はまぞうのまとめ情報

はまぞう』の解説

はまぞう」(英名:HamaZo)は、静岡県のインターネットサービス会社である、株式会社シーポイントが運営・提供する静岡県浜松地域に特化した、ハイパーローカルな(超地元密着型)ブログサービス。2005年10月にサイト開設。

概要

  • 「はまぞう」は、静岡県浜松地域のブログポータルサイト。
  • 利用者のほとんどが浜松地域に住んでいる人。
  • 特に、浜松地域の飲食店、小売店、サービス業のお店の利用も多い。
  • 地元の主婦など、市民が「はまぞう」を通じて、浜松地域の本音情報を日々投稿しており、市民発の地元情報が集まったサイトになっている。
  • ブロガー同士の積極的な交流にも特徴があり、静岡県西部地域の各所にて「ブログ村」という、ブログ勉強会が毎月行われている。一般的に、全国のブログサービスの場合、なかなかブロガー同士が実際に会ったり、交流するというのは困難であり、そこが「はまぞう」の特徴にもなっている。「ネット+リアル」を全国他の地域ブログに先駆けて実現している。

はまぞう』に 関連する人気アイテム

コトラーのマーケティング4.0 スマートフォン時代の究極法則

コトラーがデジタルマーケティングに言及しているだけで価値のありそうな本。
今の生活に当たり前のように存在し、必需品の1つとして存在するモバイルについて、その「接続性」と「移動性」によって顧客の購買スタイルを劇的に変化させ、伝統的マーケティングからデジタル・マーケティングへの移行を余儀なくされていることを再認識させられる。

ただ、正直デジタルマーケティングの業務を第一線で行ってきた人間にとってこの本に目新しさはあまりない。
個人的にこのまま隠居しても十分なコトラーが、わざわざ4.0とまで銘打ってデジタルマーケティングに言及していることに驚くとともに、下記の言葉通り、市場が大きく変化して行く中で、今までの自分のマーケティング論を常に更新し続けようとする姿勢に強く感銘を受ける。



「marketing」という言葉は「market-ing」と表記すべきだと、われわれはずっと思ってきた。こう表記することで、マーケティングとは変化しつづける市場を相手にするものであり、最先端のマーケティングを理解するためには、市場が近年どのように進化してきたかを理解する必要があるという点を、あらためて肝に銘じることができる 。
理解するための手がかりやトレンドははっきり見て取れる 。新しいタイプの顧客 、つまり近い将来 、多数派になると思われる顧客が世界中で登場している 。この新タイプの市場とこれまでの市場の大きな違いは 、彼らにはモバイルという傾向があることだ 。

「購買プロセスは今まで以上に『社会的』になっているので(中略)オンラインとオフラインの双方でアドバイスやレビューを求めている。」ために「社内資源だは不可能な『接続性』により外部主体+顧客参加」が重要視される。

だからこそ、企業と顧客のオンライン交流とオフライン交流を一体化させるマーケティング・アプローチこそが「4.0」となり、顧客の「認知」「訴求」「調査」「行動」からさらに「推奨」に進ませることこそが重要なカギとなる。

しかし、結局「購買行動率」はECでの「コンバージョン率」で見るしかないと思うし、「ブランド推奨率」=推奨÷認知 はどうやったら客観的に測定できるのかがわからない。



「コンテンツ」「モバイル・アプリ」「ソーシャルCRM」「ゲーミフィケーション」など新しいヒントはあるが、従来のコトラーものの肝である「ケース・スタディ」が圧倒的に少ない(たぶん、事例が集められるほど成熟していないからか?)ので「4.0」とまでは言い切れず「3.1~3.5」ぐらいの概念との印象が強く残った。

物やサービスが売れない時代。その要因を作っているのはその物やそのサービスそのものだけではないのかもしれない。

「良い商品」とは、これまで企業の誇大広告によって消費者が判断するのではなく、消費者同士の「コミュニケーション(本書内ではカンバセーション)」によって判断される。消費者同士のコミュニケーションを可能にするものはスマートフォンと、これに紐づくSNSや口コミサイトである。

今の消費者は賢い。ある商品が自分にどのような価値を与えてくれるのか。もしくは自分のライフスタイルにどのようにフィットするのか。

SNSや口コミサイトで他の消費者とコミュニケーションをとり、瞬時に判断する。
そのとき、企業は彼らとどうコミュニケーションをとればいいのか。マーケティングにおいてどのようなスタンスをとるべきなのか。そのあるべき姿を描いた良著である。

象印 電気ポット 2.2L 優湯生 ブラウン CV-GA22-TA

自身のモニターの色調整のせいかもしれませんが、思ったよりブラウンの色味が明るかった(赤みがある茶色)。もう少し黒に近い茶色かな~と思っていたので残念でした。
沸いた時の音がうるさくなく、メロディーだけじゃなくシンプルなピー音も設定できるので良かった。
6~7年前の象印さんの電気ポットからの買い替えなのですが、以前のよりプラスチック感がある割には重たいのがマイナス点です。

商品に関係なく申し訳ないですが、一番の不満はデリバリープロバイダ(TMG)の配達。
午前中の指定時間に来ないのでステータスを確認すると、在宅(事務所だが)していたのに「不在のため持ち帰り」になっていた。

不在票もないので電話で確認。電話の対応はよかったが、配達担当に不在票はどこに入れたか確認したら(他の事務所さんに入っていたらご迷惑をかけるので)、「8時に一度来たんですけど、不在でしょうし持ち帰ったんです~」と悪びれもせず答えた。うちは8時でも開いているから時間指定してるんだし、不在票いれないのなら、午前中にもう一度来るべきでしょう。デリバリープロバイダ以外で毎回指定できないものか。。。

5つ星のうち 3.03Lから2.2Lへ

(参考になった人 1/2 人)

これまで3リットルサイズの電気ポットを使用していたこともあって、購入前に随分迷いましたが年間トータルだと結構な電気代を支払っていたことを知り、2.2リットルサイズに変更しました。夏場ということもあり、温かい飲み物は必要としませんが、我が家では電気ポットを利用する頻度が多く直ぐに底をつくことも判りました。それでも今更買換えるわけにはいかないので、これで慣れていかなくてはならないと思っています。ただポットに水を足して、お湯を沸かし始めるときコトコトというような異音が離れたところでも聞こえるので、少し気になっています。

色はダークブラウンでシックな色合いですが、前に使っていたポットでは湯量が表示されるタイプだったので、小さなことですが使い勝手の悪さが露呈してしまいました。次回は、また3リットルタイプに戻す予定です。

白湯を飲むことが多いので購入後しばらくはプラ臭さが気になりました。 コーヒーなどであればここまで気にすることはなかったかもしれません。 沸かして廃棄を数回繰り返しましたがあまり変わらず諦めて使用していましたが気づいた時には匂いも無くなっていました。 取説にも初期のプラ臭さについては触れてありますからメーカーも割り切ってんでしょうね。 製品自体は間違いなく良い製品です。

マーケティング戦略 第5版

5つ星のうち 4.0マーケティングの基本

(参考になった人 0/0 人)

マーケティングの基本が網羅的に書かれています。 実際の事例を紹介したりもするので、イメージもしやすいかと思います。 けっこうちゃんと読むと時間がかかりますが、マーケティングの基礎を学ぶには良い本だと思います。

楽典―理論と実習

表現が古かったり、独語、伊語が多く読みにくいです この辺りはクラシック教育を受けた人間が描いてる以上仕方がないかも知れません ですがクラシックは既に過去のもので今はポピュラー音楽が中心です 音楽文化の中心は西洋からアメリカに移っています 標語が伊語なのは仕方ないですが実際の音楽現場では英語の音名、音楽用語を使うことが多いです 描いてあることはもっともで勉強になりますがクラシック教育の保守的な悪い面が出て少し読みにくいです これは他の理論書にも言えることですが... 内容的には5ですがそこを踏まえて3にします

・高踏的独善的なところが多く、好きにはなれない。 ・これが基本書というのでは、日本の音楽教育は浮かばれない。 ・何十年もこういうことを続けてきて、誰も改善しようとしないのが不思議。 ・P87の最終行、「短」音程は、「単」音程の誤植か?(新版第38刷)。 ・ただ、昭和44年発行の12刷をみると「単」音程になっている(P88)。 これも不思議。

5つ星のうち 5.0懐かしい

(参考になった人 3/3 人)

娘の勉強のために買いました。 何年たっても、表紙のデザインは変わらないんだなぁ~と、懐かしかったです。 内容は、私には難しすぎて、ちんぷんかんぷん。

象印 電気ポット 2.2L 優湯生 ホワイト CV-TY22-WA

eightloopというお店が最悪です。商品を確認した所、象印のビニールにも入っておらず、衛生状態悪くむき出しのままきました。
また製品も中国製だからか塩化ビニールのような刺激臭がしました。

製品について、この臭いはダメだと思い、後日、日本製の象印5リットルを購入しました。そちらは刺激臭もなく快適です。

未使用なので返品のメールを何度もしましたが、最悪の態度で返品拒否されました。
eightloopという大阪のお店最悪です。またアマゾンマーケットプレイスにも申請却下されました。

事実上保証なし。何度もやりとりして返品できず、一ヶ月経っても未使用箱のまま隅においてある状態です。
二度とアマゾンとこのお店では高い電化製品は買いません。保証はないと思った方が良いです。楽天かヨドバシなど身元と返金保証のある所で買います。
みなさん気をつけて下さい。

5つ星のうち 4.0フォルムがかわいい

(参考になった人 0/0 人)

使っていたポットが故障したので、いろいろ検討したが、結局同じタイプのものを購入。 前回は、シルバー色だったが、今回はホワイトに。 テーブルの上にのせているが、白の感じがマイルドで、フォルムもどことなく丸みを帯びていて、ほっこりする。 家の全体のトーンからも違和感なくマッチしているので、これにしてよかったと思っている。 機能については、普通にお湯を沸かして保温する、という基本的な機能がしっかりしていて、前回と同じタイプなので使いやすい。 特に問題はなく使えています。

5つ星のうち 4.0手軽に使えます

(参考になった人 1/1 人)

全く問題なくごく普通に使えます。 匂いが気になる人がいるようですがうちに届いた製品は問題なし。 私はその手の匂いには結構敏感なはずなんですが。 あえて何かを……といえばドリップモード。 その名のとおりコーヒー(ペーパードリップ)用に作られているはずなので、ならもっと少しずつ出るようにして欲しいです。 そして注ぎ口ももっと先(前)にないと、市販ドリッパーに回し掛けできないんですよね。 これはこの製品だけでなく象印全般に対してですけれど。

はまぞう』の解説 by はてなキーワード

2004年9月30日リリース。

Amazon.co.jp楽天市場の商品を紹介できるISBN/ASIN記法またはrakuten記法を簡単に日記内に挿入できる入力支援ツール。日記編集画面の「写真・商品・レストランなどを挿入」ボタン*1またはリンク*2、「商品」ボタン*3から利用する。

「はまぞう」の使い方

はまぞう」を使うと、日記内に書籍・音楽・映画・家電製品などの紹介リンクを簡単に追加することができます。日記編集ページ下部の「はまぞう」ボタンをクリックし、お好きな商品を検索してリンクを挿入してください。

はまぞう」でリンクを挿入すると、日記内にISBN/ASIN記法を用いた記号が挿入されます。省略記法は、

  • ISBN/ASINコード
  • タイトル
  • 画像(中・小)
  • 詳細

の各モードに対応しています。

はてなダイアリー日記2004-09-30「ISBN/ASIN入力支援ツール「はまぞう」」より

はまぞう使用時の注意点

  • ブラウザの設定で、JavaScriptを有効(オン)にしてご利用ください。
    • JavaScriptが無効(オフ)になっているとボタンをクリックしても動作しません。

「はまぞう」名前の由来

はまぞうAmazonXML Web サービスを使い倒して作っています。Amazon Web サービス + はてなフレームワークということで「はまぞう」という名前。

はまぞうリリース - naoyaのはてなダイアリー

いちおう「はてな」と「アマゾン」を組み合わせて名付けた、なんてカッコいい事を言っておりますが、実は苦肉の策だったんです。

tapestry

はまぞう』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.