ガチの人のまとめ情報

ガチの人』に 関連する人気アイテム

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

現代は「TEAMING」。日本語で「チーミング」のは聞きなれない言葉だ。
「チーミング」が「学習する力」と「実行する力」を兼ね備えたチームつくりの鍵と
著者は主張する。では、「チーミング」とは何か?これが本書の主題だ。
これまでのチームの前提は、物理的に同じ場所に存在する固定的な集団だっ
たが、今日はそうとは限らない。物理的に同じ場所に存在するチーム以上に、
成果を創出するために大切な「信頼関係」が構築しづらくなっている。また、こ
れまでのチームは、リーダーが適切に管理し、質問に答え、指示し、遵守させ
ることが成果につながったが、今後は率直に意見を言う、協働する、試みる、
省察するという行動こそが成果を創出するという。

これらの4つの行動こそが、
「チーミング」を進めるリーダーの鍵であるとの主張は、理解しやすい。
理解のしやすさを、数多くの事例が後押しする。トヨタ、IDEO、チリ鉱山落盤事
故救出チーム、北京五輪会場設計チームなどなど。中でもチリの事例は、日
本では詳説されておらず、新鮮である上に、「チーミング」を理解する好例だ。
「チーミング」とはチームとしての成長を設計することと同義だとみた。そして、
チームとしての成長は、「実行し成果をあげる」これまでのチームとしての側面
のみならず、チームメンバーが学習し合い、成長し合い、新たなものを創出し
ていくという一連のサイクルがもたらすのだと本書は教示してくれる。

5つ星のうち 3.0チーミング

(参考になった人 2/6 人)

人の命を預かる医療現場の事例が一番印象に残っている。
医師の独善的なトップダウンによるオペレーションと、オペチームメンバーの意見を汲み取った協働オペレーションとの比較により、
チーミング効果の説明箇所。

ビジネスにおける個々のメンバーの主体を大切にしながら、意見を聴く環境作り。
チームワーク本のタイトルであるが、チームリーダーの在り方がキーポントとなっているため、
分類としてはマネジメント、リーダーシップ関連のように思ってしまう。

海外が原著の本は総じて実例やデータ提示が多い。

検証結果や経験事例を指し示さないと、考えの根拠が曖昧だと指摘されるからという理由だろう。
その分、冗長になり、ページ数が嵩張る傾向。
かと言ってコンパクトなビジネス書が多い日本の書籍で、エッセンシャル過ぎるものは、腹に落ちない。

320ページぐらいが一番バランス良いように思う。
ちなみにこの本は392ページ。

バランスよく事例と研究を紹介してあり、訳も読みやすい。 失敗から学ぶことがいかに難しいことか、それを継続するために何が必要なのかを教えてくれる本。 医療職なら当然失敗は繰り返さないものだ、という高い職業意識は、ときとして失敗から学ぶことを妨げるもっとも強い動因となりうることがよくわかる。 組織行動論や社会心理学に関心がある学生や研究者に役立つ。 また、インシデントなどの分析に関わる現場の医療職が一読することは、リスクに敏感な人を孤立から守ることにも役立つだろう。

BLEACH―ブリーチ― 73

5つ星のうち 3.0次で最後か・・・

(参考になった人 11/16 人)

次で最後です。 え?と思っている人 そうですね 唐突すぎてえ?と思うかもしれませんが本当に次で最後です
裏で操ってる真のラスボスとか 部下がヒゲの力奪ってラスボスに とか
今まで散々やられてはやられてないを繰り返してきましたが、ここに至って そう言う捻った展開は一切ありません、正真正銘ヒゲがラスボスです。

この漫画当初は本当に面白かったです、 3巻の一護の「やってらんねえぇぇ!!」見たいな
弾けててジャンプの主人公ぽく無いところが結構好きだったんですが、今になってこの人のキャラが分かりません。


(あとルキアがコンに一護との強制KISSさせるイメージが笑いましたw)
長く続く作品は作者も心変わりしたり、癖が出たりといろいろあるのでしょうね、作中の絵は当然ですが 作品自体も大分変わりました。
何というか キャラの台詞が多すぎて、纏まりや構成力の無さをごまかしてるみたいにも感じられます。
数話まるまるグダグダ喋ってて全く話が進まない感もあって、流石に読み飛ばしました。

この作者の話 どの章も最初は凄く面白そうなんですが、
話が進むにつれペースダウンしてきて、ラスト辺りでは完全にガス欠って事が多々ありました。
今更ですが この巻の表紙の阿散井恋次 最初出た時は 一護のライバルみたいな感じでかなり強くて格好良かったんですが、
結局コイツが単独で倒したのって破面の雑魚とクインシー2人だけ何ですね。(死神代行消失篇?そんなもんありません)
後はいつの間にかやられてたり、いつの間にか倒してたり活躍としては今少しな感じでした。
とにもかくにも 物語は大詰め 次巻を待て!

5つ星のうち 1.0しつこい

(参考になった人 0/0 人)

何回倒しても後出しジャンケンで復活するジェラルドに飽き飽きしました。 理屈なんて関係ねぇ!後出しジャンケンが最強!そう聞こえます。 作者は多分これ描いてる時アドレナリン分泌しまくってて最高に楽しいと思いますけど、読んでる方は特に納得できる理由もなく何回も復活されると興醒めします。 ドラゴンボールのセルやフリーザの倒したはずが生きてた展開は当時恐ろしかったシーンですがBLEACHはやりすぎです。 中学生の頃友達が描いてたスーパーインフレ漫画を思い出しました。 倒されるべきタイミングで倒されないと読んでる方は段々とフラストレーションが溜まっていますよ。

5つ星のうち 5.0大好きなあの人が

(参考になった人 1/6 人)

私の可愛いシロウちゃんがまさかこんな事に成っていたなんて!!! 次巻が最終巻とのことで長かった戦もこれが最後かと思うと寂しい限りです。 小学生のころから読んでいるので感慨もひとしお。 最終話はもうジャンプで読んだので(笑) 夫婦になってお互い子供までいるとは…思ったけど、独身の心にはきつかった(私情)。

BLEACH―ブリーチ― 74

5つ星のうち 4.0酷評するほどかな…

(参考になった人 6/16 人)

前半のハッシュバルト対雨竜ですが、陛下に見出され自分の運命に追われるまま自分か友かの“選択”もできず陛下を守り友を殺してしまったハッシュバルト、陛下に見出されながら自分か友かの“選択”をし、陛下に友と立ち向かう雨竜といった背景は同じでもとった行動は真逆の二人の対決。2~3話程度で戦闘シーンこそ少ないですが、真逆に位置した二人の描く人間関係がとても表現できていて名バトルに入るのではないかと思います
後半の陛下戦も派手なバトルの中それに伴う名言などいつものブリーチらしい戦闘であり、雨竜が父親と決別した原因も鏃という点で回収、最後に止めを刺した武器が一番初期の残月であることなど、さらに陛下の「お前が見せた夢だと思っていたよ」というセリフも今まで全てのものを道具のように扱ってきた陛下が自分の半身に見せた心情といい印象的な場面が多かったです。


最終巻ということで今までの伏線を回収しなかったことで酷評されていますが、元々ブリーチの魅力は緻密な戦略や伏線などではなく戦いの中での人間関係(一護とグリムジョー、今回の雨竜とハッシュバルトのような)や派手なバトルの中での名言(「俺自身が月牙になること」「未来で折っておいた」など)が魅力でしたので今回はその魅力がたっぷりと詰まっており酷評どころかブリーチの魅力を十分に表現できていた良くできたストーリーなのではないでしょうか?
しかし、今までの敵は主人公サイドのキャラが倒すということが基本でしたが、今回の星十字騎士はほとんどの敵を陛下が吸収して終わりということが多く(バズビーが撃ち抜いたり吉良が斬ったりなど微妙に戦闘の後があるだけに)モヤっとする部分が多かったため星4にしました

5つ星のうち 2.0登場人物多すぎて

(参考になった人 2/4 人)

遅まきながら、映画から漫画一気読みに流れた者です。
おもしろかったし、基本的に嫌いな作品ではないですが、
読み返すことがあるとすれば、感動ではなく確認。
こいつ誰やねん?の確認をしようにも、
同じような場面が多すぎて戻るところがわからない。
これ、一巻からこつこつ買ってる人、すごいと思う。
一巻で全然話すすんでないときあるのに、
よくこのもやもやを持ったまま日々を過ごされたなと。

読み終わった後にすっきりしないのは、
こいつまた裏切るんじゃね?とか、こいつまた生き返るんじゃね?
とか、展開を信用できないからじゃないかと思います。


それに巻の後ろの方が説明が多すぎて、ぜんぜん飲み込めない。
全てが定め、という割には、辻褄合わな過ぎな気が。
途中参加組なので、エンディングに文句はあまりないですが、
恋の要素がゼロだったのに、急に男と女感出されるととまどいますね。
てか、一護が医者になれたのが一番の不思議ですよ。

あと登場人物多いせいで、過去やその後が気になる人が多すぎて。
せっかく魅力的なキャラクターをたくさん産んだのだから、
無理やり一護を主人公にしなくて、それぞれのサイドストーリーメインで
巻をまとめた方が良かったんじゃないですかね。
そういう続編ならまた読みたいかも。
一護のパターンはもうおなかいっぱいです。

連載中リアルタイムで読んでた時期もあり、コミックスで追ってた時期もあり、アニメ版はDVDまとめて借りて最近見ました。
あれ? 変な終わり方してるなと思って、「千年血戦篇」をkindleでやっと読了。アニメじゃ最後までやんなかったのね、と納得。

色々と批判とかあると思いますが、漫画なんだもん面白ければイイの。俺の本棚なんて、全巻揃ってる漫画なんて皆無ですよ。面白かった巻しか買わないから。そういう人もいるんですよ。
面白かったー、あれ、そういえばあの伏線回収してないんじゃ? あの人アレ以降出番無いけど、復活してたよね? とか色々と妄想が捗ります。


自分は後日談的な話が好きなので、あともう1話あればなーとは思いましたが、作者&編集部というプロの方が自信を持って世に出したものですから、拍手を持って迎えたいと思いました。
素晴らしいキャラクターたちに出会えた事が喜びです。久保先生ありがとう。

BLEACH―ブリーチ― 68

5つ星のうち 5.0とりあえず、うん

(参考になった人 3/7 人)

砕蜂が元気そうだったので安心しました。あと雛森とかリサちゃんとか。
僕はもうストーリー云々の前に、キャラが埋もれてないか心配ですわ。
その点、この巻は皆さん万遍なくコマに登場していて良かったですわ。

いや、破面篇の特に28~48巻の頃は本当に酷かった。魅力的なキャラが
埋もれたり、使い方が雑だったり、急に切り捨てられたり本当に酷かった。
そういう頃に比べたら随分マシになったな、と思った。

今のところアイシールド21の取りまきやワンピの取りまきの様な「芸人のガヤ」
的な鬱陶しさはブリーチのキャラには見受けられん。

ただ、それは今の場面が
変わったらどうなるかわからない。それを防ぐにはそれぞれのキャラにそれなり
の着地点を用意することだ。ただそれを藍染が無双した時のように突貫工事で
終わらすのは許さない。いや、許さん。だから俺なりの警鐘もとい期待の念を
込めて星5をつけさして頂きます。

5つ星のうち 4.0ネタバレあり

(参考になった人 4/7 人)

4分の1くらいホモとポテトの過去が書かれています 親が死んでいて、ショタコンおじさんの元で死んだような目をした芋が 友人と過ごし、並に感情も表せる様になり 皮肉な笑みを浮かべながら、冷や汗を流す、なんて場面もあります 優秀な人物ほどカルト教に嵌る、と言うけどそれに近いかもしれません ホモビーは育ちがいい癖にガキのころから粗暴な性格は相変わらずなようですが 肉親には恵まれていたようです ほかの人も書いていますが、進むのが遅いので 折り合いのいいところまで進んだらまとめて買うのがいいかと思います

どうでもいいなら、見なくていいんじゃない? 不満があるほどストレス溜まるんだよ? それをいうなら、某漫画も同じ感じだと思いますけどね 読者が思うベクトルに進むとは、逆に言うとその方がつまらない 文句を言って批評気取りの方は回れ右へ進むことを勧めます。 ネタ切れなら藍染倒した時点で、終了してると思うけど、ここは応援するべきところじゃないかと思います 最後まで何が起こるかわからない感がいい!

BLEACH―ブリーチ― 71

5つ星のうち 1.0もういい…

(参考になった人 13/35 人)

日番谷冬獅郎………もいいいよ どうせ出落ちキャラなんだから今さら出て来ても意味無いって!ルキアの卍解にも勝てないから… 後、特記戦力!!……………弱っ!!!! 親衛隊と1対1出やりあうのかと思ってたら剣八はいきなりセミリタア!! 敵の数と味方の数が合って無いからてきを強くするしかない感じが切ない… 銀城達は?破面達は?出落ち感が半端ねぇ〜 もう最後は、元気玉要員しか使い道無くね!?

5つ星のうち 1.0終わらない漂白

(参考になった人 1/3 人)

お互いが相手にとって都合のいい、わるい能力を持っててそれを ぺらぺらと説明して終わり、ぜんぶこれのループだけ。 すっかりだっさいやぼったいだけの駄作になっちゃったなあ。 ピーク時は「ワンピース」に匹敵する漫画だったとは思えない凋落ぶり。 絵もデフォルメされてすかすか。 そして後日やっぱり打ち切り。

ここしばらくは、あいぜん様が出ていたところを除いて、 面白くないなーと思っていたんですが、この巻の享楽さん周りの演出は素晴らしいです。 追加キャラやセリフなども往時を思い出すくらいの出来上がりにビックリ。 韻の踏み方などもかなり興味深いです。

ガチの人』の解説 by はてなキーワード

ネットイナゴ」に匹敵する、あるいは越えるネット上の人の総称として、id:Prodigal_Son氏が言った言葉(http://d.hatena.ne.jp/Prodigal_Son/20070908/1189190805

ネットイナゴという定義が生まれ徐々に浸透しつつあるようだが、ネットイナゴなんざもう古い。これからはガチの人の時代である。新世紀への躍動ですな。

ガチの人」とは、ネットイナゴカテゴライズに納得できねぇ!とばかりに、はみ出した俺たち特攻野郎ガチチームとしかいいようのない人々である。便宜上「ガチの人」と称している。ネーミングセンスなくてすまんな。

ネットイナゴは、ネタ半分釣り半分というようなハンパな部分も見受けられるが、輝ける特攻野郎ガチチームはそんな生半可ではない。釣り?ネタ?それがなに?といわんばかりのガチンコ勝負である。半笑いしつつも目がマジ。そんな警官の点数稼ぎにはもってこいな人物像が思い浮かんでしまったのは、ついガチムチとのガチ絡みが浮かんでしまったせいだろう。閑話休題

ガチの人』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.