イトーヨーカドーのまとめ情報

イトーヨーカ堂』の解説

イトーヨーカドーに関連性が高い単語の解説を表示しています。 イトーヨーカドーについての情報が含まれているか確認して下さい。

株式会社イトーヨーカ堂(イトーヨーカどう、英称:Ito-Yokado Co., Ltd.)は、関東地方を中心に22都道府県に店舗をもつゼネラルマーチャンダイズストア (GMS) 「イトーヨーカドー」を運営する会社。セブン&アイ・ホールディングスの子会社であり中核企業である。

概要

社名は「イトーヨーカ」だが、店舗名では「イトーヨーカドー」あるいは「Ito Yokado」と表記しており、報道などの略称では「ヨーカドー」とも呼ばれることがある。上場されていた頃は証券市場では「イトヨーカ」と表記されることが多かった。英語表記の頭文字を取って、「IY(アイ・ワイ)」とも呼ばれる。

出店方針としては、セブン-イレブンと同様にドミナント戦略をとっており、全国展開を優先しているイオンや以前のダイエーと対照的である。このような効率的な経営が他社より高い利益率を生んでおり、特に南関東エリアには1都3県ではザ・プライスアリオも含めると116店と多数の店舗を持つ。一方、その1都3県と北海道以外、10店舗以上出店している府県はない。

北陸3県富山県石川県福井県)、山陰地方四国地方九州・沖縄地方には店舗が存在せず、出店予定も白紙である。また首都圏および北海道以外は各府県で数店舗しか出店していないため、関東地方とそれ以外の地域とで、知名度に大きな開きがある。特に近畿地方以西の23府県では1府3県に計10店舗、人口規模の大きい大阪府兵庫県でもアリオを含めても8店舗しか出店しておらず、かつ近畿地方進出が1986年昭和61年)で比較的遅かったことから、西日本では東日本ほど知名度のあるスーパーではないが、日本テレビの情報番組「ZIP!」にてサントリーと7時台中盤隔日スポンサーを務めていることから、当番組が放送されない佐賀県(但し、ケーブルテレビでの区域外再放送を含み大部分の地域では福岡放送で視聴可能)・宮崎県(地域により熊本県民テレビ鹿児島読売テレビを視聴可能)・沖縄県を除く全国でイトーヨーカドーのCMが放送されている。

2016年(平成28年)11月現在、新潟県内の株式会社丸大の店舗を含めて日本国内に170店舗を展開している。そのうち田無店では衣料品のみの取扱いで、小型店舗や食品館、一部のザ・プライスでは食料品日用品のみの取り扱いとなる。また新百合ヶ丘エルミロードのテナントである新百合ヶ丘店は、衣料品および住関連商品をイトーヨーカドーが取扱い、食料品については、小田急グループ小田急商事が運営するスーパー「Odakyu OX」が取り扱う。

また、かつては長野県中南信地方のイトーヨーカドーで地元スーパーアルピコグループの食品スーパー「デリシア」との共同出店をしていた。

独立系企業だが、かつての三井銀行(現・三井住友銀行)と縁が深い。三井物産とは物流などの面で提携関係にあり、共同でダイエーの再建に名乗りをあげた。また、2005年にはショッピングセンター (SC) 開発会社「株式会社モール・エスシー開発」を三井物産と共同出資で設立し、従来あまり注力していなかった大型ショッピングセンター事業を本格展開、「Ario(アリオ)」として各地で開業している(モール・エスシー開発は、イトーヨーカ堂完全子会社化を経て、2016年11月30日付で株式会社セブン&アイ・クリエイトリンクに商号変更の上、セブン&アイ・ホールディングス直系に異動)。

創業の歴史

創業は1920年(大正9年)。現名誉会長・伊藤雅俊の母親・伊藤ゆきの弟にあたる吉川敏雄が、東京市浅草区(現:東京都台東区浅草)に「羊華堂洋品店」を開業したのが始まり。吉川が未年生まれであることと、当時、銀座で繁盛していた日華堂の華の字から命名した。この羊華堂が非常に繁盛したため、吉川と14歳の差がある伊藤譲が手伝い始め、浅草、千住荻窪に3店舗あるうちの浅草の一店をのれん分けされる。

譲の弟・雅俊は、市立横浜商業専門学校(現・横浜市立大学)卒業後、当時の三菱鉱業(現・三菱マテリアル)に就職。入社後すぐに、陸軍特別甲種幹部学校に入校し陸軍士官を目指したが、敗戦を迎え三菱鉱業に復帰。空襲で焼け出されたゆきと譲は、足立区千住で羊華堂を再開。1946年(昭和21年)、雅俊も三菱鉱業を退社し、羊華堂を手伝うことになる。

1948年(昭和23年)、譲が「合資会社羊華堂」を設立して法人化した。1956年(昭和31年)、気管支喘息の持病を患っていた譲社長が死去し、雅俊が経営を引き継いだ。1958年(昭和33年)、「株式会社ヨーカ堂」に移行(後の株式会社伊藤ヨーカ堂)。1971年(昭和46年)3月1日に、株式の額面変更のために「川越倉庫株式会社」(1913年(大正2年)設立)から改称した「株式会社イトーヨーカ堂」が「株式会社伊藤ヨーカ堂」を吸収合併した。ハトの図柄のコーポレートアイデンティティ (CI) も同時に採用した。(なお、当時の鳩マークを使用した)ヨーカ堂と称した衣料品店も同じ商圏にて昭和末期すぎまで存在した。(分家と言われている)

この法人(旧法人)による事業が長く続いた後、旧法人と持株会社の資本関係適正化のため(セブン&アイ・ホールディングスに詳しい)、旧法人が会社分割(新設分割)を行い2006年(平成18年)3月1日に当社が設立、旧法人のほぼすべての事業を承継した。

持株会社への移行

GMSの中ではトップの利益率だったが、2003年(平成15年)度、2004年(平成16年)度ともにイトーヨーカ堂本体の売上高・営業利益がイオンに抜かれた。また、子会社だったセブン-イレブン・ジャパンに収益力・株式時価総額で逆転されていた。グループ全体では依然として流通業界トップの売上高・営業利益だったため非常に買収の標的にされやすい状況にあった。この時期、同様の状況にあったニッポン放送ライブドアによる買収の標的となっている。

これらの改革として、2005年(平成17年)9月1日にセブン-イレブン・ジャパンおよびデニーズジャパンと共同で「セブン&アイ・ホールディングス」を設立し、持株会社傘下でそれぞれ対等な子会社となった。これによってセブン-イレブンからの配当収益が受けられなくなり、単独での収益改善を迫られることとなる。最高経営責任者鈴木敏文は、この経営統合はイトーヨーカ堂の改革のためだと、持株会社発足時の会見で述べている。

また店舗看板も「セブン&アイ・ホールディングス」の図柄に変更された。イトーヨーカ堂のロゴマークとしての鳩マークも廃止されておらず、公式サイト内やチラシでは引き続き併用されていることに加え、2017年からは大森店を皮切りに店舗看板に鳩マークを復活させる流れが出てきている。。

日本国外への展開

1997年11月、イトーヨーカドー海外支店の第1号として、中国華孚貿易発展集団公司との合弁で、成都伊藤洋華堂春煕店がオープンし、次いで、北京市にも進出した。2015年(平成27年)10月現在、中華人民共和国北京市に1社5店舗、四川省成都市に1社6店舗を展開している。2005年の中国における反日活動の際に店舗が被害を受けたものの、現地人などから「腐った商品が陳列されていない」という理由から人気が高い。1店舗当たりの年間売り上げは、約80億円と国内店舗に肩を並べている。特に、成都市の店舗は、2008年の四川汶川大地震の翌日には直ちに開店して、食料品や生活用品を販売して、後に市政府の表彰を受けるなどして、市民の信頼を獲得しており、そして2号店の双楠店は日本国内店舗を含めて売上げ第1位を誇っている。なお、中国の店舗は「伊藤洋華堂 Ito Yokado」として日本国内の店舗のようにセブンアンドアイホールディングスのロゴではなく、鳩のロゴが掲げられている。

沿革

  • 1920年(大正9年) - 「羊華堂洋品店」が東京府東京市浅草区(現:東京都台東区浅草)に開業。
  • 1958年(昭和33年)4月 - 株式会社に改組、株式会社ヨーカ堂設立。
  • 1965年(昭和40年)6月 - 社名を株式会社伊藤ヨーカ堂とする。
  • 1970年(昭和45年)10月 - 株式額面変更の準備として川越倉庫株式会社の社名を株式会社イトーヨーカ堂に変更する。現社名と同じ社名だが、この法人は2006年(平成18年)3月1日に被合併会社として消滅している。
  • 1971年(昭和46年)3月 - 株式会社イトーヨーカ堂が株式会社伊藤ヨーカ堂を吸収合併して、株式額面変更完了。
  • 1972年(昭和47年)9月 - 東京証券取引所市場第2部に上場する。
  • 1973年(昭和48年)7月 - 東京証券取引所市場第1部に指定替えを受ける。
  • 1977年(昭和52年) - 新潟県百貨店丸大と業務提携。後にイトーヨーカドー丸大となり現在に至る。
  • 1986年(昭和61年) - 近畿地方初進出の店舗、店を出店する。
  • 1997年(平成9年)11月21日 - 中国四川省に成都伊藤洋華堂有限公司の第1号店として「成都イトーヨーカドー店」を開業。
  • 2001年(平成13年)3月1日 - ネットスーパー「アイワイネット」を開設。
  • 2005年(平成17年)9月1日 - イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの3社で株式移転により持株会社セブン&アイ・ホールディングス設立。これに伴いイトーヨーカ堂は8月26日に上場を廃止し、新持株会社の100%子会社となった。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月1日 - グループ再編手続きでイトーヨーカ堂に交付されたセブン&アイ株をセブン&アイに移転させるため、従来のイトーヨーカ堂をセブン&アイに吸収合併した。これに先立ち、同日に事業会社たる新会社の「株式会社イトーヨーカ堂」を会社分割により設立。
    • 6月1日 - これまで神奈川県厚木市内の生鮮センターで扱っていた神奈川県・静岡県全店舗と八王子市内店舗における生鮮・青果部門の輸送を分割し、横浜市中央卸売市場南部市場(現・横浜南部市場)内に「横浜青果センター」を開設。
  • 2007年(平成19年)
    • 6月 - 東京都・埼玉県内店舗における生鮮・青果部門の輸送を分割し、大田市場内に「大田青果センター」を開設。
    • 9月 - 総合スーパーが運営するネット通販では最大規模となる、約10万点の商品を取り扱うショッピングサイトを開始。注文した商品については、全国のセブン-イレブンで送料・手数料無料で受け取りが可能である。なお、同サイトは2010年(平成22年)12月8日に「セブンネットショッピング」へ統合される。
  • 2008年(平成20年) - nanacoを各店舗に順次導入。
  • 2010年(平成22年)
    • 8月18日 - 2005年に輸入した中国産冷凍ウナギ蒲焼の食品衛生法違反事件で、神奈川県警察本部が社員数名を逮捕。
    • 10月1日 - 東京都杉並区阿佐ヶ谷駅前に小型スーパーマーケット1号店を開店。2010年(平成22年)度中に駅ビル居抜き出店で東京23区内に約10店舗を開店させる予定と発表した。
  • 2011年(平成23年)12月16日 - 「エスパ松本」が「アリオ松本」に改装変更された。
  • 2012年(平成24年)3月1日 - エスパ昭島・我孫子・川崎の3店舗がイトーヨーカドーに転換。これによりエスパは消滅し、旧我孫子店は我孫子南口店と改名。
  • 2014年11月"GRAND TREE MUSASHIKOSUGI"グランドオープン。
  • 2015年(平成27年)
    • 10月8日 - 事業構造改革の一環として、本部従業員の3割削減、および収益改善の見込めない店舗について今後5年間に40店舗を閉鎖、加えて人員の適正化を実施することを発表。
    • 11月1日 - セブン&アイグループの総合ショッピングサイト「オムニ7」のグランドオープンに伴い、「セブンネットショッピング」から一部カテゴリ(ファッション、コスメ&ビューティー、ホーム&キッチン、ホビー&ヘルシーライフ、食品・飲料・酒、お取り寄せ・ギフト)が分離され、新たに「イトーヨーカドー ネット通販」としてオープン。
  • 2016年(平成28年)3月8日 - 前年10月発表の事業構造改革に伴う店舗閉鎖について、うち20店舗を2017年(平成29年)2月期までに閉鎖することを追加発表。

現在の店舗

2016年(平成28年)11月現在、日本に170の店舗がある。

閉鎖予定店舗

関連会社

グループ企業

  • スーパーストア事業
    • 連結子会社(丸大、華糖洋華堂商業有限公司、成都伊藤洋華堂商業有限公司、サンエー、北京王府井洋華堂商業有限公司、メリーアン、オッシュマンズ・ジャパン、アイワイフーズ、赤ちゃん本舗、紹興吉儿奥本舗服装用品有限公司)
    • 持分法を適用する関連会社(撫順小宝宝梦衣有限公司)
  • その他の事業
    • 連結子会社(セブン&アイ出版、IYリアルエステート、ヨーク警備、テルベ)
    • セブン&アイ出版は雑誌「Saita」の発行元である。
    • 持分法を適用する関連会社(ススキノ十字街ビル)

その他

  • 商品券についてはセブン&アイ共通商品券に加え、2012年(平成24年)4月1日から、西武百貨店およびそごうが発行する1000円券も使用可能となった。
  • 毎月8のつく日(8・18・28日)は「ハッピーデー」の名称で各種サービスがあり、イトーヨーカドー店舗にてセブンカードアイワイカードを提示して現金支払いまたはカード支払いをするか、nanacoで支払うと商品価格が5%引き(一部商品除く)などのサービスを実施している。
  • 春日部店は漫画及びアニメ「クレヨンしんちゃん」に登場する架空のスーパー「サトーココノカドー」のモデルとなった店舗である。2017年4月にはクレヨンしんちゃん25周年を記念した春日部市とのタイアップ企画の一環として、実際に1週間限定で春日部店を「サトーココノカドー」に変更して営業する企画も行われる。
  • 2005年のセブン&アイホールディングス設立まで看板などで広く使われ、現在もチラシ、店内広告、CMなどで使われているハトのマークの復活構想がある。

関連項目

イトーヨーカドー』に 関連する人気アイテム

売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法

仙台の片田舎にある小さなスーパーが、常識を打ち破って大成功した。

著者は、商売の基本を愚直なまでに実践しただけなのだ。

多くの経営者はそれを忘れているに過ぎない。

経営の基本を通じて、人生まで教えられた。

・原材料が上がっても、地元の客の収入が上がらないうちは、値上げしない。

・ロスゼロによって、安く売ることができ、その為、さらに売上げが増えるという好循環。

・チラシのコストを掛けない。

チラシを出しても、消耗戦だ。

・「××産」使用は、材料を売り物にしているだけ

・「さいち」では、材料に拘らず、おいしさを売り物にする。

・惣菜の原価率は、60%と他店より高いが、利益は逆に他店より多い。

・昔は、「惣菜は家庭で作るもので売れない」と言われたが、文化ではなく、先入観でしかなかった。

・「一切れ10円」で客のニーズを掴めば売れる。

・専務である奥さんは、料理の先生に教わった事はなく、自分で創意工夫をして進化させた。

・惣菜とは、「心の入った物」と書くが、料理する人の心が商品に現れる。

・客の「おいしかった」の声が、スタッフを育てる。

・料理の経験者は、変なプライドがあり、「さいち」向きでない。

・未経験者で性質の素直な人が何でも吸収して伸びる。

・惣菜部門は他社では1割だが、「さいち」では5割。

・手間を惜しまずに、おいしい惣菜を作る事。

・「貸さない銀行が悪い」のではなく、貸せない条件を自分で作っているのだ。

・売り上げの数字以上に大事なのは、自分の作った惣菜が売れた喜び。

・人は、任せて伸ばす、褒めて伸ばす。

・評価は部門ごと、前年同月比で行う。

・無料で研修をしても、自分達がたくさんの事を教えて頂いている。

・相手を潰すのではなく、自分を磨く事に懸命な事が大事。

・農家も店もお互いに幸せになれる最適な条件を見つける。

・まず、自分が相手を信頼するのが先。

・安く売る為であっても、問屋さんには値切りをせずに、共存共栄を目指す。

・経営者自らが、背中を見せる。

・自分の家の墓だけ掃除しても、風が吹けばすぐに汚れてしまう。
周りもきれいに掃除すれば、いいのだと、共存共栄の美学を学んだ。

・取引先とは、なあなあにならないように、酒も飲まないし、ゴルフもしない。

・店の周辺を掃除している時が、無心になれる時で、考えを整理したり、
アイデアが浮かぶのもこの時だ。

夫婦で協力して、共存共栄で事業を成功させた点は、ココイチの創業者にも通じると感じた。
日本一の変人経営者

この本で紹介されていることは他のレビュアーさんの通り、大企業ではやらない(やれない)ことでかつ、当たり前のことが紹介されています。販売戦略から人事戦略等まで幅広く書かれていました。だたし、ここで書かれていることは他のハウツー本でも紹介されている内容であり、読み進めていくと「まぁ、こういう方法で攻めるしかないわな」と感じる点もあります。ですが、決してこれは本の内容に対するネガティブな意見ではなく、ピンチを乗り越えてきた社長の一人称で書いてあるからこそ、この本にある言葉の随所に価値があると感じました。

中小企業ならではの戦い方について知りたい方、また大企業に勤務されている方は「こういう攻め方をされる、こういうところがまだ改善できるのでは」という姿勢で読み進めていくと良いかもしれません。

家庭で作れるしさほど珍しいものでもない「おはぎ」で有名になった温泉街の小さなスーパー。 このお店のような経営が常識になれば夢のような社会が実現しているでしょう。 ここで語られていることは誰にでも簡単に出来るような努力ではありませんが、伸びしろなんか期待できないような立地条件のお店でも、ここまでやりぬけば大企業が大挙して視察に来るまで進化できる。 地域おこしの英雄譚でもあり、勇気を持たせてくれる本でもあります。

商売の原点

5つ星のうち 5.0名著にふさわしい本

(参考になった人 0/1 人)

数年前に初めて読んだ時から、深い見識と実体験からくる内容に、
非常に感銘を受けました。

この本が素晴らしいのは、小売業、コンビニエンスストアと
いった身近にあるテーマから、大切なことを学べる点です。
具体的であるため、想像しやすく、小売業や、
コンビニエンスストアの仕事がわかるのはもちろんですが、
商売の本質についても学べると思います。

私が薦めたのもあるのですが、普段ほとんど本を読まない、
自営業の父が熱心に読んでいたのが、印象的でした。



以下の小売り業の基本4原則については、
人間に置き換えても、魅力ある要素である気がしました。

品揃え・・レスポンスが早い
鮮度管理・・(成果の)品質が良い
クリンリネス・・・清潔感、
フレンドリーサービス・・・笑顔、礼儀、コミュニケーション能力。

あれから数年たった今、読み返しても襟を正されるような気がします。
初心を忘れないように、そばに置きたい本です。

品ぞろえ、鮮度、清潔、フレンドリーサービスがセブンイレブン
の基本4原則。鈴木氏はこの基本の徹底が不可欠と言っている。
それも、マニュアルや規定に従ったものではなく、社員自らが
現場の環境と状況の変化に対応し問題を本質をとらえ、主体的に
解決していくことの重要性を説いている。さらに、本質を粘り強
く解決しようという「熱意」が、人を動かすと言っている。
POSシステムに代表される人工的な近代企業のようなイメージを
感じるセブンイレブンが、ここまで、人間の力を基礎とした経営
を行っているのかを知った。


大量生産大量消費時代は終わり、時代は個別生産、セル生産、個
別対応の時代である。セブンイレブンの取り組みは流通業だけで
はなく、新しい時代に対応できる全ての企業の姿勢、そこで働く
個人の仕事の仕方にも参考となるものだ。
マニュアルよりも原理原則重視。
何度も読み返したい本だと思います。

品ぞろえ、鮮度管理、クリンリネス(清潔)、フレンドリーサービス
この4原則をまず徹底することからはじめる。
いますぐできることばかりですが、それが継続できるかどうかが肝なわけです。
とりわけ厚いわけでもないですし、難しい言葉で語られているわけでもなく、
とても読みやすい、
ですが読み返すたびに新たな発見があります。

仕事と人格は同じではないという姿勢がすばらしいです、
失敗をしでかしたときに訂正するべきはそのやり方、方法論であり、
当事者の人格まで傷つけてはならない、愛ですね。



20世紀が経済学の時代ならば21世紀は人間心理学の時代と評されるように、
たんなる数字の管理だけに終始していないところがまたいい。
FC等で展開できるかできないかの差はカンタンにできるかどうかという部分があるのおもいますが、
その点でも本書はいろいるなことを教えてくれます。

感動経験でお客様の心をギュッとつかむ! スターバックスの教え

私はスターバックスにまだ一度も行った事がありませんが、優れた顧客サービスを知るうえで購入しました。

優れたサービスや顧客満足を説いた自己啓発本はディズニーランド系の本がどありますが、
日本に1箇所のみのディズニーランドよりもかなり身近なスターバックスの方が親しみやすく感じます。

お客様に接する・同僚に接する面、企業のミッションを実現するにはどうすべきか、
販売業・接客業全ての人にぜひ読んで欲しい1冊です。

アルバイトさんから店長クラス・その上のマネージャークラスの方でも必ず1つは実りになる事をつかめると思います。


企業解説本では無く、実際にスターバックスで働いていた筆者自身の実体験が多く寄せてあり、
ですが大変読みやすく、読み返し安い本でした。
コーヒーについてはあまり触れられてませんのでコーヒー嫌いの方もぜひ読んでみてください。

ご存知、日本で収益を上げながら、法人税をロクに払わないグローバル企業の筆頭格であるスターバックス。〔日本どころか米国でも税金を払っていない〕

ご存知ない国民も多いと思うが、グローバル展開をいい事に各国での税金逃れをしている脱税企業であるスターバックス。

上記は、国際税務の専門家の間では常識である

近年になってこの点を問題視する各国政府が、脱税防止のためにBEPS等の国際的スキームを作り始めているが、あの手この手で税金逃れを画策している企業こそがスターバックスの実態である

心ある日本国民は、この本のように、売国奴によって書かれたプロパカンダ本、つまり連中の言う愚民対策のために書かれた宣伝本を信じてはならない

また、良識ある国民は、安易にスターバックスを利用するのをやめていただきたい。

以前からスターバックスの理念に興味があり、スターバックスに関するいろいろな本を読みましたが、この本は、目黒さんの実体験から現場のエピソードがつづられており、読みやすく、客の立場からも共感できる部分が満載でした。 実際スターバックスの席に座って読み、さりげなく店内の様子を観察させていただくと、スターバックス独特の心地良さの理由がわかってきます。 職場のみならず、家庭でも人付き合いでも、あらゆる場面で応用できそうなヒントが満載です。 目黒さんの、スターバックスそして人間への愛がつまった一冊だと感じました。

イトーヨーカ堂』の解説 by はてなキーワード

株式会社イトーヨーカ堂は、大手スーパーマーケットイトーヨーカドー」の運営会社。

第一号店は、東京都足立区千住北千住)。

2005年9月、セブン&アイ・ホールディングス設立のため、建物にあるお馴染みのイトーヨーカドーのロゴが「セブン&アイ・ホールディングス」のロゴに張り替えられた。

イトーヨーカドー』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.