カネボウ化粧品のまとめ情報

カネボウ化粧品』の解説

株式会社カネボウ化粧品(カネボウけしょうひん、)は、日本に本社を持つ化粧品会社。旧カネボウ株式会社から化粧品事業を切り離して2004年平成16年)5月に発足した会社。現在は東京証券取引所1部上場の花王株式会社の完全子会社。

カネボウ化粧品の2004年度の日本国内の化粧品出荷高は181,554百万円(つまりおよそ1816億円)。 シェアに関しては7.9%であり、それは資生堂(1位)、花王(2位)に次ぐものであった 。

沿革

  • 2004年平成16年)
    • 2月 - カネボウ株式会社とメインバンクの三井住友銀行は、カネボウの化粧品事業部門への支援を産業再生機構へ要請。
    • 3月10日 - 産業再生機構が支援を決定。
    • 5月7日 - カネボウの子会社であるカネボウブティックへ化粧品事業が移管され、同時に株式会社カネボウ化粧品へ商号変更。
  • 2006年(平成18年)1月31日 - 花王株式会社の完全子会社に移行。同時に旧カネボウ本体より「カネボウ」の商標権が譲渡された。
  • 2007年(平成19年) - トータルメイクアップブランド「COFFRET D'OR(コフレドール)」発売。高機能エイジングケアシリーズ「DEW SUPERIOR(デュウ スペリア)」誕生
  • 2008年(平成20年) -美白ブランド「BLANCHIR SPERIOR(ブランシール スペリア)」発売
  • 2009年(平成21年)-カネボウトータルビューティアカデミー開校。カネボウコスメティックスロシアLLC設立。スイス・インターラーケンの5ツ星ホテル「ヴィクトリア・ユングフラウ・グランドホテル&スパ」に、「SENSAI SELECT SPA(センサイ・セレクト・スパ)」を開設
  • 2011年(平成23年)5月6日 - 本社を花王株式会社本社内に移転(本店は虎ノ門のまま)。カネボウコスメティックスマレーシアSdn.Bhd.設立。中国で現地生産ブランド「AQUA LUNASH(アクア ルナッシュ)」を発売し、化粧品専門店流通に参入。
  • 2012年(平成24年)-カネボウコスメティックス韓国Ltd.設立
  • 2013年(平成25年)7月 - ロドデノールを用いた美白化粧品群が、使用者に深刻な白斑症状を引き起こすことが発覚し、大規模自主回収という事態になった。
  • 2014年(平成26年)-花王への組織統合(研究・生産)。“頭皮スキンケア”発想のヘアエイジングケアブランド「L’EQUIL(リクイール)」を発売。「DEW」ブランドから新エイジングケアシリーズ「DEW(デュウ)ボーテ」発売。KATEがグローバルでの成長戦略を深耕。
  • 2015年(平成27年)-高価格男性スキンケア市場に参入「LISSAGE MEN(リサージ メン)」発売。「トータルビューティカウンセリング」スタート。花王ミュージアム・カネボウゾーン新設。
  • 2016年(平成28年)-新グローバルブランド「KANEBO」発売。「第1回 KaneboトータルビューティカウンセリングAWARDカウンセリングコンテスト<全国大会>」開催。化粧品事業80周年。

カネボウ化粧品

スキンケア

  • BLANCHIR(ブランシール)- 美白化粧品。※ 自主回収製品
  • Free plus(フリープラス)
  • suisai(スイサイ) ※自主回収製品を含む
  • SHELLY うるり 2013年2月 - 、並行して親会社・花王CMにも出演
  • IKKO うるり 2013年2月 -
  • 本田翼 Lavshuca(ラヴーシュカ)2013年9月 - 、並行して親会社・花王CMにも出演
  • 戸田恵子 COFFRET D'OR Gran 2013年9月 -
  • 宮脇咲良HKT48)2017年2月1日配信、KATE TOKYO「メタルグラマーアイズ」Special Movie 絵画に隠されたヒミツ | Amazing Girl's Sketchに出演
過去
  • 森富雄 EROIKA(エロイカ) 1970 - 1971年
  • COFFRET D'OR(コフレドール)
  • 沢尻エリカ - 2007年12月 - 2009年9月※所属事務所から解雇通告を受け、それと同時にCM契約も終了。
  • 中谷美紀  - 2007年12月 - 2010年10月
  • 常盤貴子 - 2007年12月 - 2010年10月
  • 柴咲コウ - 2007年12月 - 2010年10月
  • 北川景子 - 2007年12月 - 2010年10月 ※2013年6月より再登板
  • ALICE 2010年11月 - 2011年4月
  • 小泉里子 2010年11月 - 2011年4月
  • 有村実樹 2010年11月 - 2011年4月
  • 宮坂絵美里 2010年11月 - 2011年4月
  • TOMMY 2011年5月 - 2011年11月
  • AKEMI 2011年5月 - 2011年11月
  • 平子理沙 2010年11月 - 2012年秋冬製品ポイントメイク部門まで
  • 桜井裕美 2011年5月 - 2011年11月
  • 野沢和香 2011年5月 - 2012年6月
  • SHELLY 2011年12月 - 2012年6月
  • 西尾由佳理 COFFRET D'OR(コフレドール)2012年9月 - 2013年
  • 加藤あい COFFRET D'OR(コフレドール)2014年2月 - 2015年
  • May J. COFFRET D'OR(コフレドール)2014年12月 - 2015年
  • 北川景子 COFFRET D'OR(コフレドール)2007年12月 - 2010年11月、2013年6月 - 2016年2月
T'ESTIMO(テスティモ)
  • 山田優
  • REVUE(レヴュー)
  • 鈴木保奈美 - REVUE、エフィーネ・レヴュー
  • FAIRCREA(フェアクレア)
  • 麻生祐未
  • KATE(ケイト)
  • OLIVIA
  • SALA(サラ)
  • 吉田真希子 SALA(サラ)
  • その他商品出演
  • 酒井法子 Freshel(フレッシェル)
  • 代表的なCMソング

    2004年6月23日に同化粧品のコマーシャル・ソングのみを集めたコンピレーション・アルバムBelle 〜 Kanebo Hit Songs』がソニー・ミュージックダイレクトから発売された。

    提供番組

    現在提供しているもの
    • めざましテレビフジテレビジョン 7時台。2013年3月まではカネボウ化粧品単体で30秒提供していたが、同4月から花王グループの一員として隔日提供するようになった。基本30秒)
    • それ以外は主にスポットCMが中心。
    • 2013年の7月-10月ごろにかけては、「めざましテレビ」で不定期に化粧品の回収を促すお詫びCMを放送、スポットCMも自粛していたが、11月から商品CMを再開している。
    過去提供したもの
    日本テレビ系
  • FANFUN(単独スポンサー)
  • その他

    旧カネボウ時代には、阪神甲子園球場のバックネット裏フェンスとセンターバックスクリーンに、男性化粧品の広告を出していたことで知られる。

    また、同球場でのプロ野球公式戦で、バックスクリーンに入ったホームランには、10万円相当の男性化粧品を贈呈していた。

    白斑症状問題

    カネボウ化粧品美白化粧品回収問題ともいう。

    ロドデノールを使用した化粧品で、「肌がまだらに白くなった」という訴えがあったため、2013年7月4日 に大規模自主回収を行うと発表し、使用者に対し、手元に問題の製品がある場合、使用を中止して送料着払いで送ることを求め、商品代金を返金する、と発表した。7月4日の自主回収発表の時点で把握していたのは症状は39例で、美白化粧品8ブランド、54製品、約103万個を自主回収すると発表したのだった。ところが、7月4日の自主回収発表の後、10万人を超える人たちから問い合わせがあり、そのうち6808人が肌に関する不安を訴え、また「5センチ以上」「に明らかな白斑」などの重い症状を訴えた使用者が2250人にものぼった。7月23日に社長の夏坂真澄が記者会見を行い、経緯の説明とお詫びの言葉を述べた。白斑症状を訴えている使用者が2250人と大きな数となったことについてコメントを記者から求められると、社長は「正直驚いている。(白斑などの症状は、自社製品が原因で起きたものではなく、顧客自身の)病気であるという思い込み、予断があった」と述べた。

    同社長は同年9月に会見を開き「判断が誤っていたと痛感している。発症されたすべての方におわびする」と謝罪した。社長、会長らの役員報酬を9月分から6カ月減額(10%から50%)する処分も合わせて発表した。

    本件が不祥事として取り上げられる要因は、カネボウ化粧品側の最初の被害情報の認知時期が2011年10月頃であり、化粧品利用者の症状と化粧品との因果関係について医師から指摘された時期が2012年10月頃であったことなどから、企業内の情報共有やリスク対応の体制に不備があり、結果的に症状を訴える化粧品利用者への対応も大幅に遅れた点にあると指摘された。

    カネボウ化粧品』に 関連する人気アイテム

    コフレドール パクト用ケース

    5つ星のうち 3.0合わなかった…

    (参考になった人 1/1 人)

    フィット感は良いです。 崩れても汚くならないし。 でも、頬にあったプツプツを塗り直しても隠せないし、むしろプツプツが増えたかも?で、もしかして肌に合ってないのかも?と今は使用中止してます。 合えば崩れにくいしなかなか良いと思います。

    普段はリキッド派で、パウダーは粉っぽくなってしまう肌ですが、 こちらは粉浮きせず、しっとり肌に仕上がってくれます。 真夏でも、崩れません。 テクスチャーは、マキアージュに似ているかな。 ケースも可愛くて、テンション上がります。

    5つ星のうち 3.0クリーム色

    (参考になった人 0/0 人)

    ベースにも大きく依存するとは思いますが、予想以上に白っぽい黄色になります。 わかりやすくいうとクリーム色や、マヨネーズのような色になりました。 もっと濃い色を期待していたんですけど、自分の肌にはあいませんでした。

    カネボウ化粧品』の解説 by はてなキーワード

    カネボウ化粧品部門が2004年5月に分社化して発足した会社。登記上は1975年設立されたカネボウブティック株式会社が旧カネボウ(現在のクラシエホールディングス)から商標権譲渡され、社名変更して発足している。東京都港区虎ノ門に本社がある。

    2006年、花王完全子会社となる。

    カネボウ化粧品』by Google Search

    This page is provided by Matome Project.
    Contact information.