キンモクセイのまとめ情報

キンモクセイ』の解説

キンモクセイ(金木犀、学名: var. )はモクセイ科モクセイ属常緑小高木樹で、モクセイ(ギンモクセイ)の変種

中国では、正しくは丹桂がこれに当たるが、一般には桂花の名で呼ばれることがある。しかし、桂花は木樨属におけるひとつの名であり、金桂(ウスギモクセイ)、銀桂(ギンモクセイ)などを含む全ての亜種変種品種を総括するものである。

形態・生態

に小さいオレンジ色を無数に咲かせる。雌雄異株であるが、日本では雄株しか入っていないので結実しない。雄しべが2本と不完全な雌しべを持つ。花は芳香を放つ。芳香はギンモクセイよりも強い。香りの主成分はβ-イオノンリナロール、γ-デカラクトン、リナロールオキシド、cis-3-ヘキセノールなど。このうち、γ-デカラクトンなどはモンシロチョウなどへの忌避作用があることが判明している。

ファイル:Kinmokusei01.jpg|キンモクセイの木

分布

中国南部原産で、日本には江戸時代に渡来した。

人間との関わり

主に庭木として観賞用に植えられている。

花冠白ワインに漬けたり(桂花陳酒)、に混ぜて桂花茶と呼ばれる花茶にしたり、蜜煮にして桂花醤と呼ばれる香味料に仕立てたりする。また、桂花蟹粉(芙蓉蟹の別名)、桂花鶏絲蛋、桂花豆腐、桂花火腿などのように、鶏卵の色をキンモクセイの花の色に見立てて名づけられた卵料理は多く、正月用の菓子である桂花年糕のようにキンモクセイの花の砂糖漬けを飾るなど実際にこの花が使われる料理もある。

キンモクセイの花は甘めでしっかりした強い香りであることから、日本において汲み取り式便所が主流で悪臭を発するものが多かった時期には、その近くに植えられることもあった。その要因から、香りがトイレ芳香剤として1970年代初頭から1990年代前半まで主流で利用されていたため、一部年齢層においてはトイレを連想させることがある

秋の季語である。

キンモクセイ』に 関連する人気アイテム

京都限定のオーデコロン「舞妓夢コロン-香水」金木犀-きんもくせい- 京都コスメ

5つ星のうち 5.0微かなカオリ

(参考になった人 1/1 人)

購入してから少し時間はかかりましたが、対応が早くてとてもよかったです。

商品到着して、早速着けてみました。

まず直接匂いを嗅いだ感想としては、スッキリとした印象を感じました。直に嗅ぐと金木犀ぽくないという人ももしかしたらあるかもしれませんが、好みの香りでした。

1.直接肌の場合
手首、耳の後ろに着けてみました。
強く香る印象はなく、ほんのり優しく。でもインパクトはある感じの印象です。肌につけたほうが馴染んで金木犀ぽいです。



2.衣類につけた場合
こちらも優しい香りがしました。肌より強く香る印象ですが、より馴染んでより金木犀のように感じます。(洗濯洗剤にもよるかもしれません。僕はピンクのボールドを使用しております笑)

以上です。

匂いに関してはほぼ満点です。

※想像より量が多かったような?気がします。

5つ星のうち 5.0秋の香りが・・・。

(参考になった人 0/0 人)

可愛らしいボトルですね。 蓋を開けると「秋の香り」が漂います。 芳香剤の匂いと評する方もいらっしゃるようですが 香りに奥行がある気もします。 香りがずっと一定なので、金木犀の香りをずっと楽しむことができるのがいいです。 お値段の割には持続性が高いなー、という感じがしました。 結構もちますね。 ちなみに私はスプレータイプよりもこちらのタイプの方が使いやすいです。 使い切ったらリピートしたい一品です。

5つ星のうち 4.0良い香り

(参考になった人 2/2 人)

前々から気になっていて、購入。 瓶に入っている状態で香りをかぐと、「おっ、金木犀だ」と思ったが、いざ手にとりだしてみると、本物の金木犀よりかなり甘い匂いに感じました。 どちらかというと砂糖菓子というか…あの昔ながらの周りにお砂糖がついた飴玉のような香りに感じました。 けれど、いずれにせよ、良い香りだし、金木犀の香りにも感じられ気に入っているので☆4つにさせてもらいます(^ ^)

旅と小鳥と金木犀 天然日和2

5つ星のうち 5.0ゆりちゃん!

(参考になった人 0/0 人)

ドラマ逃げ恥での石田さんが可愛らしくファンになりました。 本がある事をひとづてに知り今回Amazonで購入。 本を読むことが出来て感激しております。 多忙な毎日を過ごされていることと思いますが、機会を見つけてまたこのような本を書いて下さることをお待ちしております。

天然日和を読み終わってすぐこの本を注文しました。 石田ゆり子さんには特に注目した事なかったのですが、天然日和で大好きになりました。 これ以上続きがない様なので残念。 ほのぼのとした日常をもっと見たかった感じです。

5つ星のうち 5.0エッセイ本

(参考になった人 1/2 人)

石田ゆり子さんが大好きなのを最近また再確認し、過去のエッセイ本を集め中。 前号に続き、読みやすく心がほっこりなる1冊でした。

山に咲く花 増補改訂新版

仕事柄、必要になりました。 近年、植物分類が大きく変わったので、資格試験の際に昔の図鑑や古いネット情報が使えなくなりました。 変更となった分類表がわかりやすく記載されていたり、植物の写真もオールカラーでわかりやすいです。 ただ、逆にオールカラーは、重たいので持ち歩きには不向きです。 仕方ないのですが…。 他のハンディも用意しておかないといけないですね…。 勉強では同社出版の「野に咲く花」も一緒に使っています。 本当に勉強になります。

5つ星のうち 5.0旅の友が…

(参考になった人 6/6 人)

旧版を旅のともにしてました。 新しいのがでて、ショックなような便利になってうれしいような・・・ 写真はところどころ違う程度。 最初のほうに、科ごとの目次がついたため、大変使いやすくなりました!!!! 大場秀章著(2009)「植物分類表」(アボック社) と見比べて学名の読みを探しやすくなりました。

携帯用のポケットブックなのかと思いがちですが立派な図鑑です。 現物を見れば値段にも納得の一品。 ただ、花の知識が全くない初心者が山で見かけた花をこの本で調べようとしても無理ですw まずはこの本を熟読しある程度花の知識を身に着けてから山に行くのがよろしいかと。

野に咲く花 増補改訂新版

野、山、樹木、高山・・・と分類され、使いにくくなりました。 以前はその季節の本を1冊持って歩けば、ほとんどの花の名前は、わかったような気がします。 野、山を持っていますが、山で出会った 「ニワトコ」 は、この2冊には掲載されていません。 高かった本なのに、かなりのガッカリ感です。 花の名前を知らない私が悪いのかもしれませんが・・・

5つ星のうち 5.02001年の旧版から…

(参考になった人 1/4 人)

2001年の旧版を愛読してましたが、迷ったあげく新たにこちらを買いました。 やはり巻頭目次、魅力的です。 自分で科ごとのインデックスつけて使おうとおもいます。 コカモメヅル→コバノカモメヅルになっていてすっきり!! 写真はところどころ違っています。 早く新分類を覚えたいなあ。

2013年に植物表記が大きく変わり、昔の図鑑が使えなくなりました。 なので仕事や資格試験での勉強の際に必要になったので購入しました。 オールカラーで重たいですが、頑張って現地まで持って行ってつかっています。 ハンディタイプの図鑑もいいのがあったらほしいです。

キンモクセイ』の解説 by はてなキーワード

神奈川県相模原出身*1ポピュラーミュージックグループ。

バンド、アーティスト、ミュージシャン。

『二人のアカボシ』で2002年紅白歌合戦出場。

堂島孝平とのセッションユニット「モクキンドウ」も。

佐々木氏が運営するサイトもあり(あくまで個人サイト)

キンモクセイのファンの事をキンモクメイツという。

(元々はキンモクセイに関わる人たち(メンバー含む)を指す言葉)

2008年1月以降活動休止予定。

メンバー:

  • 伊藤俊吾(Vo,Key,G)
  • 佐々木良(Cho,G)
  • 後藤秀人(G)
  • 張替智広 (Dr)
  • 白井雄介(B,Leader)

シングル:

アルバム:

カバーアルバム

DVD:

関連キーワード:

バンド

キンモクセイ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.