エヴァン・ウィリアムズのまとめ情報

エヴァン・ウィリアムズ』の解説

エヴァン・クラーク・ウィリアムズ(Evan Clark Williams、1972年3月31日 - )はアメリカ合衆国起業家BloggerTwitterMediumなどを創業したシリアルアントレプレナーとして知られる。

少年時代と教育

ウィリアムズはネブラスカ州クラークスの農場に生まれ育った。夏には農作物用の灌漑作業を手伝っていたという。 ネブラスカ大学に1年半通ったのち、キャリアを追求するためにキャンパスを去った。

初期のキャリア

大学を離れた後、ウィリアムズはテキサスダラスオースティン、キーウェストといった地域にあったベンチャー企業でいくつかの技術系の仕事を経験して、しばらくした後またネブラスカの家族が待つ農場に戻ることとなる。1996年に彼は技術系の出版会社で働くためにカリフォルニア州のソノマ郡にあるセバストポールという町に移り住んだが、これがティム・オライリーが設立したオライリーメディアだった。彼は最初はオライリーにマーケティングのポジションで入社したが、後にプログラム・コードを書くフリーランスプログラマーとなり、それが後に彼がインテルヒューレット・パッカードなどとのフリーランス契約を関係をもつきっかけとなった。後にPyraは主要な従業員が去った後も生き残り、2003年2月13日最終的にグーグルに買収されることになる。

ウィリアムズはBloggerを普及させた功績として、HourihanやPaul BauschらといったPyraの元主要メンバーたちと共に2004年のPC Magazineの"People of the Year"に選ばれた。

Odeo

2004年にウィリアムズはグーグルを去り、ポッドキャスト会社であるOdeoを共同設立する。2006年の後半にはまたObvious Corp.という新会社をビズ・ストーンと他の元Odeoの従業員たちと共に立ち上げ、この時Odeoの所有者からOdeoの全ての財産を買い戻している。2007年4月にOdeoはソニック・マウンテンに買収された。

Twitter

Obvious Corp.のプロジェクトの一つがTwitterであった。これは無料のソーシャルネットワーク兼マイクロブログサービスである。Twitterはウィリアムズを共同創設者兼取締役兼投資家として、単体でスピンアウトして2007年4月に新しい法人が設立される。2008年10月、ウィリアムズは取締役会の議長になった前任のジャック・ドーシーの代わりにTwitterのCEOに就任した。この交代については、ドーシーとウィリアムズとの間にあった確執が原因であり、ドーシーはウィリアムズにCEOの座を奪われたと言われている。2009年2月までには、「Compete.com」は自社の統計を基にTwitterを最も利用されているソーシャルネットワークの三番目にランクさせたが、この時の統計値は月間600万人のユニークビジター数と月間5500万人のサイト訪問だったとされる。Twitterは2010年4月14日の時点で世界に105,779,710人の登録ユーザーをもっており、毎日30万人の新規ユーザーを獲得している。ユニークビジター数は今や月間1.8億に達しており、そのトラフィックの75%はTwitter.comの外部からきているとされる。 2010年10月4日、ウィリアムズはCEOの座を降りた。(後任はディック・コストロ

Medium

エヴァン・ウィリアムズとビズ・ストーン(Blogger, Odeo, Twitterの共同創業者)で2012年8月にブログサービス Medium を立ち上げた。

私生活

ウィリアムズは菜食主義者である。

エヴァン・ウィリアムズ』に 関連する人気アイテム

起業家はどこで選択を誤るのか――スタートアップが必ず陥る9つのジレンマ

日本のベンチャー企業となると、どうしてもITがクローズアップされます。業界やトレンド等を鑑みると、メディアも取り上げ易いのでしょうけれども。
さて、本書もITベンチャーの事例がメインに取り上げられています。主にファウンダーのジレンマとなります。なお、結構な数の調査(定量、定性ともに)をされているようですが、本書ではほぼ一人の人物に焦点があてられております。

ジレンマとしては、「ファウンダーの適正」、「起業のタイミング」や「チーム、組織論」などがあげられています。個人的に最も読み応えのあったのは「株式の取り扱い(エクイティ)」のジレンマ。

ファウンダー以外のメンバーへのストックオプションをどう配分するのかは、事業の将来を大きく左右します。第一ラウンドで1億円の資本を獲得しても、40%も株式を握られてしまったら、第二ラウンドの増資が大変厳しくなってしまいます(もちろん、給与体系なども多分に関係してきますが)。若いベンチャー企業は、エクイティに関する情報やノウハウを持っていないケースが多いのでは。急いでおいしいエサに飛びついてしまって、貧乏くじを引いてしまわないようにしたいところです。

その他の書籍ではベタではありますが「起業のファイナンス」も大変参考になるかと。CEOの交代に関しては「GILT」が参考になるかと思います。
タイミングを見計らいつつ、最適な人選を行うことは、なんとも大変なことです。日本のITベンチャーも、そろそろCEO交代が出てきても良いのかなと思ったりする企業もいくつかありますが。。。上場前に交代するケースもちらほら出てくるような気がします。

2章あたりまでは、ためになった。
しかし、それいこうは、同じことを延々と描いたあるだけ。
正直だれる。

でも、2章まではいい。
巷の起業せよという圧力に踊らされるような軽いやつらは、読んだ方がいい。
誰も起業で成功できないということが分かる。
そして、規模を拡大するにつれて、問題点が噴出することもわかるだろう。

とりあえず起業したらいいという、安直な考えを改めようと思うはず。
本は、自分がまだ経験していないことを教えてくれる。


この本を読んで、それを実感した。
ありとあらゆる経験談やデータを載せてくれているのは良い。

これを読んでも起業したいという人間がいれば、変人だと思った。
そこに、かっこたる志があればいいんだろうけど。
志のほかに、いろいろと妨害する要素がたんまりと起業にはつきまとうことが分かった。

いろんな講習会にでたが、この本に書いてあることを述べている人が、誰一人いなかった。
なぜなのか。そこまで、思考していない連中なんだと思った。じゃー講座セミナーとか開くなよといいたい。
まあ、なんにしても起業は簡単ではない。この本をよんで、博打みたいなもんだと実感するだろう。

以上

実務を教えるのは専門学校で、もっと高いものを教えるのが大学というのが日本の教育産業だが、米国ではトップクラスをはじめとして、大学は実務を教えるところである。老舗や事業家の家に代々伝わる教えのような、起業とビジネスに関することが、米国の10年間のデータをもとに、論理的に、そして、体系的にまとめられている。

創業者は、チャンスを追求するために必要な人的資本、社会関係資本、経済的資本を得るために、権力か富かのジレンマの中で出口を求めて邁進する。創業者は得るものが少ないのか、一番得をするのはVCか、創業者に群がる従業員たちか、読者それぞれに感じるものが違うだろう。



ファウンダーの交代ということでは、アップルのスティーブ・ジョブス、サン・マイクロシステムズのビノード・コースラ、シスコシステムズのサンディー・ライナーとレン・ボザックなど、交代が成功したものとして、本書に登場しない事例もある。しかし、創業者が追い出されて失敗した事例も星の数ほどあることは確かだ。

エヴァン・ウィリアムズ』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.