エイプリルフールのまとめ情報

エイプリルフール』の解説

エイプリルフール(April Fools' Day)とは、毎年4月1日にはをついても良いという風習のことである。イギリスではオークアップルデーに倣い、嘘をつける期限を正午までとする風習があるが、それ以外の地域では一日中行われる。

エイプリルフールは、日本語では直訳で「四月馬鹿」(これ以降は嘘の起源と思われる)。

しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。これがエイプリルフールの始まりである。

そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれた。その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、「嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていった。

インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある]]

4月1日には、世界中で新聞の内容のニュース記事を掲載したり、報道番組でジョークニュースを報道したりといったことが広く行われている。インターネットが普及してからは、実用性のない冗談RFCが公開されたり、ウェブサイトではジョークコンテンツを公開するといったことも行われる。

ジョークの規模についても、簡易なものから大きな労力をつぎ込んだものまで存在し、公式サイトにおいては、個人発から大手企業発まである。時に、閲覧者から嘘の情報の内容についての問い合わせが来ることもある(BBCの「ビッグ・ベンデジタル化、およびそれによる時計針のプレゼント」(1980年、2008年)「ペンギンが空を飛ぶ」(2008年)など)。

なお、かつては通信社が配信した嘘記事を、日本の新聞社が本当のニュースとして掲載したことがあった。1995年には「ドイツの哲学者ユルゲン・ハーバーマスが初の小説『山々の彼方に』を出版する」という記事が朝日新聞にニュースとして掲載された。しかし、出典元のフランクフルター・アルゲマイネの記事がエイプリルフールの冗談であったとして、後に記事を撤回した。2005年に日本の東京新聞が掲載した「スマトラ沖地震の余波で沖縄南端に新島が出現」という記事を、韓国京郷新聞がニュースとして掲載するなど、別のメディアが情報元を真に受けてしまった事例もある。

東京新聞の「こちら特報部」は、2001年平成13年)から4月1日に、エイプリルフールの記事を紙面に掲載していると共に、エイプリルフール連動広告を組んでいる。

情報として公開するインパクトが強い日でもあるため、本当の記事や発表も紛れ込ませ、後の日に本当であることを公表し印象付けるケースもある。

中華人民共和国では、新華社2016年4月1日に『エイプリルフール』について「中国の特色ある文化や社会主義の核心的価値に合わない。便乗して参加せず「嘘をつかない、嘘を伝え広げない、嘘に惑わされない」様に新浪微博で呼びかけたが、中国のインターネットユーザーは「国営メディアは毎日が嘘情報」「中国人民は67年間も嘘を付かれ続けてきた」「西洋諸国にとって、エイプリルフールは4月1日が過ぎれば終わりだが、中国では年中エイプリルフールだからな」「冗談も言えないような民族は悲しいものだよ」とブラックジョークとして皮肉り、イギリスガーディアンアメリカ合衆国ニューヨーク・タイムズも「2016年のベストジョーク」として報道した。

2016年アメリカ合衆国大統領選挙で、いわゆる偽ニュース(フェイクニュース)が社会問題化すると、北欧メディアなどでは2017年から伝統となっていたエイプリルフール記事を自粛するようになった。

エイプリルフールを題材にした作品

参照

  • Request for Comments - 毎年エイプリルフールにジョーク的内容を含むRFCが公開される。

脚注

参考文献

  • PHP研究所 『今日は何の日 話のネタ365日』 PHP研究所(PHPハンドブック)、2006年11月9日、ISBN 9784569658049

エイプリルフール』に 関連する人気アイテム

細野晴臣 分福茶釜

ページをめくって最初の言葉が「ぼくはいつもぶれている」というのでやられました。
「ぶれない人」というのは普通ほめ言葉になるのですが、車がまっすぐ進むためには細かく左右にハンドルを動かしているわけで、「中庸」というのは目的ではなく結果なのです。

対談のテーマは八十講あり、どのページもかめばかむほど滋味が出てくるのですが、初期のビートルズのようなローファイな録音の方が、現代の録音よりよほど「空気」を伝えている、今の音楽はそもそも「空気・空間」がない、というのは長年わが国のロック・ポップスの最先端にいた人の意見として大変おもしろいと思いました。

シンセなどの電気楽器をコンピュータに直につないで録音し、加工した音楽を耳の中に入れたイヤホンで聴くというスタイルは、現代ではもっとも当たり前の音楽の聴き方ですが、空間の空気をまったくふるわせていない音楽というのは、やはりかなり不自然なものです。

ワタシ(評者)は東京の下町の出身ですが、この本を読み進めるうちに、なんとなくコドモだった昭和四十年代くらいまでは、身近にこんな話しぶりをするお年寄りがいたなあ、と思わず懐かしくなりました。細野さんは、いわゆる山の手のアメリカナイズされた「新・東京人」とは明らかに別種の、いまや絶滅危惧種となった「旧・東京人:江戸人」なのです。細野さんの言葉にはお釈迦様の教えやネイティブアメリカンの思想などの影響もあるのですが、含羞を伴い、ひらりひらりと身をかわす生き方そのものが、現代では少なくなった本当に粋な「江戸人」そのものです。

夏の夕の縁台や冬の縁側のひなたで、粋なご老人同士がお話しされている、その傍らで耳をそばだてて聞いているような、心地よく滋味あふれる一冊です。

この本は 細野晴臣分福茶釜 単行本 – 2008/6/3 のときに買って読んでいたが、 今回 平凡社ライブラリー版(2011)で買い直し、ちょっとビックリした。 発行日、著者名、発行者名、発行所、DTP などが書いてあるページがあんじゃん、奥付けっての? あのページの後ろに「あとがき」が書いてある。 まったく、粋イキなことしやがるおっさんやで、細野はんは。 内容? オモロイよ、そら。 っていうか昔読んだときの記憶が全く残ってないことに驚いた。 2008年か、、、、地獄だったな、あのころは。

細野さんの世界観、人生観、音楽観があらためて確認できる本。 日本の音楽シーンに多大な影響を与えた細野さん。 巨人と言ってよい存在である。 類い稀な才能の持ち主であるが気取ったところが全くない。 本書を読むと肩肘張って生きる事の愚かさ、虚しさを痛感できると思う。 YMOは細野さんのプロジェクトであったのだが世間一般では必ずしも正しい認識がなされていない。 しかし細野さんはそんな事にも全く無頓着なようだ。 細野さんと幸宏さんは私の生き方、感じ方にも大きな影響を与えてくれた人達である。

胸キュンスカッと 1

5つ星のうち 5.0良いですよ

(参考になった人 0/0 人)

ときめきを感じられる内容でした。 お勧めです 学生時代を思い出しました

5つ星のうち 1.0薄ら寒い

(参考になった人 6/27 人)

もともとスカッとジャパンって悪いやつらを懲らしめてスカッとする番組じゃなかったの? いつの間にか胸キュンが出しゃばり始めてから薄ら寒くて見なくなったわ。 肝心のスカッとの部分も全然スカッとしなくてすごい。 いつもいつも同じパターンでもう飽きたわ。 早く打ち切れよあの糞番組

嫉妬 Hayashi Mariko Coll

5つ星のうち 5.0言葉の…

(参考になった人 1/1 人)

女子プロレスラーと言われた時代。エッセイ時代から直木賞受賞、結婚、迄私が高校の時、かなり熱心に読んでいました。受験地獄時代で、くさくさしていた心をスカッとさせて頂きました。
マスコミのおもちゃみたいになっていましたが、彼女のもろだしの野心、女性特有の意地悪さが流麗な文章で綴られると、引き込まれない人は居ないのではないかと思います。
久しぶりに彼女の文章を読んで、゛変わらないなぁ。ある意味あっぱれ。゛と思いました。
私自身、他人に対して見栄を張るのをばかばかしいと思う方ですし、完全単独行動派なので、林さんに反発を抱くはずなんですが、いや。

やっぱり女なんですね。
どこかに、やっかみ、焦燥、孤独があるのです。
それを、ばーんと、世に出す。
見てよ見て!と。

ある意味男らしい。まだまだ、何だか腑に落ちないと想いつつやーっぱり、好きな魅力的な、作家です。

5つ星のうち 4.0才覚。

(参考になった人 6/8 人)

林さんは、この手のものを書かせたら右に出る者はいないのではないでしょうか。 後2編はわりと近出のよう(?)ですが、「お帰り」はまたまたひやりとさせてくれます。 あとがきの中で、ご本人もおっしゃっているように同じ作家が書いたものとは思えないほど、前編と書きっぷりがまるで違うのだそうだ。 (私は若手の頃の作品も面白く感じたが。 ) 機会あれば、読んでみてはいかがでしょうか。

エイプリルフール』の解説 by はてなキーワード

毎年4月1日は、嘘をついたりつかれたりして楽しもう、というムーブメント

日本で使われるこの呼び方は和製英語で、正確な英語表記は【April Fool's Day】【All fool's day】など。日本ではこの他「四月馬鹿」「万愚節」「愚人節」などと呼ぶこともある。

日本のWebサイト企業サイト含む)では近年、この日に合わせてジョークを掲載する風潮が盛んである。

起源については全くの不明であり、様々な説が存在するがすべて確証はない。

リンク

はてな内

エイプリルフール』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.