イラストレーターのまとめ情報

イラストレーター』の解説

thumb

イラストレーター()とは、情報や概念の視覚化図解、娯楽化など、何らかのコミュニケーションを主目的とした絵=イラストレーション(イラスト)を描くことを生業としている人のこと。挿絵表紙絵本広告パッケージポスターなどを主な活動範囲とする。絵師と呼ぶこともある。

__TOC__

概要

注文や要請に的確に応じる必要性のため、イラストレーターには画力やセンスのみならず、対象事物への理解力や専門知識も求められる。このため、科学医療料理ファンタジーファッションなどの専門イラストレーター、工業デザインインフォグラフィックコンセプトアートキャラクターデザインを得意とするイラストレーター、あるいはパステルエアブラシコンピュータグラフィックスを用いるイラストレーターなどのように、細分化された専門分野が存在する。

画家とイラストレーター

絵画漫画などに対する)イラストレーションの定義と同様、イラストレーターの定義にも曖昧さが残る。

画家が自らの創作意欲に基づいて独自の色合いや筆使いで絵画を描き、絵画を販売する職業であるのに対して、イラストレーターは商業的な用途などから目的となる事物やスケジュールを指定されて図絵を描き始める職業である点が異なる。例えば、書籍表紙のために新しく絵を描き下ろす者は大抵イラストレーターと呼ばれる。専業のイラストレーターも多い一方、ポスター商業デザインの分野ではグラフィックデザイナーが、日本の雑誌小説のイラストでは漫画家アニメーターが兼業していることも多い。アルフォンス・ミュシャはその仕事のどの部分を捉えるかにより画家ともグラフィックデザイナーともイラストレーターとも呼ばれる。今日ではイラストレーターも画集を出し、画家も表紙を描いたりするので両者の境界はますます曖昧となってきている。

イラストレーションを描くという意味において漫画家・キャラクターデザイナー・絵本作家挿絵画家・工業デザイナーウェブデザイナーなどとの明確な区分は難しいが、例えば漫画にあっては原作が漫画家独自のものであれば創作意欲や独自性から扱いとしては漫画家になり、発案したキャラクターを用いた商品広告などの場合にはイラストレーターに準じた扱いになって対価も異なる。同様に絵本にあってはストーリーや図絵を一人で行う場合はイラストレーターとは呼ばず絵本作家となり、挿絵画家とは異なる位置付けになる。

イラストレーターはフリーランスが多く、画家と同じく認定資格もなく、1件毎に発注を受けることが多い職種のため、プロの定義も曖昧である。初期のイラストレーターの職業団体としては1902年2月1日アメリカ合衆国で設立され、ハワード・パイルとその弟子のブランデーワイン派のイラストレーターたちが参加したがあり、イラストレーターの地位を向上させた。

などの呼び名もある。

-->

教育

欧米の美術大学ではイラストレーション専門の学科が開設されていることもあるが、日本国内ではイラストレーション科を持つ美術大学は存在せず、デザイン学科の中にコースが設けられている(京都嵯峨芸術大学など)、グラフィックデザインやインダストリアルデザインの専攻科などで学ぶこともできる。一方、専門学校ではイラストレーション科も存在する場合があり、より実践的な内容が教えられている。いずれにしても、そうした機関で教育を受けたからといって仕事が得られるとは限らない。編集者などへの売り込み、個展の開催、コンペティションへの応募、斡旋エージェントへの登録、Webサイトでの宣伝などを通し、自力で仕事を獲得する必要がある。

著作権

イラストレーターと依頼主の間で取り交わされる契約の内訳にも左右されるが、一般的にはイラストレーターの描く図絵の著作権はイラストレーターにあり、使用範囲を限定した使用権を依頼主に与えることが多い。著作権を譲渡する場合でも、氏名表示権などの著作者人格権は譲渡できず、イラストレーターの許に残る。イラストレーターの描いたイラストやキャラクターを盗作から守るために、日本では公表済みのものにあっては文化庁管轄の『著作権登録』、未発表物に対しては行政書士の行う『存在事実証明』により著作権の保護管理下に置くことが可能である。他方で、たとえ依頼主の指示であっても他人の作品の構図トレースなどの著作権侵害を行えばイラストレーターが責任を問われる

参考文献

    158ページ。進路を考える若い人向けのシリーズの1冊。全体の約半分をイラストレーターのインタビュー、残りの半分を志望者向けの職業解説とアドバイスが占める。
    125ページ。打ち合わせの実際やギャランティの相場などにまで踏み込んだ、より実践的なハウツー。
    デザイン志望者向け入門書シリーズの1冊。実用的な側面は薄く、表現としてのイラストレーションを多角的に図説している。

関連項目

イラストレーター』に 関連する人気アイテム

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本

近所の本屋さんでたまたま遭遇。
趣味でちょこちょこイラストを描いたりはするものの、今まで一切関わってこなかった配色の本。なんか無機質でビジネスライクな感じがして、どうもピンとこなかったのです。
・・・が! この本はぱらぱらとめくったとたんに飛びこんでくる可愛い写真、色の名前、配色サンプルイラストの山!
配色タイトル(?)も『お菓子の家』『蘭の香水』『神秘のオーロラ』など可愛くておしゃれ! めちゃめちゃ創作意欲を刺激する!
ということで買っちゃいました人生初の配色本。

ぺらぺらめくって思いつくままにイラスト描き殴ったらもう描けるかける! 購入後に調べたら『色彩 文様』のカテゴリーでランキング一位なのにも納得。
参考に自分の描いたイラストを何枚か・・・

1枚目/手帖購入前に描いたイラスト
2枚目/購入後イラスト。カラーイメージ『ガールズパーティー』(P020~021)
3枚目/購入後イラスト。カラーイメージ『満月の夜』(P174~175)
4枚目/購入後イラスト。カラーイメージ『ハロウィン』(P170~171)
おそまつさまでした・・・;

趣味の延長の中に配色下手の自分にふさわしい本を探しておりました。こちらの本と共に他社の本も同時購入
しておりますが、どちらも魅力的な本でそれぞれに味があります。パッと開いた時に引き込まれる色合いが
勢ぞろいしているのがいいですね。これからの創作活動及びハンドメイド品を作る上で是非とも参考にして
いきたいと思います。因みにもう一つの本の方は「配色デザイン インスピレーションブック」です。
イラストの勉強もしたいと思っていたので、その時の気分や選んだ本のイメージで活用方法はもっと広がるかな
と期待しております。 センスの良さ、言葉を見ているとまるで絵本やイラスト集や写真集を見ているようで
楽しくてテンションも上がります。

5つ星のうち 5.0すんばらすぃーと

(参考になった人 1/1 人)

以前から人気で気になっていたのですが、金欠には高いので購入を迷っていました。 依頼絵の支払いがアマゾンギフト券だったので、この際に購入を決めましたが、買って良かったです! 色が大好きな私はパラパラめくっているだけで幸せな気持ちになれました。 心が保たれる…! 右側のデザインも私好みすぎてこのグッツ出してくれ~~~って気持ちになりました。 この本と共に生きていきたいと思います。 一生大事にします。

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

当方技術者で、工業製品の設計の一環でデザイン関連本をジャンル問わずつまみ食いしています。
この本は正直、なんだかよく分からん誰に向けた本なのか?
最初は次々と現れる「それらしい」内容に目を惹かれます。
とても綺麗な見た目、絵、カラー、大きな文字を多用した分かりやすい「風」のコンテンツ。
理論も少し書かれてて、図示もされてます。
でもなんていうか、全ページそれっぽいけどこの本には何も書かれてないような。
作者のデザイン力があるのは素人目にも分かりましたが、作者デザインの見本市を見てるだけで
何も"なるほど"にはなりませんでした。残念。

沢山の人が良書だと言ってるので、私が少数派なのでしょうが。

記事やホームページデザインをしたい人に役立つ本です。 ページのデザイン構成や文字の配置、 フォント、色にいたるまで細かく解説されています。 ページデザインのビフォーアフターがたくさんあり、 最初は全体的な印象が良くなっていることが分かっても 「どこを変えたの?」と間違い探しのように見る感じでしたが、 解説を読むとなるほどと納得する事がたくさんありました。 何を訴えたいかを考えていくことで自然と決まってくるデザインがいいという考え方に共感しました。

自分のデザインの幅を広げるために購入しましたが、どちらかというと復習になりました。 しかし復習といっても、いままでの知識を整理でき新たなデザインを考えやすくなりました。 セール時に購入しましたが、定価でももとが取れます。 未経験者からプロまで使えるいい本だと思います。 ちなみにブログ、提案書、企画書作りなど、デザイン本業の方以外にもおすすめです。

デジタルイラストの「塗り」事典BOYS CLIP STUDIO PAINT PROで描く! 美麗な描画のテクニック55

5つ星のうち 5.0中級者~には即戦力!

(参考になった人 5/5 人)

絵を描く人間です。なので使ってみてのレビューになります。

この本のいいところは【レイヤー構成がわかる】こと!

デジタルで作業する人のほとんどがレイヤー機能を使って作品を仕上げていると思いますが、『どんな効果を出すために』『どういうレイヤー構成にしているか』これがわかることで、実際作業の参考にしたい時にはすごく役に立ちます。

かなりたくさん使っている作家さんも居れば逆の作家さんも居り、そこは自分のイラストの目指す出来やマシンスペックなんかとの相談になってくると思いますが、文字と経過画像に加えてレイヤー構成が確認できることで『こんな描写にしたい時には、この順番で作業していけばいいのか』という面がより分かりやすくなっていると思います。



またさまざまなジャンルの塗り方・人物だけでなく背景やエフェクト(効果や仕上げ)も一つ一つ解説されていますので、自分の好きな系統や普段描いている系統以外の作例も参考にすることで、表現の幅が広げられると思います。
このように、普段なじみのない方法を試したい時にもレイヤー構成が確認できるのが便利ですね。

多くの塗りの教本と同様に、人体デッサンや服のシワ/肌の陰影の落ち方などについてはページを割いていません。作家さんが個人的にアドバイスしているところはあっても、あくまで「このように表現するといいですよ・気を付けています」という仕上がりを洗練させるテクニックなので「影をどう入れればいいのかわからない」「人の体の描き方がわからない」というレベルだと即戦力で使うのは難しいかもしれません(仕上げの効果などはすぐ取り入れられると思いますが)そのあたりの解説は別のものを参考にした方がイイでしょう。

作家さんのブラシ解説やブラシやレイヤーをDLできる特典もあるので、好みの作例があった場合より印象を近づけることも可能かと思います。

作例はクリップッスタジオを用いて描かれており、基本的に解説も同ソフトの機能を使ってのものです。
自分はクリスタ使用なので問題ないですが、他のドローイングソフトをメインで使っていると多少ズレが生じるかもしれません。といってもほとんどがどのソフトでも対応可能な手順であると思われますので、今風の塗り方をモノにしたい・今のイラストをブラッシュアップさせるひと手間が知りたいという方には良書ではないでしょうか。

多様な塗り方が押さえられているため、流行り廃りが激しいカラーイラストの分野でも使い続けることができると思いますし、いろいろな技法を融合させて流行りに左右され過ぎないスタイルを確立する一助になるとも思います。

最後に自分は書籍版を購入しましたが、デジタル版の方がデジタルで作業する場合は便利かなと思います。作業環境によりますが、画面分割が可能だったりデュアルディスプレイを使用して電子書籍を開いておけば、紙の本を広げたりページをめくったりしながら作業するよりも効率的です。というわけで自分はページをバラバラにして使っています。

色んな塗り方を見れたのは良かったです。 ただ、事細かに描き方や手順が載っているわけではないです。 説明を端折っている部分や明らかに手を加えている部分があるのに何も説明がなかったりします(何故そうなったんだ感) 初心者向けより、デジタル絵が描ける人で他の塗り方が思いつかないという人向けかと思います。 個人的な問題ではあるんですが、求めていた塗り方が載っていなかった(好きな絵柄、絵師さんではない場合)ので参考になることが少なかったです。

今までのメイキング本の中でもダントツの内容でした。 中~上級で塗り方を変えたい人、いまいち着色だけは苦手という人にはいいかもしれないです。 特に男の子メインという本があまり無い中、とても参考になります。 どの作家さんも色使いがとても綺麗で買って損はないと思います。

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

5つ星のうち 1.0色んな意味で薄い本

(参考になった人 4/8 人)

テクニック要素に関しては文献が皆無で、リサーチ結果のみが信用性があるデータとなる。
しかも、内容が特に意外性を感じないのがある意味斬新。
また、男目線なのか女目線なのかハッキリしない場面が多々あるのはいただけない。 ターゲットはどっちだよ

結論としては、そこら辺にあるテクニック本と対して変わらす自分が読んだ書籍「モテる技術」の方が内容があり、
そこまでの過程も書かれている点では明らかに見劣る部分が多くある。
本人が自己満足で書いているのではないかと疑うレベルだ。



従って、評価は☆換算で1.5が妥当と言え、内容が薄く本のページも170ページと薄い内容となってしまった。
こんなに早く読めて(当日)処分出来るのは珍しい。 まぁ、中身は薄い本(性的な意味で)だしなぁ~

得体のしれないセックスについての不安感が軽減されました。 むしろ、パートナーを悦ばせることが出来、自分のセックスに自信が付きました。 イラスト付きで分かりやすく、セックスを知らない友達にも勧めてます。 悩める男子に是非読んでほしい一冊です。 教科書に乗せるには快楽に特化した内容になっているため、学校のカウンセリングルームの片隅にそっと置いておいてほしいと思います。

5つ星のうち 5.0悟り

(参考になった人 5/6 人)

この本を実家の父親(定年済み)の寝室で見つけました。 おかげで「あまりのショックで逆に地蔵の表情になる」という稀有な体験ができました。 人間ってこんな境地に達することができるのですね。 両親がそろった光景を目にするたびにとても慈悲深い気持ちと地蔵の表情が湧いて出ます。 これからも精進を続けようと思います。 本当にありがとうございました。

なるほどデザイン

当方技術者で、工業製品の設計の一環でデザイン関連本をジャンル問わずつまみ食いしています。
この本は正直、なんだかよく分からん誰に向けた本なのか?
最初は次々と現れる「それらしい」内容に目を惹かれます。
とても綺麗な見た目、絵、カラー、大きな文字を多用した分かりやすい「風」のコンテンツ。
理論も少し書かれてて、図示もされてます。
でもなんていうか、全ページそれっぽいけどこの本には何も書かれてないような。
作者のデザイン力があるのは素人目にも分かりましたが、作者デザインの見本市を見てるだけで
何も"なるほど"にはなりませんでした。残念。

沢山の人が良書だと言ってるので、私が少数派なのでしょうが。

記事やホームページデザインをしたい人に役立つ本です。 ページのデザイン構成や文字の配置、 フォント、色にいたるまで細かく解説されています。 ページデザインのビフォーアフターがたくさんあり、 最初は全体的な印象が良くなっていることが分かっても 「どこを変えたの?」と間違い探しのように見る感じでしたが、 解説を読むとなるほどと納得する事がたくさんありました。 何を訴えたいかを考えていくことで自然と決まってくるデザインがいいという考え方に共感しました。

自分のデザインの幅を広げるために購入しましたが、どちらかというと復習になりました。 しかし復習といっても、いままでの知識を整理でき新たなデザインを考えやすくなりました。 セール時に購入しましたが、定価でももとが取れます。 未経験者からプロまで使えるいい本だと思います。 ちなみにブログ、提案書、企画書作りなど、デザイン本業の方以外にもおすすめです。

イラストレーター』の解説 by はてなキーワード

illustrator

書籍・雑誌などの表紙や挿絵、ポスター・CMの広告など、商業的な媒体のために絵(と、平面作品全般)を制作する職業。

へりくだった言い方をすれば「絵描き」だが、敬称として「画伯」などと呼ばれることがある。また、美術作家としての「画家」とは区別される傾向にある。兼業で漫画を描く場合は、イラストレーター漫画家と表記される。


関連語:イラストレータ Illustrator

イラストレーター』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.