アリアンのまとめ情報

アリアン』の解説

アリアン(Ariane、アリアーヌ)は、欧州宇宙機関 (ESA) が開発した人工衛星打ち上げ用ロケットシリーズである。アリアンの名前はギリシア神話に登場するクレタ島の王ミノスの王女で、テセウスを迷宮から助けたアリアドネのフランス語読みからとられた。

ESAの前身の欧州ロケット開発機構(ELDO)が開発したヨーロッパロケットの後継ロケットシリーズにあたり、アリアンはその構成から大きく分けてアリアン1から4までの第1世代と、アリアン5からの第2世代とに分かれる。

ESAは最初のアリアン1の開発と打ち上げを1979年12月に成功させ、以後、アリアン2アリアン3アリアン4アリアン5と大型化したロケットを次々と開発してきた。打ち上げは新たに設立したアリアンスペースに委託しており、アリアンロケットはおそらく商用打ち上げとしてもっとも成功したロケットということができる。打上げはフランス領ギアナに設けられたフランス国立宇宙センター (CNES) のクールー宇宙センターから行われるが、ここは北緯6度と赤道に近く静止軌道に打上げを行うには極めて適した場所である。

アリアン1~4

thumb

300px

3段式ロケットで、各段の概要は次の通り:

第1段:ヴァイキングV×4基
非対称ジメチルヒドラジン(UDMH)と四酸化二窒素(N2O4)を用いた液体ロケットエンジン
第2段:ヴァイキングIV
燃料は2型と同じ
第3段:HM7-A・HM7-B(アリアン2~4)
液体酸素(LOX)と液体水素(LH2)を用いた液体ロケットエンジン

アリアン1静止トランスファ軌道への投入質量は1,850kgで、全長50m、全質量207,200kg。

アリアン2はアリアン1の1,2段目の推力を増強し、3段目の推力と燃料搭載量を増したもので、静止トランスファ軌道への投入質量は2,175kg。全長52m、全質量248,300kg。

アリアン3はアリアン2に固体ブースター(PAP)を付加したもので、静止トランスファ軌道への投入質量は2,580kg。

アリアン4は、さらに1段目と3段目の燃料搭載量を増しており、液体および固体ブースターを2本ずつ合わせて4本まで付加可能な構成で、ペイロードに応じて経済的な利用が可能。

  • PAPは固体燃料ブースター、PALは液体燃料ブースター
  • ペイロードは静止トランスファ軌道(GTO)への投入質量
  • (*1)但しAriane40は低軌道(LEO)の能力(GTOの打上げ実績なし)

アリアン5

thumb

アリアン5は、アリアン4までとは異なり、全く新規に開発された大型ロケット。

フランス及びESAの有人宇宙船計画「エルメス」に用いる予定であったが、ESAが資金難となったことからキャンセルされた。このため商用衛星打ち上げ専用となり、その巨大な打ち上げ能力を生かして大型衛星を複数個同時に打ち上げられることを特徴とする。

最初の打ち上げは1996年6月4日の試験機V88で、これは一段目エンジンの制御ソフトウェアの欠陥のため失敗に終わったが、翌1997年10月30日の試験機V101で成功した。最初14回中のうち2回失敗、2回の部分的な成功と不安定であったが、その後、2006年12月8日現在まで16回連続で、合計30回中28回成功(そのうち部分的な成功2回含む)となっている。アメリカのアトラスVデルタIVファルコン9ロシアプロトン中国長征3号、日本のH-IIAなどと宇宙ビジネスを争う大型使い捨てロケット(ELV)である。

第1段:ヴァルカン × 1基
液体酸素(LOX)と液体水素(LH2)を用いた液体ロケットエンジン。直径5.4m、全長31.6m、推力113,600kgf。
ブースター:P230 × 2基
固体燃料ブースターで、直径3.1m、全長31.6mで、推力は各660,000kgf。
第2段:エスタス
モノメチルヒドラジン(MMH)と四酸化二窒素(N2O4)による液体燃料ロケット。

1段目は全長30m重量はおよそ190トンでその中で液体水素と液体酸素が175トンを占め、でヴァルカンIIの推力はおよそ1.4kNである。離陸時の推力は両側の固体燃料補助ロケットでそれぞれの重量は277トン、推力は7.1 kNでかつては飛行後の調査のために回収されていたが、近年では打ち上げ後海底に沈む。

アリアン5 ECA (Evolution Cryotechnique type A)は第4で現行のアリアン5で2005年に最初に打ち上げに成功した。動力は改良型のヴァルカンIIで2段目には極低温上段を備える。さらに補助ロケットの重量が低減され、これらによりアリアン5ECAは静止トランスファ軌道(GTO)への打ち上げ能力が単一の機体で9.6トン、2機打ち上げ時には9.1トンへ向上した。予定ではアリアン5MEは既存の1段目と固体燃料補助ロケットを引き続き使用して現在開発中のヴィンチエンジンを搭載した上段を備える予定だった。それによりアリアン5MEの静止トランスファ軌道への2機の打ち上げ時の投入能力は12トンになり、2018年に初飛行の予定だった。ドイツとフランスの長期間の協議後、フランスの支持を得られず、2014年12月に中止された。MEは開発に着手して2年経っていたにもかかわらず、(フランス企業が主導権を握る)アリアン6を進めるエアバス・ディフェンス・アンド・スペースサフランにより中止に至った。

アリアン5Gの改良型
  • アリアン5G+: 2004年に3機のみ飛行した2段目を改良したタイプで静止トランスファ軌道への投入能力は6,950kgであったが、以後は、5GSとECAに引き継がれた。
  • アリアン5GS: 2005年8月に初飛行し。静止トランスファ軌道への投入能力は6,800kg。2009年までに6機が飛行した。
  • アリアンESC: 2002年11月に初飛行に失敗し、2005年2月に初めて飛行に成功。1段(ヴァルカンIIエンジン)、2段(アリアン4で使用していた液体酸素と液体水素を使うHM-7Bエンジン)、固体ロケットブースタ(P241)を全て改良し、静止トランスファ軌道への投入能力を10,500kgにまで大幅に強化した。
  • アリアン5 ES-ATV: 2008年3月に初飛行。国際宇宙ステーションへの物資補給を行うATV(欧州補給機)打ち上げ専用。低軌道へ21トンの投入能力を有する。

アリアン』に 関連する人気アイテム

誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ 1

原作未読での感想ですが、割とウケました。 政略結婚からのぉ〜といえば、相手が気になるトゥクン…が定石ですが、今の段階ではそのそぶりは無く。 主人公の女性はにこにこと楽しく契約通りお屋敷で過ごし、 「夜会?契約外ですねぇ」 「旦那様がこっちに来るなんて生活リズムがぁ」 と、本当に眼中ありません!!嫌味無くスカっと爽快!!! 多分、契約結婚からのぉ〜というお話のハズ。 どうなるか、楽しみです。

人を何だと思ってんの!って怒る場面でものほほんとして楽しんじゃえるヒロインがとても可愛い。 こんなふうに穏やかな気持ちでいようと前向きな気持ちになる。 絵も綺麗で可愛いです。 原作の方は相手側の視点も描かれているのかな。 漫画の中で相手の表情が気になる分、原作の方も見てみたい。

5つ星のうち 5.0面白い!!

(参考になった人 0/0 人)

すごく面白い!絵も可愛いし、いかにもありそうだし、貴族の生活習慣や屋敷の感じなど、しっかり理解してかかれているところにリアリティ感じる!なにより、ヴィーちゃんが私好みで久しぶりにすごく良い作品に出会えました!早く次巻読みたい!

転生しまして、現在は侍女でございます。 1

5つ星のうち 5.0補完が秀逸

(参考になった人 0/0 人)

小説家になろうで常に最新話をチェックしている作品。 大筋はWeb版と同じですが、書籍版は細かいシーンが密に描かれていたり、わかりやすい挿絵が入っていたりします。 挿絵では王女様がゲーム通りになっていたらどうなっていたのか、非常によくわかるイラストが目を引きます。 ヒロインの「この流れは阻止しないと!」という気持ちに一層共感できてよかったです。 電子書籍になってからになりますが、2巻も購入するでしょう。 楽しみです。

5つ星のうち 4.0立ち位置が気楽で良い

(参考になった人 3/3 人)

王女様がとてもかわいらしい。 主人公も周囲のキャラクターもいい感じです。 他者視点の話などでわかる自己評価とのギャップも面白い。 ただ主人公の恋愛部分の話は優等生すぎて、この先かませ犬の女キャラが出ても、どうせそれをきっかけに自分の中にある嫉妬心に気付くとかそんな展開だろうから特に楽しみではない。

5つ星のうち 5.0あの側室さまが!

(参考になった人 1/1 人)

ウェブ版からのファンです。 イラストのイメージでためらいましたが買って大正解。 あの側室さまが話されてます。 ユリアと会話されてます。 この母がいての姫さまです。 もうこれだけで買う価値あり。 縦書きの文もこの物語に合ってます 電子書籍でサンプルも見れますので迷ってる方確認して下さい。

【電子限定版】 誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ 1 誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~

文章が全体的に主人公視点で主人公の語り系です。最初は戸惑いましたが、読んでいるうちに慣れましたし、ノリが良く終始自分の意志で楽しく前向きに生活している主人公の性格やツッコミ、執事や侍女などの助けなどがあって、鬼畜なヒーローの出だしも我慢することもなく笑って終わりました。
シリーズ物でまだまだ二人がどうなるのか分からないのですが、1巻目を無料で読ませていただいたのでこの面白さに出逢えました。感謝です。
顔見知りでもないのに雲の上のヒーローから結婚を申し込まれた主人公。顔合わせの席で、とんでもない鬼畜条件を突き付けられ、超貧乏貴族の主人公は親兄弟のためその条件を飲み、契約結婚することに。


もう、いっそ清々しい主人公で面白かったです。絶対に愛されることはないと分かっていても尚、自分はまだ恋なんて知らないし、親の借金を肩代わりしてくれるならと、本邸に寄りつかない旦那のことそっちのけで邸の中を縦横無尽で侍女になりすまし、侍女たちと面白楽しく邸を作り込んでいき人気のないような家を蘇らせていきます。
悪役のいない、いるのだけど(愛人)、本当の悪役はヒーローの思考ではなかろうか?というような立ち位置のヒーローですが、これから主人公が惚れるに相応しい男性になるのでしょうか。
一巻の印象としては、ヘタレで二股で自分勝手で相手の気持ちなどおかまいなしのようであまり、というかまったく(笑)カッコよさが分からなかったのだけど。

5つ星のうち 1.0日記?報告書?

(参考になった人 0/0 人)

簡単な文で気軽に読みやすい。と言えば聞こえは良いが最初から最後までヒロイン視点で『~ました。』『~です。』日記か報告書か思い出話でも聞かされてるの?感。ヒロインの脳内ツッコミの数々を聞かされるのにも疲れました。
設定もふわっふわゆるっゆるの貴族風。有り得ない所、疑問点も多く、カタカナ、現代用語、擬音もこれでもかと詰め込まれた、どこまでも気にしないで読める方向け。

ヒロインにも全くこれっぽっちも魅力は感じませんが、ヒーローもひどい。
6年付き合った身分違いの相手と結婚できないから仮面夫婦、妻契約で結婚してくれ→(そのわりに夜会には愛人とのみ出掛ける隠す気0の設定ゆるゆるさ→愛人と続いてるのは社交界でも知れ渡ってるはずなのに、両親来訪、愛人と切れてヒロインちゃんと結婚してくれよよかったわ☆くらいの矛盾)→速攻でヒロインに惹かれる→目を覚ますべきだって思ったんだ→別れよう→ヒロインに乗り換えて猛アタック
いやいやいやコメディにしてもつらい。顔と仕事しか取り柄の無いダメ男の代表のようなヒーローです。

web版で充分としか思えないこの稚拙な文に1000円超え。もし文庫でも高い。

コミカライズが面白かったので原作も読んでみようと購入。 しかし漫画では気にならなかったのですが、地の文章が無くすべて主人公目線で書かれているのが普通の小説に読み慣れている自分にはきつかったです。 また「〜でした」「〜と思いました」の連続で小学生の作文のよう。 折角内容は面白いのにこれでは読む気が失せてしまいます。 稚拙な文体が我慢できる方にはおすすめです。

アリアン』の解説 by はてなキーワード

欧州宇宙機関により開発され、アリアンスペース社が運用する商用ロケット。低軌道に7.7t、トランスファ軌道に4.8tものペイロードを持ち、110回に及ぶ打ち上げ成功の実績を持つ


リスト::天文学

アリアン』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.