ウェブサイトのまとめ情報

ウェブサイト』の解説

ウェブサイト()は、World Wide Web (WWW) 上にあり、一般に特定のドメイン名の下にある複数のウェブページの集まりのこと。サイトと呼ばれることもある。企業などの団体が自身を紹介するため自ら構築したサイトを、その団体の公式サイトなどと呼ぶ。

ホームページと呼ばれることもあるが、この用法は誤用とされる場合もある。また、ウェブサイトのトップページのみをさしてホームページと呼ぶ場合もある。

歴史

1990年代WWWは実験運用の時代にあった。この時代には、WWW提案よりも前の集中型の思想を参考にして、組織の総合的な情報を掲載した、静的コンテンツによるウェブサイトを立ち上げ、手動で管理されるポータルサイトに登録を依頼する例が多かった。しかし、2000年代からロボット型検索エンジンによるウェブサイトの自動登録に移行し、組織が複数のドメインを取得してサービス別にサイトを切り分けるなど、WWWの本来の思想である分散型のシステムに移行して行った。

イギリスのの調査によると、1995年8月にはインターネット上のサイト数は約1万8000件だった。2006年11月2日の時点でサイト数は1億件を突破した。また、インターネット統計サイトのインターネット・ライブ・スタッツのリアルタイム統計では、2014年9月16日に世界のサイト数が10億件を突破した。WWWの考察者とされるティム・バーナーズリーは、ミニブログツイッターでこの様子を喜んでいる。

ウェブサイト構成の例

ここでは美術館の公式サイトを例示する。

  • ホームページ、メインページ、フロントページまたはインデックスページ:そのウェブサイトの「顔」になる部分
  • 概要:画家の紹介や、入場料金と開館時間、美術館の沿革など。
  • 施設案内:施設の平面図、交通アクセスなど。
  • 催し案内:企画展のお知らせなど。
  • 作品紹介:作品のデータベースが公開されていることもある。
  • 電子掲示板:ウェブサイトを閲覧した人が感想などを書けるようにしていることがある。
  • リンク集:関連する外部団体などのリンク集。

管理者を失ったウェブサイトの扱い

個人が製作したウェブサイトやブログなどが、その個人の没後、どのように管理・保存されるべきかという問題がある。この問題を「関心空間」では「ネット守(ネットはかもり)」というキーワードとして登録した。インターネット上の個人の墓標といった、慰霊や追憶といったものとは別物である。あくまで、これは個人が生前活動していたかたちをそのままに残すというものである。

現在まだ日本国内では、直接個人のウェブサイトを本人の没後維持していくサービスのようなものは商品サービス化されていないが、難病で闘病生活をおくって亡くなった個人のウェブサイトを担当医、もしくはボランティアが故人の意図を尊重しつつ管理、維持しているものがいくつか存在する。

こうした動きの中で、例えば山形浩生のサイトにおける『遺言状』や、「まろまろ記」におけるWeb遺書など、管理者自身が急死にそなえて没後の方針をサイト上で意思表明する活動もおこなわれている。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のmixi内でのWeb 遺書コミュニティでも情報交換がおこなわれている。

この問題に対する社会的関心は徐々に高まっており、日本経済新聞2006年4月21日付の夕刊「ホームページよ永遠に」でも取り上げられている。

もっとも管理者が死去する以前に、管理者が自身のウェブサイトの管理・運営に飽きてしまい、途中で放置してしまう事例、若しくはサーバー管理会社が管理システムへのアクセス方法を変更し、管理者が切り替えに対応しなかったために管理不能となった例などは数多くある。大韓民国では2006年に韓国政府情報通信部と韓国情報保護振興院(KISA)(現:韓国インターネット振興院)により、放置されたサイトが悪用されるのを防ぐ為、長い間更新されていないサイトの大掃除が行われた。

ウェブサイト』に 関連する人気アイテム

海外出張/カタログ・ウェブサイト/展示会で 売れる英語

私自身はビジネスから縁遠いのですが、この本を手に取って目を通したら、おもしろかったです。何がおもしろいかというと、

1. ビジネスに必要な会話を簡単な英語で学ぶことができる。
難しい英単語とか文法が必要なわけじゃなくて、中高生レベルの英語で十分通用するけど、いきなり外国人を目の前にしてスラスラとは言えない、そのあたりのツボを押さえてます。

2. 日本とは違うビジネスの常識を学ぶことができる。
日本だったらそういう説明なしで相手と分かり合えたりすることがあるけど、いやいや海外はそういうわけにいかないよ、ということが、結構あるんだなあということがわかります。



3. 英語の背景にある文化の違いを理解することができる。
「希望やお願いを伝える」とか「頻繁に使うべきではない表現」といったチャプターがあって、これはビジネスに限らず、文化の違いを再認識できる内容で、とても興味深いです。

本の帯に「英語は下手でも売り込み上手に!」とある通り、カッコいい英語表現ではなく、泥臭くても仕事(売り込み)で結果を残すために役立つ英語表現を教えてくれる本。TOEIC300でも売れれば勝ち!

Chapter 0の著者のメッセージ(英語の上達をビジネスチャンスは待ってくれない!、相手のニーズに沿った説明をする、頻繁に使うフレーズは丸暗記する、明確に意思表示をする、受け身の交渉は自分と相手のためにならない)は著者の経験に基づくとてもいいアドバイスだと思った。特に、「受け身の交渉は自分だけでなく、相手のためにもならない」ということ。

英語に自信がない、TOEICスコアは低くて恥ずかしいと思っている人でもこの本を読むとちょっとやる気になると思う。

5つ星のうち 1.0詐欺師の書いた本

(参考になった人 0/0 人)

かつてこの本の著者と取引をした者ですが、著者大澤氏はヘビのような男です。 人を人とも思わない、取引先を取引先とも思わない、人間として最低の男、詐欺師です。 自分のことしか考えていません。 こんなヘビ野郎、死ねばいいと思います。 経営されている会社は「マーケティング」を名乗っているだけのただの超零細企業、3流四流企業です。 マーケティング気取り。 弊社はこの企業と取引をしたばかりに大損をしました。 内容も上から目線のことばかり。 こんな奴の書いた本を読むことはお勧めしません。

Fire TV Stick

5つ星のうち 4.0総合的には良い

(参考になった人 0/0 人)

リビングのテレビでhuluを見るために購入しました。
数日使用してわかりましたが、リモコンでの操作しにくいです。
私はFire tvで特定のアプリケーション(hulu)しか使用しないため、毎度起動するたびにアプリを起動するのがめんどくさいです。
自動起動機能が付くと少しは使いやすいと思います。
発熱問題は、使用中に本体付近に近づかないためわかりません。
ですが、他の方のレビューを見る限り温度が上がりそうなのでヒートシンクを購入したいと思います。
最後に一番気になったのが、テレビ側からの給電では使用できないことです。


USB電源アダプタが付属しそこから給電します。
テレビ側のUSBに挿しても電力不足で使えないと表示されます。
テレビ側から給電するためには社外品の物を購入しないといけません。
テレビ側からだけの給電で使用できればテレビ周りをスッキリさせることができると思います。
リビングのテレビを4K対応テレビに買え変えたら新型のを買おうと思います。
色々不満はありますが、結局は画質もよくそこそこ使いやすいのでこの評価を付けさせていただきます。

使用していた2015年モデル(第一世代)から買い換えました。 CPUの性能向上はダイレクトに感じられます。 旧型ではカクついていた動作や重さを感じた操作、全体のレスポンス速度が大幅に向上しており、ストレスフリーでの動画視聴が可能です。 また熱暴走対策を施さなくても、旧型より安定して動作してくれると感じます。 また、回線の安定度も高くなっている、と感じました。 総じて高い性能で安定している、という感想です。 新規購入は勿論、旧型からの乗り換えにもおすすめかと思います。

操作が簡単でスムーズに動画を再生することができました。 ただ最初、音声だけが流れ画面が全く再生されず、電話したところ直ぐに対応してくれました。 電話対応が恐らく中国人でかなり冷たい態度でした。 (笑) リモコンが1週間で全く動かなくなり付属の電池を、新しいものに変えると動きました。 そこに"ちゃっちさ"を感じました。 それ以外は今のところGoodです

Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

5つ星のうち 4.0満足してます。

(参考になった人 0/0 人)

リモコンの反応が悪いと何度も押してしまうので暴走しますが、満足してます。
音声の読み取りも良いです。曖昧でも読み取って貰えました。
曖昧な例として
上川隆也さん(かみかわたかや)を【かみかわたつや】と間違えて言ってしまった事がありますが、その時に検索一覧に[上川隆也]と[上川達也]が出てきました。
そんな曖昧は名前でも、上川隆也さん出演のドラマを観ることができました。
fireTVで観てるオンデマンドは
Amazon video、dTV、U-NEXT、FODとネット経由のYouTubeです。


検索する場合(音声、文字入力の検索)は、Amazon videoとNetflixしか出てこないので他のオンデマンドで観たい場合はそれぞれのオンデマンドに接続してから検索するしかないようです(^_^;)そこが面倒。
文字検索するのに一番面倒なのはU-NEXTです。
入力打ちが携帯打ちになってるので。

ただ、長時間使い続けると動画を早送りや巻き戻しした時に、直後の映像が止まったまま、音声だけが聞き取れる感じになってしまいます。5秒位映像が固まったままになります。
そんな時は1度fireTVの電源を落とす(再起動)してから使うと元に戻り、早送り(または巻き戻し)をした位置からちゃんと観ることができます。

通常のFire stickも所持していますが、4KHDR対応モニターを導入したのでこちらも購入しました。 結果的に4K作品も快適に見れて良かったです。 ただし動作の速さなどは体感的に通常のFire stickと変わりません。 なので単純に4K作品をFire stickで視聴したいという方に向いている製品です。

本来の使い方ではないのですが、余っていたPC用モニタとプロジェクターに接続して使用しています。 これを購入してから地上波TVをほとんど見なくなり、毎日abema TVやdアニメストアを見るようになり、楽しめている。 Amazon Primeには加入していないが、それでも十分有用なデバイスだと思いました。

サンワサプライ USBヘッドセット/ヘッドホン ホワイト MM-HSUSB16W

買って、音声入力のために使っています。 最初はなかなか音声に反応せず、どう設定してよいかわかりませんでした。 マニュアルを見ても分からず、ネットで調べてやっと機能するようになりました。 音声も認識するし、壊れたりもしてないので、まあまあ満足しています。 この価格でこのパフォーマンスならOKではないでしょうか。 最初の設定が分かりやすいと苦労もなく、あと星2つでした。

首にかけての使用なのでマイクの感想のみ。 思った以上にしっかり声を拾ってくれる印象です。 買う前、別のものを使っていたのですがこちらのが断然クリアに聞こえます。 ただ見た目の作りは少し安めに見えます(笑) 使う分には関係ないのでまぁいいでしょう。 それと物によっては横の頭部調整が鈍いのと、音量調整のボタンが押しづらい物もあります。 どちらも問題なく使えますが。

これより高いゲーミング用のヘッドセットを使っていたのですが、スカイプ相手から聞こえないとよく言われて、これに変えたところ何も言われなくなりました。 マイクを口にくっつけたりできて、良いですよ。 レビューにあるようにたしかに耳は痛いですが、力づくで曲げてみたらいい感じになりました。 意外と音質も良くてYouTubeを聞いていると楽しいです。

サンワサプライ ACアダプタ専用電源延長コード 2P 4分岐 TAP-EX4WN

ACアダプタが増えすぎてきて、どうにもコンセントの数が足りなくなったので こちらを購入 たこ足配線になりますが、定格容量を確認し 省電力のACアダプタを接続 コードの長さがばらばらなのがとてもいいですね ACアダプタも大きさがまちまちなので、このバラバラの長さがちょうどいい具合です。 耐久性に関しては使ったばかりなので、なんともいえないので星4ということで PC周りには便利だと思います。

いわゆる普通の「7口タップ」とかでもいいんですが、ACアダプタやらいろんな形状のコンセントやらで いくつか塞がれて使えない場合もあります。 これは4口ではあるんですが、間違いなく接続できるという 点で優れていますね。 ただ、ケーブルが硬くて柔軟性皆無というのだけはいただけない。 これも、しっかり作ってあると考えれば そうなのかなと思える程度です。 安心して使えます!

5つ星のうち 4.0スペースに余裕が!

(参考になった人 0/0 人)

AC電源は場所取りな存在なのですごく便利です。 最初は追加の電源タップを探していましたが、コンセント間の幅広な物はお高めなため、この四つ又の延長コードに決めました。 AC電源専用をうたっているだけあって、使い勝手はいいです。 ただ、本体が延長コードなのに結構重いのとかさばるのとで壁や机の横に這わせるのは難しそうです。

ウェブサイト』の解説 by はてなキーワード

web site。webサイトホームページとも。

インターネット上のサービスのひとつであるWWWWorld Wide Web … ワールド・ワイド・ウェブ)を用いて提供される、一連の情報の集合体

入口である「トップページ」を含む複数の「ウェブページ」の他、画像や音楽などのデータファイルなどによって構築される。ウェブサイト内のウェブページ同士はリンクで連結され、互いに往来できるようになっている。

俗にいう「ホームページ」とウェブサイトは厳密には意味が異なるが、現在ではほぼ同じ意味で用いられている。

また、あるウェブサイトから別のウェブサイトへと次々に移動することを、「ネットサーフィン」と呼ぶ。

ウェブサイト』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.