エンターテイメントのまとめ情報

エンターテインメント』の解説

エンターテイメントに関連性が高い単語の解説を表示しています。 エンターテイメントについての情報が含まれているか確認して下さい。

エンターテインメント (entertainment) は、人々を楽しませる娯楽を指す。楽しみ、気分転換、気晴らし、遊び、息抜き、レジャーなどが類語とされる。類義語のアミューズメント (amusement) も、アミューズメント施設など娯楽要素を表す。

表記や発音などについて

表記発音の利便性から「ン」を抜くエンターテイメントや省略形でエンタメなども用いられる。"entertainment"を発音記号から機械的に変換するとエンターテインメントとなるが、英語の発音は"entertainment"の9文字目の“n”が殆ど発音を聞き取れない。書き言葉でエンターテインメント、話し言葉でエンターテイメント、が多用されている。

最も成功したエンターテイナー

ギネスワールドレコーズは「人類史上最も成功したエンターテイナー」としてマイケル・ジャクソンを登録している。

原義の「Entertainment」

特に演者の技能を鑑賞することを主体とした見せ物、出し物、余興などを指す語で、スポーツ・舞台演劇・演奏会・公演などを指す。

エンターテイメント』に 関連する人気アイテム

ATOTO A6デュアルDin AndroidカーナビゲーションA/Vシステム、デュアルBluetooth - A6Y2710SB 1G+16G カーエンターテイメント GPSマルチメディアラジオ。 WiFiまたはBluetooth経由でインターネットを共有する。 256G USB SDをサポート

【A6Y 高等版 17.8cm 2G+32G-PB 左の物理ボタン】

ホンダ モビリオスパイクに純正ナビ外して取り付け。

取り付け時は前のナビをとりあえず外してみて、足りない配線類を買いましょう。

今回買い足したものは、
・エーモン AODEA(オーディア) オーディオハーネス ホンダ・スズキ車用(20P) 2207
・安いバックカメラ
・加工用ギボシセット

付属品流用
・ラジオアンテナソケットだけを付属のハーネスから取り外して利用

だけですんなり付きました、良かった。



更に使いやすくするなら
・入力用RCAコード
・USB延長コード
・音楽入れたUSBメモリ
・ワンセグチューナー等

取り付けてから触ってみると、

液晶が綺麗!
解像度もこれ以上必要と感じないレベルで、どの角度から見ても同じように見ることが出来る。
※偏光サングラスレンズで見ても全く平気!!コレは素晴しい!!
動きも中々のサクサクスムーズ。
アプリも特に制限なく、色々と普通のスマホ通りにインストール出来てホーム画面も思い通り。
USBに入れた音楽データも文字化けもせず読み込み出来ました。
画面保護フィルムが2枚も付いてるのが驚きw

あえてあえて気になる所を言うと、
淵がせりあがっている分、最も使う最下部のボタン類等が押しにくい。
エンジンかけなおした際、消していた音楽が鳴ってしまう。
時々あるが他のアプリの影響か、バックカメラやイルミ連動の反応がたまにしない時がある(物理ボタンは反応しているが液晶のみ)。
重いアプリが重なると初期反応遅い場合も。
とか細かい事はある。

でもこの値段でいたり尽くせりの付属品やら性能、
ネットさえ繋がる地域であれば、国内のバカ高いカーナビを選ぶ理由は見当たりませんね。
オフライン地図ナビアプリ代払っても、最新地図を常に手に入れられるメリットの方が大きく更に安いでしょう。
コンビニなどのフリーWifiもうまく使えればなお良しです。

物理ボタン付きがオススメ!!
曲を進めたり、音量、音のオンオフ、ナビ自体のオンオフが瞬時に可能なのでとても楽に操作出来ますよ。
ただ私のはダイヤルがちょっとグラつくのが勿体無い。
改造で何とかなるかな?

私のモデルでは物理ボタンの色や消灯は設定アプリから色々と設定が出来る、ビックリ。
スマホ以上にちゃんとその辺の調整がしてある。

あとビジネスマンにオススメ。
Gmailやブラウザ等々使えるので、いざという時安心ですね。
オフラインマップも有料アプリで選び放題。

なんたってこの値段、国内メーカー10万円レベルなんて目じゃないね。
音こだわる方は適当なアンプ噛ませましょう、私は気になりませんが。

とにかく遊べる一台、良い。

初期不良で配線を接続しても、画面が起動せず、新し物と交換してもらいました。

自分でナビを取り付けたため、何が原因で、画面が付かないのかわかりませんでした。
ATOTOサポートサービスに接続方法を聞いたりしましたが、原因がわからず、
最終的に、知り合いの車屋に見てもらい、初期不良と判明。

ATOTOサポートサービスから、接続写真と動画等の送付を求められるので、
接続したケーブルの写真、動画等を送ると、すんなり初期不良の交換が行えました。


写真等のやり取りをして、大体一週間位で、交換になりました。
サポートからは、少しあやし日本語と、英語でメールが届いて、やり取りしてました。
最終的に、サポートセンター指定の場所に送付するのに、着払い不可だったので星一つマイナスかな?

本体付属品ですが、
購入用アマゾンの写真には写ってませんが、
A62711PBには、ダイハツ・トヨタ用の接続ハーネスと、
ナビ画面に、フィルムが直接張ってあります。
とりあえず、フィルムがあればいい人は追加購入いらないと思います。
自分は専用のフィルムを買いましたが、張ってあったので買ったものは開封してません。

自分は購入後に気づいたのですが、ATOTO購入画面の下にリンクしてある、ATOTOの付属品の中に、
トヨタ用ワイヤーハーネス(別売り)がありますが、A62711PBには対応してないので、
絶対に使用したらダメだそうです。

ダイハツのムーブに取り付けましたが、取り付けしてあるユーチューバーの人たちが説明してるように、
ナビのサイズが、少し大きいので、取り付けの際に、何かしらの加工が必要です。
自分は、オーディオパネル側を削りました。

期待していたグーグルナビですが、オフラインに対応してるのは、
海外だけらしいので、遠出の時は、テザリング等が必要なのかも?
家から、会社まで、15キロくらいですが、そのくらいなら、オフラインで使えました。

届いたナビは、OSのバージョンが最新で、更新が必要ないと表示されました。
エンジンをかけたら、ラジオが爆音で鳴るとか聞いてましたが、今のところそんなことは無いので、
とりあえず、自分の思い通り使えてます。

なかなかいい製品で気に入って使っていましたが、約2カ月たっと時に次々とアプリが起動し始めおかしくなったのでリセットボタンで起動し直したのですが、スクリーンタッチに反応しなくなり困ってしまい、注文履歴からメーカーにメールすると次の日には返事が来て、マウスを繋げて工場出荷状態のリセットを試してくれとのこと。 マウスを繋ぎ、工場出荷状態にすると直りました。 もちろん、追加したアプリ、各バージョンアップなどすべて元に戻るので再設定し直さなければいけません。 個人的には星5でもいいのですが、これからの製品向上を願い、星4にします。

ヤマノススメ 1

アニメ1期2期と見て3期始まったところで購入 面白く雰囲気がよい漫画です しかし注意が必要なところが数点 まず、絵がそこまでうまくない 勿論下手というわけではないのですがあおいの横顔が結構な頻度で豚になりますw また、キャラクター達(ゆうかを除く)がアニメ二比べて可愛くないですね アニメのキャラデザのが可愛いです また、アニメと少し雰囲気が違います なんと言い表せば良いか分かりませんがなんか雰囲気が違います まあ、絵柄について少しありますがストーリーはアニメと同じなので面白いです 作中には作者によるコラムや写真など入っていてそこも興味深くおすすめです

良い点:登山+女子高生という〇〇+女子高生系の登山版です。 登山にあまり興味が無くても読めます。 残念な点:登場人物の心理的な描写がわかりにくい。 そのため、発言や行動に一貫性が無いように感じる部分が時々あります。 作者さんの表現力の話だと思いますが、本作が初漫画との事ですので、今後良くなっていくのでしょう。

アンリミで読みました。 山登りに興味を持った女の子が、高尾山に登るまでを書いた話。 観光地で整備されていて誰でも(幼稚園児でも)登れるような、高尾山に登るまでを書いた話ですが、そこは漫画家さんの腕でドキドキするような話に仕上げてあります。 女の子の、ふわっとした感じの登山物が楽しみたい人に。 おすすめ。

楽園のカンヴァス

自分は専門家ではないけれどもよく美術館巡りをします。
やはり名画と呼ばれるものにはえもしれないオーラがあって、
自然と引き付けられる何かがあるものです。
それこそ本物のモナリザなどを見たときは一日中見てられるなと本気で思ったくらい。
作中に出てくるMOMAも何度か足を運んだ事があります。
モダンアートは理解の難しいもので、大体はなんだこれで終わってしまうのですが、
強烈な個性のかたまりで、はまればとことんはまります。
なんでこんな絵を描いたんだろう? 描けたんだろう? とか背景を想像してしまう人にとってはこの物語は最高に面白いかと思います。


正直ルソーは実際に見てみて自分にとってはまる人ではなかったのですが、
それでも絵に対する情熱などは共通ですし、文章で分かりやすく説明されている作中で理解できない事はありませんでした。
謎もいい感じのアクセントで、アートと物語の融合が良くできているかと思います。
美術館で何か感じるものがあった人にとっては物語の登場人物に深く共感できるのでオススメの一冊です。

5つ星のうち 5.0西洋美術史を知る

(参考になった人 0/0 人)

久しぶりに良質のミステリー作品を読んだ気がします。
実は、この本を購入した時は「ミステリー」とは、全く思っていませんでした。むしろ、アンリ・ルソーと言う画家の「評伝」に近い小説だと思っていました。
アンリ・ルソー自身については、美術の時間に代表作をちらっと見た程度で、それほどの知識はありませんでした。それだからこそ、「評伝」でも良いから彼の生涯や作品を知りたいと思った訳です。
ところが、読み始めると「夢」と「夢をみた」の類似する作品の真贋についての謎解き打という事が判ってきました。

それからは、一気に読むスピードもあがり、楽しく読むことが出来ました。更に、アンリ・ルソーの作品や彼の情熱、そして彼が近代美術史に与えた大きな影響を知ることになりました。
ついでながら、ピカソとアンリ・ルソーとの関係も初めて知ることになりました。
いろんな意味で、楽しく読めた作品でした。

伝説のコレクター秘蔵のルソー作品を世界最高の研究者二人がその真贋判断を行う・・・というのが大まかなストーリーだが、緻密に計算され
た筋書きは後半になり全てが一本につながって行く。実に小気味よい。また絵画の表現、特に「夢(or夢をみた)」の描写は凄すぎる!湿気の
多い暗いジャングルの空気の濃密さや草花、獣の匂いまでも伝わってくるようだ。まさに酩酊状態。これは取材で得た情報ではなく、著者が実
際に美術館に勤務し体全体で習得した故に他ならない。
ラスト、十数年の時を経て邂逅する男女二人の研究者。春の陽光にも似たエンドロールに思わず涙がにじむ。しばし席を立つのも忘れるほど
の感動にふるえる。

私、能力は平均値でって言ったよね! 8

まぁ、冒険者になるというのが目標だったのかな?だから仕方のないとは思うのだけど、1巻の後半からは基本、依頼を受けてクエストを行って帰ってくるの繰り返しみたいな?
多少の変化はあるけれども大半が同じような感じなので飽きてくるといいますか
キャラたちの目標は何でしょう?その目標に向かって冒険をしているの?読んでてそんな雰囲気を感じられないので、終着点はどんなだろう?と今後に期待する気も起きず。
なので正直前巻で購入はストップしています。(なろうのほうでぽちぽち見てるけど、その内容を見ても購入はちょっとな感じ)
願わくばただだらだらと冒険をする、という内容じゃなく、もう少しドキドキワクワクするような展開を期待したいものです

前巻は今後の期待含めて☆4にしましたが、この巻はこの作品らしい内容でした。 前巻はちょっと不完全燃焼気味でらしさがなかったのですが、今回はまさに赤の誓い(主人公パーティ)らしかったです。 ただし、相変わらず作風もノリも行動もこれまでとあまり変わらず、真新しさには欠けます。 いわゆる、繰り返し芸みたいな雰囲気になってますので、 これまで同様、ハマれる人でないと、取っつきにくいというのも相変わらずです。 このあたりで、作品評価の良否は差がでやすい気はします。 故に、"私には"非常に楽しい内容でした。

筋立てにぽんっと登場人物を放り込んだだけ 筆が速いのは読者としては嬉しいのですが、 Web版を読んだ方には書籍版は薦められません この作者さんは『12歳前後に見える少女を主人公にした三部作』と 『平均、金貨、ポーション』のことをご自分で仰っていますが 手抜きを自慢されているように感じます 上辺は異なっていますが中身は全て同じです 主人公の設定だけ変えて話の筋立ては同じにする あるいは同じになってしまう 道理で筆が速いはずです

「キャラの背景」描き方教室 CLIP STUDIO PAINTで描く! キャラの想いを物語る風景の技術

かなり長文になります。
デジタルアートは独学で4年程かじっていて今まで無料ソフトを使っていたのでデジタルに必要な知識はありましたが、昨年CLIP STUDIO PROを購入したばかりでソフトの使い勝手が一切分からなかったのでこちらの本を購入しました。

この本では8作品をクリスタの使用方法とともに描くときのコツや小技なども交えて徹底的に解説していて、よー清水さんが8作品中6作品を、UGUMEさんと江原康之さんがそれぞれ1作品ずつ担当しているのですが、よー清水さんの絵はどれも表紙のような厚塗りをグリザイユ画法(モノクロで大まかに描きあげてから別レイヤーで着色する方法)を使って制作しているので厚塗りやグリザイユに馴染みのない方は少し取っつきにくいかもしれません。



加えてタイトルの通りこちらはあくまでも背景本です。キャラ描画の説明がないわけではありませんが、キャラクターの描画メインのものをお求めの方や昨日今日デジタルを始めたばかりでキャラクターもまだ満足に描けないデジタル初心者の方には合わないと思います。
クリスタの仕様について知っておく必要はありませんが、あくまでもレイヤークリッピングとは何か、範囲選択とは何に使うのか等々デジタルで絵を描くうえで必ず共通する事柄は最低限知っておく必要があります。

あと、一番最後に詳しく書きますが同じクリスタでもDEBUTはブラシ追加において互換性がないので本書通りの制作は難しいです。あくまでもPRO・EXのための指導書だと思ってください。

私はこちらの本を購入する以前からこの手のイラスト技術書は色々かじっていて既に10冊以上持っていますが説明が簡素的で浅かったり詳しい説明もなしにどんどん先に進んでしまう勇み足な内容でこちらとほぼ同価格のものもありました。

最初は「値段の割にブラシももらえるし」というダメ元での購入でしたが実際に読みながらいろいろ描いてみて、背景を描いたことがない人だけでなくクリスタを使い始めて間もない初心者の目線に立って丁寧に解説してくれているので私のような独学のクリスタ初心者でも理解しやすい内容になっていると思います。

今のところスピードについていけず取り残されたり説明不足で消化不良がといったこともありません。

また、「どのように描くか」だけではなく「どうしてこのように描くのか」という点においても手の込んだ解説がなされていて、他のイラスト本では省略されてしまうような裏技的テクニックや「それが知りたかった!」と思うようなポイント解説にもきちんとページが割かれていてまさに痒いところに手が届く一冊でした。

メインの工程解説においても重要な部分には予めカラーマーカーが引いてあるので活字が苦手な方でも要点を掴みやすい仕様になっていると思います。

さらには全作レイヤーつきのPSDファイルやJPEGファイルをダウンロードして本書で省略されている制作過程を手軽に確認できるので分からないことだらけの知りたがり初心者からしたら学べることが多く大変有難いです。(ただしファイルサイズが大きいのでダウンロードの際はWi-Fi環境推奨です)

個人的にはペンタブの設定やドライバインストールすら一苦労だった極度の機械音痴なのでブラシのダウンロードやクリスタへの追加方法まで丁寧な解説がついていたのは非常に助かりました。

何よりイラスト本を買って特典ブラシをダウンロードできるというのがとにかく素晴らしく、最初は2、3個程度のおまけ特典かと思いましたが何と基本ブラシ9種・消しゴム5種・特殊ブラシ6種・ぼかしブラシ4種の24種類という豪華仕様です。

上記したようにブラシのダウンロードに関しては丁寧な説明があるので機械音痴の方でもDLは簡単にできます。(ブラシはsutファイルなのでDEBUTは追加できません。詳細は一番下へ)

個人的にはデッサンを勉強する際模写から始めるのと同じようにソフトを使っていく際もプロのクリエイターと同じ設定を真似するところから始めるのが一番技術を吸収しやすいのですが、一般的なイラスト本の場合ブラシ設定がちょこっと記載されているだけでその都度著者と同じブラシを何種類も自作するのは正直手間だったのでかなり負担が減りました。

使い勝手に関しては言わずもがな筆圧によって雫の大きさが変わる雨粒ブラシのほか、特にオイルぼかしブラシはシルクを撫でた跡みたくしっとりした質感を残したままぼかせる優れものです。
ちなみによー清水さんが仰っているように最低限特典でもらえるブラシがあればラフから仕上げまでまかなうことができます。

解説内容も然ることながら、これだけ汎用性が高くて万能な特典ブラシももらえて2300円です。
これよりも簡易的な解説で2000円ちょっとのイラスト本が多い中この良心的値段で多機能ブラシまでダウンロードできる本といったらこれぐらいだと思います。

キャラクターがある程度描けて背景に興味を持ち始めた方・クリスタPROを触り始めたばかりで使い勝手がまだ掴みきれていない人はまず参考書感覚で一冊買っておいて間違いはないでしょう。

ただし注意点として他の方が仰っているようにCLIP STUDIO PAINTで~というタイトルですが、クリスタDEBUTでは互換性がないため本特典のsutブラシの追加非対応に加えてパース定規など一部機能が非対応で使用できないにも関わらず概要ページで「CLIP STUDIO PAINT PRO 1.7.3で動作確認済です」と表記されていた以外Amazonの商品ページにもDEBUT非対応の旨はどこにも表記されていませんでした。

まずDEBUT自体マイナーでアウトオブ眼中な扱いを受けやすいですし、ユーザー自身で予め互換性調べてから買えと言われたらそれまでなんですが「CLIP STUDIO PAINTで描く」というタイトルは誤解を招きます。
せめて購入前にパース定規を使用することやブラシファイルがsutだと分かるよう明記しなければ消費者側も回避のしようがありません。

私はPROユーザーなので評価に直接影響はしませんがDEBUT・PRO・EXそれぞれの互換性はきちんと書籍製作者側で確認のうえで明記する必要があるでしょう。内容もブラシも使い勝手がいいだけに残念です。実際にPROを使っている身としてはこれがクリスタ用では一番最強の背景技術書だと思います。ぜひDEBUTユーザーはPROにアップグレードのうえで購入してみてはいかがでしょうか。

============================
著者の絵にさりげなくおりこまれる女性の描き方も気に入っています。
「さりげないものの、雰囲気のある女性の描き方」という著者による続刊が出ましたら買います^^
============================

などと前作のアマゾンレビューに投稿しておきながらこの本の購入が今になったのは「他のイラストレーターの人物絵に背景を描いたもの」と思い込んでいたからで、実際は8作品中6作品が著者によって人物も描かれています。

それを知ったので購入しました。

他の方のレビューで「前作と今作とで内容が同じなので2冊は不要。むしろ情報量で劣る」という意見もあるようですが、わたしはそうは思いませんでした。

①今作は、人物の描き方の説明が濃い。
②今作は、波打ち際など、前作にない表現の説明がある。
③前作はファンタジー背景で、今作は見覚えのある風景中心。

特に③。植物温室「博士の愛した研究室」、農村の田舎道「夕日の帰り道」、凪いだ海の波打ち際「潮風の町」は、ちょっと足をのばせば誰でもみられるだろう現代風景背景画で、これは前作にはないものです。

前作は、10作品でファンタジーの広い範囲をあつかっているためもあり駆け足な感じですが、圧倒的な情報量でした。
今作は8作品と2作少ないですが、ブラシを軸にしたじっくりとした解説でより分かりやすくなった感じです。

どちらも非常に満足度が高く、ぜひ続刊を期待します。

ところで、わたしにはこの2冊ではよくわからない部分がありました。西洋の石造りの建築物の描き方です。

前作の「夕暮れの城下町」「天空の宮殿」、今作の「潮風の街」の背景の城や宮殿はシルエットラフ→彩色の次の段階で急にディティールが増していて、どうしてそうなるのか。がピンときませんでした。

他にも、前作の「草原と青空」の壊れた石造りの風車、「森の遺跡」や「灼熱の廃都」の石造りの建造物などの描き方をもう少し細かく解説してほしく思いました。

このあたり、建築に関する知識の有無もあるんだろうなぁと思いもしますが、続刊ではこの辺りもぜひ織り込んでいただきたく^^;

よー清水さんは、Palmieで動画を一つ公開されています。Photoshopでの作業ですが、作業の考え方は同じだと思います。
新規レイヤーのクリッピングマスク→彩色→複製して各レイヤーに展開などの作業が感覚的にわかります。

https://www.youtube.com/watch?v=jEDab-O7I-g

このような制作過程動画との連動も次の作品ではぜひ。

以下蛇足。以下は本書の評価ではありません。

前作は電子書籍ではなく本を買いました。

こうした大型本をタブレットで読むのはつらいのではと思ったためですが、実際は本は持ち歩くにしても何度も読むにしても、電子書籍に慣れてしまった今ではやっぱりつらいです。

ということで今作は電子書籍を買ったのですが、実はKindleでなくカドカワ系の電子ブックサービスで買いました。
そうせざるを得ませんでした。

私はYogabookユーザーでたがみよしひさの漫画とかKindleで買って読んでますが、漫画は10インチ見開きでいいのですけど、このようなカラー大型本は拡大してじっくり細部をみたいものですよね。

ところが試し読みでみたところ、Yogabook(Windows版)のKindleビュワーでは軽い操作で拡大できないんですよ。。
AmazonのWEBブラウザのビュワーでも同じです。なんか重いし。

一方でカドカワ系のそのサービスのWEBブラウザビュワーで試し読みをしたところ、拡大縮小がダブルクリックでさっとでき、ピンチアウトでもすっと拡大でき、拡大スクロールもややかくつくもスムーズで、ページ送りも特にストレスはありません。

そんなわけでとうとう浮気する羽目になってしまった次第です。初めての浮気です。
浮気性の私が浮気する必要がなくなりように、AmazonさんがWindowsのKindle関連のサービスの向上を頑張っていただければ。

ライトノベルの挿絵やカバーもあちらのほうが断然きれいです。そそられます。このままでは、また浮気してしまいそうです。

アマゾンの営業努力・サービス向上・製品開発(Windows版Kindleビュワーのパフォーマンス向上)を切に希望いたしますm(_ _)m

※たぶんFireHD10だとパフォーマンスに問題はないのでしょうが、パワーが十分とは言えないYogabookユーザーなので。。。

池袋のジュンク堂書店で早期販売購入をしたのでアマゾン購入ではありませんがちゃんと購入してます。

この本は8つのイラストを例にして、厚塗り方式で背景とキャラの描き方を解説してある本です。
1-3章ではパースを使わない背景の描き方。
4-7章は著者のオリジナルブラシ(パースブラシ)とクリスタのパース定規を上手く使って
1点、2点、3点透視図法で描く背景の描き方。
最後の8章で表紙の絵の描き方の解説といった構成です。

自分がこの本をただの背景だけの本じゃないなぁと思ったのはやはり
「立体物を描くには面の理解が重要」という考えを著者の方が大事にされており
面を意識した描き方の解説をしてある所ですね。



全ての物は線ではなく面でできており、面を理解することが画力の上達に必須なのですが
絵画の訓練ならともかく漫画やイラストなどの訓練は線の意識が強くなり
面の意識がなくなりがちなのでこういった事を大切にされている技術書は間違いなく良書だと思います。

この本のレベルを著者の方は「初心者向け」と描いておられましたが背景などの知識は複雑で
全くの初心者には難しく感じてしまうかもしれません。
しかし100%の理解じゃなくてもちゃんとやりこなしたら
間違いなく背景を描ける力と面を意識して絵を描く力はつくと思います。

余談ですが、よー清水先生はプロを目指す人はクリスタだけではなく
PHOTOSHOPも学んだ方が良いといっておられますので
この本を一通りこなした後、もし自分には必要があると感じたら
PHOTOSHOPにも手をだしてみてはいかがでしょうか?

(学生のうちにphotoshopを使えるようにしとこうまとめ)
https://twitter.com/i/moments/851758094963036160

最後に本当にオリジナルブラシは有能。

エンターテイメント』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.