アレックスのまとめ情報

アレックス』の解説

アレックス (Alex)

ギリシア語人名アレクサンドロス」に由来するヨーロッパ言語のファーストネームまたはミドルネーム)、「アレクサンダー」、「アレクセイ」、「アレクサンドラ」、「アレクサンドリア」「アレッサンドロ」などを縮めた短縮型英語での発音は(リクス)。

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

ワ行

その他の人名

商品名、団体名、作品名など

架空の人名など

アレックス』に 関連する人気アイテム

Echo - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

天気からニュースまで何でも聞けば答えてくれる凄いスピーカーです。
勿論Amazon関係の買い物とかも声で行えますから
間違えるとトイレットペーパー一年分が次の日にΣ(゜口゜;
とか成りますので発言に注意は必要ですがwww
Echo単体の場合声で行う検索サイト、オンラインショップ、情報端末だと思ってくれれば良いかと。
使い始めからかなりお利口さんですが使っている内に色々覚えていき
アレクサ、音楽をかけて(˙꒳​˙ )
と言うだけで趣向にあった曲をかけてくれます。


学習するんですね。
ギャクも得意なので夏に聞くと良いでしょう。(冬はお勧めしません寒いですw)
IoTリモコンを繋げると声だけで電気付けてくれたりエアコン付けてくれたりIoTリモコンに設定されていることをしてくれます。
ここでもお利口なのは
エアコンを"入れて""ONにして"等起動に関する指示を的確に行うことです。
これに関してはIoTリモコンにも一切、どう言う言葉で動かすか?と言う設定はしなくてもアレクサが判断するようです。
凄くお利口ですが人間だめにするのでその辺注意ですよ\_( ゚ロ゚)ここ重要

echoドットを持っていて現状より音の少し良さそうなこの機種に買い替えました
echoドットはもう使わないので捨てて、新しいこの機種で既存のAmazonMusicUnlimitedプランを聞こうとした所、ファミリープランを契約して下さいとechoから言われてしまい、どうすることも出来ず、電話にて問い合わせた所、個人では切り替えはできないのでこちらで切り替えますとの事で待つこと10分、エラーで切り替えできないので2~3日待ってくれとの事、最長でも7日以内で解決できますとの事だったが7日待っても連絡が無く、連絡してみた所、あと4日待てば連絡しますとの事。

連絡はするが解決するとは言えませんとの事・・・安いプランだとはいえ、使えない期間が長いから日割りしろとは言わないがファミリープランなら使えるんだからそれでとりあえず聞けるか試してもらうとかいろいろ方法はあると思うのだが、片言の日本語で出来かねますの連呼は辞めてほしい
とりあえず既存のUnlimitedユーザーは本体切り替え時に苦労するので注意が必要

昨年LINEのクローバを購入しスマートスピーカーデビューを果たした我が家。
その後、アメリカ出張の際にウォルマートで山積みになっていたamazonエコー、Googleホームのそれぞれ最廉価版を買って帰って自宅リビングに並べ、3台を使い比べてきました。
結果、アレクサがいちばん自分の役に立つと判断し、ワンランク上のamazonエコーを購入し、メイン機としての地位を与えました。
LINEクローバよりもコンパクトなのに音質はamazonエコーの方が上。
amazonプライム会員なのでプライムミュージックが使えるのもありがたかった。

現在はamazonミュージックのアンリミテッドにアップグレードして運用中です。
何でも聴けるスマートスピーカーとして、家族中でバリバリ使っています。
スキルの様な上級機能(?)はまだ使ってませんが、基本機能だけでもやっぱりamazonエコーの完成度が際立ってますね。

Echo Plus - スマートスピーカー with Alexa、ブラック

5つ星のうち 5.03台目のEchoです

(参考になった人 1/1 人)

2017年末の招待制の時に、Echo(第2世代)を購入。AIスピーカーを堪能。
他の部屋にも増設しようとEcho dot(第2世代)を導入。最初にEchoを利用したので、dotの認識性能と音に満足できず、今回のサイバーマンデーにEchoを増設しようとしたが、このEcho Plus(第1世代)おまけ付きを発見。こちらに変更。
結果はこちらで正解でした。Echoと比較すると若干音がこもっているような気がしますが、音声認識も音質も満足出来るものです。一番のお気に入りはボリュームコントロール。

Echoは丈夫にある+ーのボタン操作だが、Plusは上部全体が回るようになっていて、これを回してコントロール。正直Echoのボタン操作は細かく操作できないが、この操作方法が何故廃止されてしまったのだろうか?残念。

色に関しては、白しか選ぶことが出来なかったが、実物を見て回りに合う色なので満足です。

Echoシリーズ全般に関してですが、電源ケーブルがもう少し長いとありがたいです。

5つ星のうち 5.0手放せなくなりました

(参考になった人 1/1 人)

7,253円でヒューの電球付きで購入。 代替わりのため値下がりしてましたが、この価格でこの性能は破格かと。 ブリッジが内蔵されてるため、出来ることが一気に広がりました。 声で電気をつける調光する、テレビをつけるなどができますし、別売りのアイテムで帰る前にエアコンをオンにしたりなど、便利で楽しいですね。 音質もよく、目覚ましや天気予報も聞けるので、寝室に置いて使い倒してます。 もちろん新世代のほうが性能やデザイン面で優秀ですが、機能重視の方はこの価格帯なら買い!だと思いますよ。

5つ星のうち 4.0Amazonミュージック

(参考になった人 3/3 人)

エコープラスを購入後、色々な機能が有り、非常に気に入ったので、その後エコースッポットも購入しました。 画像を見ながらの機能は又別の楽しみが有り気に入っています。 ただ、一つ不満なのがプライムミュージックを聞きたいときに2台同時に聞くことが出来ません。 別にミュージックホーム 契約をすれば6台まで使用できるとのことですが、一度に2台で音楽を聴けない事で、一寸がっかりしました。 希望としてはぜひ2台まではプライムミュージックが使用できるようにしてもらいたいです。

デンソーテン販売 イクリプス カーナビ AVN-R8W 地図無料更新 地デジ/VICS WIDE/SD/CD/DVD/USB/Bluetooth/Wi-Fi 7型ワイド AVN-R8W

後期型トヨタ86に取り付けました。ハンドルステアリングスイッチも連動します。
全面タッチパネルでデザインは最高です。
スマートフォンと同じ操作感のフリック操作なので今までのカーナビに比べて格段に使用しやすいです。
今まで3倍のお金を出して純正品を購入していたのが情けなく感じました。
取り付けもトヨタ車ならカプラーオンなので、トヨタ車の人はavnシリーズ一択ではないかと思います。

全面タッチパネルは物理ボタンがないため、故障リスクも低減できます。


BluetoothでiPhone8と接続してますが、電話、音楽共に問題なく使用できます。
SDカードにmp4形式の動画を取り込んで動画再生も使用できました。

現行型のハリアーに取り付けていたトヨタ純正のものと比較してもナビゲーション精度も全く遜色ないです。

難点を挙げるとすれば、イクリプスのバックモニター画質が悪いこと位です。
イクリプスのバックモニターは設計が古いので新モデルの発売期待します。

5つ星のうち 1.0粗悪品に注意

(参考になった人 5/8 人)

2018年6月購入 10月1日異常有り イクリプスを買う時には、注意して下さい 画面に結露が出る時が有ります 又メーカーの対応が 悪い それが一番悪い 結露が出ても 消えればOKの考え 有り得ません 画面の液晶パネルの上に傷つき防止の硝子が有り その間で 結露したとの事 操作には 差し支えは 出ないと思うので大丈夫との事 見えなく成る事が 操作出来なでしょうが、まず単純に考えて分かるだろ それに隙間を開けてはいけない事くらい分かるだろ 設計ミス 欠陥品 粗悪品 すべてが当てはまる それでも 修理依頼した所 直接ではなく 指定販売店からやり取りをして下さいとの事 意味分からない そんな事言うなら 色々な所で販売するな! ちなみに インターネットで調べた所 2016年頃までの各メーカーでの結露の書き込みが有りましたが その後書き込みが無いので 各メーカー 対処しているのかな?デンソーテンでも 有ったようですが 生かされていません 皆さんも買う時には、結露するかをメーカーに聞いてから 購入を考えるべきだと思います。

余計な機能がなく、シンプルなナビです。 pioneerのポータブルと比べると、このナビは必要最低限以外ナビ音声はありません。 逆に細かく、例えば『次の分岐を直進です。 』など、普通はナビ音声あるはずが、特にナビ音声なし。 つまり、ナビ音声あるまでは、ひたすら道なりに。 ということみたいです。 最近のナビは車両情報を入れると、燃費や、オイル交換時期等補助的に通知してくれます。 便利?かは使用者によります。

プラットフォーム革命――経済を支配するビジネスモデルはどう機能し、どう作られるのか

本書はアプリ開発だけでなくプラットフォーム事業者へのコンサルなどを行っている企業(アプリコ)の創業者のモザド氏などによるプラットフォームビジネスの解説書です。原題は”Modern Monopolies”ということで近代の独占、つまりプラットフォームはこれまでとは違う独占形態を生み出しているということなのですが、中身の主張を読むと必ずしもそうとは言えません。むしろ独占できたとしてもその期間は非常に短いだろうということや、これまでネットワークを席巻したプラットフォームが一転してあっという間に凋落する事例をたくさん紹介しています。



まず感銘を受けた点について。さすがにプラットフォーム事業を数多く間近で見ていただけあって、プラットフォーム事業の特徴や成否を分ける細かな機微などについては具体的かつ説得力があり面白いと思いました。プラットフォーム事業がいかにこれまでの直線的なバリューチェーン企業と異なるか、については特に興味深く読みました。

他方、プラットフォーム事業を概念的に語るパートについては正直首をかしげる箇所がいくつかありました。前半部分でプラットフォーム事業がいかに20世紀までの直線的なビジネスモデルと違うかを力説しておきながら、「プラットフォームは取引の「工場」である」といった表現を使っていて、マルクスの生産中心価値観を引きずっている感じをうけました(工場という表現を意図的に使っているのはあえて古い頭の人にもわかりやすいように、という配慮なのでしょうか)。また第6章ではプラットフォーム事業は「見える手」で動いているという表現を使っていて、これはアダム・スミスの「見えざる手」との対比で使っているとは思うのですが、書いてある内容を見ると、見える手ではなく、見えざる手であります。本書では、プラットフォーム事業は「オーディエンス構築」「マッチメーキング」「中核的ツールとサービスの提供」「ルールと基準の設定」において「見える手」がユーザーの行動を決めているとのことですが、これらを見える手が決めていたら恐ろしい世界です(入りたくもないプラットフォームに無理矢理加盟させられるのかという話です)。アダム・スミスの見えざる手とは、市場の価格がシグナルとして生産者、消費者の行動を誘導する、そして落ち着くところに落ち着く、というロジックですが、プラットフォーム事業でもユーザーへのインセンティブ(補助金、利用料金など)を通じてプロデューサーもしくは消費者を誘導(勧誘)しようとしているわけで、これは見えざる手と同じです。「見える手」という表現は終始違和感を持ちました。プラットフォーム事業の事例や細かい機微(戦術など成否を分けた要因など)はとても面白いと思いましたが、大局観や言葉の定義は正直あまり感銘を受けませんでしたので星3つとさせていただきました。

特に最初の方に、プラットフォームが構造的に価値を提供できる洞察が集中していて、目からウロコでした。市場は価格の常時提示によって一つの解を示すシステムでしたが、プラットフォームはお金というものを超えている何かを持っているようです。

小生の印象に残った点は以下です。
・「もうウザい作業とはおさらばだ」と、取引コストを大幅に下げるのがプラットフォームの吸引力。
・今までの企業が価値を提供する"直線モデル"から、参加者が(現場の状況を踏まえ)価値を提供するのがプラットフォームの本質。


・ハイエクが「計画経済より市場経済の方が優れている」と言ったのは、今までは現場の情報が中央ではわからなかったから。
・企業というのは、現場がわかっている範囲で集結した小さな計画経済。
・プラットフォームとは、ポリシーを決める政府に近い。
・交換型(マッチング)と、無限提供型(デジタルコンテンツ提供等)がある。
・IoTとは、アセットどうしが調整コストなく反応・調整できるプラットフォーム。今はセキュリティや言葉の通じなさがネック。

social mediaのように生産者と消費者がほぼ同一のプラットフォームもあります。物理的なつながりをプラットフォームしたのがfacebook。いたずらに広く始めるのではなく、まずコアが必要というのもわかります。

この本だとプラットフォームによる白色テロがあまり触れられてません。amazonのように問答無用に利用者を排除するプラットフォームの怖さ。人々が集まった便利さと共に、そのトラブルをどう緩和するかという司法のような働きには言及されてました。中国のプラットフォームらはこの司法機能をどのようにクリアしているのでしょう。

市場/お金は残りますが、影響力は小さくなります。人々が疎外されないプラットフォームとはどのようなポリシーで設計すればいいのでしょう。これからの経済や政府を考える上で、プラットフォームは鍵になりそうです。

5つ星のうち 5.0私のオススメの一冊!

(参考になった人 2/2 人)

「プラットフォーム」
文中にある
「直接的なビジネスが、商品やサービスを作ることで価値を生み出すのに対して、
プラットフォームはつながりを作り、取引を「製造する」ことで価値を生み出す。」

「プラットフォームは、ユーザー同士のつながりを作り、それを使った取引を「製造する」ことで価値を生み出す。」
といった記述。
これらを実践し、プラットフォームとして理解、機能されているビジネスが、これまでも国内からなかなか生まれなかった理由も、
やはり理解できる。


Airbnb、Uberといったビジネスを例に挙げているが、そのそも民泊に近いものはこの日本にも存在した=下宿だ。
また、Uberは基本は配車だが、昔はご近所さんでお醤油をシェアすることもあった。
それらに至った価値観をビジネスに向けた合理性がプラットフォームを産んだのであろう。
と生意気にも考えた。

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

ビジネスモデルを理解し、作り上げるためのフレームワークとして今後多くの企業や
コンサルタントの中で普遍化していくと思われる「ビジネスモデルキャンパス」。この
フレームワークを使い、45カ国、470人による実例を解説しているのが本書だ。
気軽に手にできる大きさでない大型本、中身もフォントやレイアウトが一定せずに(
意図的にと思われるが)、決して読みやすいとは言えない編集。しかしそれを差し
引いても、十分にお釣りがくる内容だ。
ビジネスモデルを、①顧客セグメント(CS)②価値提案(VP)③チャネル(CH)④顧
客との関係(CR)⑤収益の流れ(RS)⑥リソース(KR)⑦主要活動(KA)⑧パートナ
ー(KP)⑨コスト構造(CS)の9つの要素に分解することで、深いレベルで顧客や販
売チャネル、パートナー、収入の流れや原価構造を理解することが可能であり、そ
の結果、そのビジネスモデルの可能性や実効性を検証できるというもの。。[ビジネ
スモデルの理解]→[設計]→[実行]を系統的に学ぶことができる本書は、いわば
イノベーションを起すための、革新的かつ斬新な「ビジネスモデル発生装置」との内
容紹介の看板に偽りなしだ。

5つ星のうち 4.0kindle版は…

(参考になった人 11/11 人)

本書に沿ってビジネスモデルを書き出してみることで、頭の中で想像するだけではなく、一旦アウトプットして、再び目で見て頭の中にインプットする、その作業を繰り返すことで、より考えが纏まると同時に新たな気づきや発見があると思ってます。 そういった意味では、内容に沿って進めていくだけでいいので楽ちんです。 ただ、kindle版で購入しましたが本書は紙媒体でこそ使えるアイテムだと思います。 kindleではページ分割の為に、行ったり来たり手間がかかりすぎるために、頭の中のビジネスモデルをアウトプットするという本来の役割に支障が出ると感じました。

訳者がカタカナの和製英語ばかり入れて非常に表面的な内容となってしまっている。 カタカナの和製英語ばかりで非常に概要が把握しづらい。 絵ばかり入れることで活字に集中できず、逆に読みにくくなってる。 頭のいい人ならまず読者の立場になって考える。 そして読者にわかりやすく伝わりやすい言い回し・言葉・内容にする。 著者の説明不足もあるんだろうけど、訳者は意識高い系の典型だと思います。

アレックス』の解説 by はてなキーワード

外国人の名前

アレックス』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.