操作が敏感かも。 ・耳が蒸れる、夏場は辛いかも。 ・若干音が軽い、濃密では無い。

装着しての感想は、まず一番に、個々の音のまとまりがとてもよく、全音域においてバランスのとれた音質、各機器の(ソース)出す音を色付けする事無く原音に忠実、モニターヘッドフォンの名に恥じない性能を有する。 設計は密閉型であるが装着感も悪くない。 価格を考慮するとお買い得な一台。

キーワード』の解説 by はてなキーワード

鍵になる言葉 (Keyword) 、文章中でも特に重要な意味をもつ言葉。

ヒントを探す検索の手掛かりとなり、特定の問題を解く鍵(キー)となる有用な言葉。

つまり曖昧で不特定な抽象表現または、ありふれた日常用語は、通常、有効なキーワードにならない。

キーワード』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.