なりすましのまとめ情報

なりすまし』の解説

なりすまし(成り済まし)とは、他人の名前を勝手に拝借してお金儲けしたり、他人のふりをして活動することである。この事例としては多岐にわたる。

代表的なカテゴリとしては、次のようなものがある。

ソーシャル・エンジニアリングの一種としてのなりすまし

顧客や取引先、あるいは社員になりすまして、企業に接触・侵入し機密を聞き出したり、盗んだりする。この際に、あらかじめ、なりすます対象の情報(顧客や取引先情報の取得、社員証の盗みや偽造など)を元にその活動を行う。これらは、ソーシャル・エンジニアリングとも呼ばれている。

インターネットにおけるなりすまし

インターネットにおけるなりすましとして、以下のようなものがある。

他者のID・パスワードの盗用

他人のユーザIDとパスワードを盗み、システムにアクセスし活動する。他人のIDやパスワードを無断で使用してログインを試みる行為は、不正アクセス行為と呼ばれ、日本では不正アクセス禁止法により処罰対象となる。

IPスプーフィング

特定のIPアドレスのマシンからのアクセスしか許可しないように設定されたサーバーに対して、送信元のIPアドレスを偽装・操作して、アクセスを許可されたマシンのふりをする。

他者のニックネーム・ハンドルの盗用

ブログや電子掲示板など、自由にハンドルネームを設定して書き込みができる場において、他人のハンドルネームを使用し、その人のふりをして活動する事例がある。

登録制のソーシャル・ネットワーキング・サービスの場合、実在する別の人物の名(有名人の場合が多いが一般人の場合もある)のアカウントを作成しその人物のふりをして活動したり、企業・団体名のアカウントを作成しその企業・団体の公式アカウントのふりをして活動したりする例がある。このなりすましの対策としてTwitterでは、Twitterの運営者が本人確認をしたアカウントに対してそれを表す認証済みバッジを表示している。

脚注

参考文献

  • 石田晴久白橋明弘三輪信雄 『インターネット・セキュリティ教科書(上)』、IDGジャパン、2002年、ISBN 4872804759。
  • 石田晴久・白橋明弘・三輪信雄 『インターネット・セキュリティ教科書(下)』、IDGジャパン、2002年、ISBN 4872804767。

参考論文

  • 折田 明子 『ソーシャルメディアにおけるなりすまし問題に関する考察』 情報処理学会研究報告 電子化知的財産・社会基盤(2009-EIP-44(4) 1-6)、2009年。

参考Webサイト

なりすまし』に 関連する人気アイテム

天孫皇統になりすましたユダヤ十支族 「天皇渡来人説」を全面否定する

まず、率直に述べておきたいのは、この本で落合氏が提示する歴史観は今までに見たことがなく、理解するのに暇がかかったことだ。そして、今でも十分には呑み込めないでいることだ。でも、歴史の真相はこういうことなのかもしれないという関心をそそられ、著者のほかの本も読みたくなったので☆5個にした。

人類の歴史といえば、4大文明から始まったと学んだ。大河の流域に並列的に生まれたと思っていたが、ここが違うというのだ。メソポタミアのウバイド文明が最初の文明で、これが波のように世界に広がっていったというのだ。

そして、彼らが金(ゴールド)を信用材として用いる方法を編み出し各地の開発に充ててきたものだという。このようにウバイド人が莫大な金を元に世界を経済的にコントロールする勢力がワンワールドと呼ばれるものであって、古代から現代に至るまで世界を動かし続けているという。ユダヤ勢力は、メソポタミアとエジプト文明の仲介者としてワンワールドとともにある。

そして、この勢力に日本の皇室が関わっているという驚くべき事実が指摘されている。つまり、日本皇室がユダヤの末裔であることを理由にワンワールドの管理権限を握ろうとする方々とユダヤの末裔ではないという真実の歴史を維持しようという方とがおられ、20年以上の間、皇室に対立を引き起こしていたらしい。具体的には本書を読んでいただきたい。

筆者は、古代日本に到達したイスラエル10氏族は、独自の政体を立てずに、日本古代の有力氏族に背乗りする形で日本の政治に関与してきたという。すなわち豊後海部氏(全国の海人を束ねる)に背乗りし、出雲を経て最終的には丹後に独自の国家を立てたアヤタチ(ユダヤ特区)であって、彼らは姓(かばね)を持たなかったので、豊後海部氏の系図や事跡を買い取って系図操作を行い、皇統に関連があるもののように装ったのだという。

この説の前提として、皇統の欠史八代の天皇は実在しており、それも皇室は神武以来日本にあった(葛城王朝)のであって、外来ではないという事実が重要である。しかし、大東亜戦争後、連合国の対日間接侵略の一環として、日本人の歴史を貶めるために欠史八代を意図的に不在として、皇室が外来の勢力だという可能性を作出しているという(そうして半島優越史観を導く)。その歴史観が、皇統とユダヤに関連があるとする見方、つまりそうすることでワンワールドの金の管理権限に関与しようとする立場にも結びつくというもののようだ。ワンワールドの金の管理権限を持つために歴史の歪曲をも利用しようというのであろうか。

そのために豊後海部氏の系図(ユダヤに操作されたもの)が短期間の調査だけで国宝に指定されている事実が指摘される。対日間接侵略はこんなところにまで及んでいるのである。驚いてしまったが、それに協力する日本人の勢力があるから可能なのである。筆者自身は、海部氏系図は国宝には値しないという観点から綿密な論証を行なっている。

本当かね、と言いたくなる箇所はけっこうある。しかし、やはり本当なのだろうな、という思いにもなる。落合氏の他の著書も読んでみたいと思った。

何が言いたいのか?意味不明な文書構成。
縄文人のY染色体D遺伝子も聞きかじって書き加えているもののユダヤ人の遺伝子情報はわからないという落ち。
はやりものには手を出しておこうとでも考えているのか?
半分くらい流し読みして何言いたいかわからない本だという結論にたどり着いて筆者の経歴東大を思い出して歴史ってイカサマで勝手に当て字した言葉に数字くっつけてただ覚えろという馬鹿歴史授業を思い出した。
子供のころ何これと思った社会科の歴史と同じ構成だ。
あーあ東大だ、1/4異常者だと大学院が発表した東大だという結論が頭に浮かんだ。


歴史ってこういうことじゃないだろ。
聞きかじった言葉を羅列したりその言葉がどのように使われたとか誰かを呼ぶ言葉に公権力がすり替えたとかって・・・
誰かの意図で行われたことならそれを追跡していかなくてはどんな言葉を使ったとか羅列してもそれは歴史じゃない。
10種族のことも何1つわかった訳でもなく本書く下調べ全く出来ていないだろ。
せめて元々10種族がいたという証拠くらいは乗せていなくてはすべてが曖昧。

5つ星のうち 5.0全ては縄文から

(参考になった人 35/36 人)

一万五千年続いた縄文時代には理由があります。縄文人が使っていたペトログラフ等を含む神代文字は世界中で見られるが、狭い日本島が一番
多く発見される。神代文字を組み込めば、シュメールの粘土板もすらすら読める。ピラミッドの象形文字も読めてしまうのだ。
縄文人は「五色人」も認識していた事実。世界中で見られる縄文系の人々。日本国内にあるヒラミツドち呼ばれる山々はピラミッドを言います。世界に旅立った縄文人は・・・シュメールを造りアーリア人と戦い追い込まれながら朝鮮半島まで来ています。1500年かけて日本に里帰りした縄文人のスメル族とカラ族ですが、日本に残ったスメル族やカラ族とは、厳しい自然環境の元からか別種族のようになってしまったのでは
ないでしょうか?
すべては縄文人から始まったような気がします。古事記日本書紀は七回書き換えられているそうです。最後に書き換えられたのは、明治新政府によるものです。縄文系日本人を救ったのは北条正子だそうです。以後、生活に必要な伝統職は、縄文系日本人に限定したのです。

どうすれば愛しあえるの: 幸せな性愛のヒント

今まで二村ヒトシさんの本を何冊か読んでいたので購入。

恋愛系のハウツー本は今まで何冊も読んできました。
この本のはじめに二村さんは
「この本の内容を実践する熱意があるのなら貴方は誰かと愛し合うことができる」
と仰っていましたが、残念ながらこの本にも
自分の人生を変える力はなかったように感じてしまいました。

対談形式でどちらかと言えば宮台氏が比較的メインの語り手であり、
宮台氏の極端すぎる主張にはちょっと賛同しかねる部分もありました。


個人的に今の自民党や首相は全く支持していませんが、
「安倍政権の支持者はステディのパートナーがいない」等の
週刊誌のアンケートを鵜呑みにした無理やりすぎる政権批判や、
講演先の女子高生150人程度に曖昧な質問をしただけで
「女性は男性に経済力を必ずしも求めているわけではない」という風な
断じ方をしてしまいますし、何よりも自身の意に沿わない価値観を持つ人々や
社会の変化を全て「劣化」「頓馬」「豚」呼ばわりするのは、
いくらなんでも社会学者の肩書を持つ人間として視野を疑ってしまうというか
ちょっと品格が無さすぎると思いました。

とはいえAV業界の歴史や「トランスに入る」という概念など
興味深い含蓄に富んでいる本であるとは思いますので
星2つとさせて頂きます。

5つ星のうち 5.0おもしろかった

(参考になった人 35/40 人)

私は割と教師や大人に気に入られるタイプのおとなしい子供だったのですが、
大人になって何十年、まわりを見ているとヤンキーみたいなタイプの人間の方が
しあわせな人生を歩めていると思います
そして今ドラマにもなって話題の恋愛工学は理には叶っているのかもしれないけど
なんだか気持ち悪いな、とも感じていました
(僕は愛を証明しようと思うも読みましたし、藤沢さんもtwitterでフォローしています)

それらに対する答えがこの本には書いてあって、なぜだか理由はわからないけれど
確かに「法外」なことをしている人は人生を生きるエネルギーがあるなあと納得しました

自分をさらけ出せない人間は幸せになれないのかもしれませんね
この本を見てやらしいことも人生に取り入れてみようと思い少し実践してみました
自分を他人にさらすのって怖いことですね
こういうのを乗り越えていくと幸せを感じられるようになるんでしょうか

私にとっては文章が難しかったですが興味深く読めたおもしろい本でした

本書はややバラバラな内容。今後、両氏の考えがさらに整理されたものを読んでみたい。

言語とは別次元の性愛を言語化するという難しさがあるものの、参考になることは間違いない。

宮台真司は、相変わらず広範囲に渡る理論武装を持ち、自らの体験を通しての内から湧き出る強さがある。その分、彼が語る言葉は端的でやや難しい。宮台語が多く、読者に深読みを求める。

一方、二村ヒトシは、圧倒的な体験、観察を元に行う人間分析が優しい。彼の「心の穴」という概念は、とてもわかりやすい。

実践的には次のことを努力したいかな。

「思い出すだけで穴があったら入りたくなるほどの失敗を、死ぬほどいっぱい重ねることです。」

天才ハッカー安部響子と五分間の相棒

どこぞのITベンチャー企業の社長のブログで紹介されていたので、購入してみた。
このレビューの内容は、読んでいる途中でだいたい固まったものではあるが、やはりミステリーということもあり、一通り読み終えてから書くべきだと考え、最後まで読み、あとがきやらなにやらまで読んだ上で、書き始める。
タイトルがよい。流行のパターンを踏襲しているようで、えげつくない。さらりとしている印象を受ける。天才ハッカーと書いてあるので(ハッカーと書くと怒る人がいるのは承知の上で)、何がテーマなのかもわかりやすい。


表紙イラストもよい。安部響子さんは、こんな感じですか、なるほど。
というわけで、パッケージとしては、最近増えている「キャラ文芸」「ライト文芸」に属するものを狙っているように見える。

さて、内容について。
まずタイトルにある「天才ハッカー」なのだが、あまり天才ハッカーぶりは出てこない。技術的な内容にはほとんど触れずに「こんなことができるのでやったらこうなりました」というレベルである。SFとかサスペンス方面でガチにやられている内容と比べると、明かに物足りない。これについては、後書きの後の解説で、3倍くらい説明を書いたが読者が読まないという理由で削ったとのこと。とは言え、少しポイントを押さえた書き方をするだけで、テクニカルな部分でも光る書き方はできる(実際そういう小説はごまんとある)ので、これについては小説のテクニックが未熟だとしか思えない。

キャラ文芸的なものを狙う以上はキャラの魅力についても読んでいきたい。ヒロインの安部響子は、ラノベに出てきそうなキャラではあるが、まあギリギリ普通に可愛い感じ、でまとめられているように思える。
問題は、主人公だ。主人公の像が、結局最後まで分からなかった。童貞か!っていう部分は意図的らしいので、そこはつっこまないとすると、主人公には特殊な能力があるような書き方がされているけれど、それがそんなに発揮される場面もない。そもそも技術者として登場する主人公の技術レベルがどの程度のものなのかという客観的な記述が、どこにもない。
主人公がどういう人物なのかが、とくにハッカー集団の中でどういう位置づけになりうるのかが、さっぱり分からないのだ。

ストーリーラインに関しては、ふむふむとスムーズに読めるのだが、「ああそうね、そうなったら次はそうするだろうね」という感じで、意表をつく内容が出てこない。だからドラマがないし、驚きもない。一応最後にどんでん返しっぽいものは用意しているが、どうにも弱い。

小説の形を成していない、とまではいかないが、アマチュアレベルを出ていない。商業出版できるレベルとは思えない。
私の印象としては「セキュリティコンサル(実装部分なんかで手を動かすことはない)の人が、業界ネタで小説書いたら、わりと形になっちゃった」というのが本書であるというもので、考えてみれば、女子大生会計士の事件簿もひどかったなあなどと、懐かしいことを思い出した。

ただ、セキュリティネタとキャラ文芸と読者の裾野が広いミステリーというジャンルが合わさったところで、こういう需要はあるのかもしれない。だとすれば、うまいマーケットを見つけたものだと感心する。

作者にお願いしたいのは、「作家」としての精進をして欲しいということだ。今のこれは「作家」が作り出した作品とは呼べない。
次回作に期待したい。

などと書いていたところで、この作者が「サイバー・ミステリ宣言」という本を出したばかりということを知った。
我こそがサイバーミステリの旗手だとでも言いたいのだろうか。それはちょっと、勘弁して欲しい。

5つ星のうち 3.0物足りない脇役たち

(参考になった人 6/6 人)

ハッカーとタイトルにはあるものの,具体的に『その場面』が描かれることは少なく,
わかりやすさを優先した結果だと思いますが,テクニカル周りの話はあまりありません.
また,同様の理由からか,語り部役の青年が主人公のチームに加わるくだりをはじめとし,
説明的な言い回しの多さなど,序盤からしばらくはいささか気になる部分が目立つ印象です.

とはいえ,プロローグで結末らしき部分を見せ,本編でそこへとたどっていく流れは,
つかず離れずの二人の様子も重なり,着地点とのその道筋に意識が向けられるとともに,
してやったり,どんでん返しとなる最後は,終盤の緊張も併せて気持ちの良さを覚えます.



ただ,五分間しか他人と話せない主人公の設定は,始まって早々にあっさりと限定解除,
そんな彼女と青年の関係も,終盤にこじれ,ハッキリしないままの幕切れに物足りなさが.
このほか,対抗する国家組織の人物も,アクの強さを見せておきながら呆気なく白旗を上げ,
主人公らにあこがれる学生たちも役回りが最後までわからず,スッキリしない思いが残ります.

恋愛模様については、もう何それはって感じ。
取り敢えず、キャラの設定が、極端というか、露骨というか。なんといいますか某メモ帳的な、どこかで見たことがある様なチープな設定。
それが、出会った二人がなんかあっという間に、仲良くなっていく。どこでそんなに距離が詰まったんだろうと、置いてきぼり感

テクニカルな部分は、なんかさらっと流し書きな感じ。
一般の読者はそんなもの読まないという事で削った、と後書きに書かれているけれども、それを読ませてこそ、天才ハッカーなんて単語がしっくりくるような気もする。


天才ハッカーだからなんでも出来る、っていうのでは、ただのラベルになってしまって

社会で問題になっているネット関連の事象を取り上げているという点では、危機管理意識の入り口にはなるでしょうか。
そんななかでも、ソーシャルエンジニアリングの比重が高いのは、少し興味深いかも知れない。

素人がツール使っていきなり、という展開はちっと無理がある様な気も

ドキドキの時間

5つ星のうち 3.0がっかり

(参考になった人 1/1 人)

打ち切りか、へんな終わりかたでした、 最初は面白かったのにがっかりです、

とみさわ作品の大ファンです。 週刊誌連載からずっと読んでいますが、単行本も買ってしまいました。 終わってしまうのが残念。 次回作に期待しています。

ソーシャル・エンジニアリング

過去にもいくつかのソーシャルエンジニアリング書籍が出版されているが,従来の書籍ではソーシャルエンジニアがどの様な知識・経験を持っているかはあまり明確でなかった。
この書籍では,ソーシャルエンジニアがどの様な知識・経験を修得し,それをどの様に利用するかが非常に明確に書いてある。 言ってみれば,従来の書籍では,点か線での説明であったが,これは 面からのアプローチを行っていると言えるであろう。
最近の海外,国内でのサイバー攻撃の大部分が ソーシャルエンジニアリングを利用していることを考えると,技術だけのセキュリティ対策だけでは有効でないことは明らかである。
翻訳も細かい点では不満な点もあるが,全体的に見れば良い部類であろう。 情報セキュリティ関係者やICT関係者にとっては,必読書の1つであろう。

WindowsUpdateとネットワークの隔離だけでは防げない情報流出。 それは何故でしょうか。 人から漏れるからです。 といっても、さすがに秘密そのものをべらべら話すことはありませんよね。 ただ、ネットに上げたお気に入りの情報や喫茶店で話した休暇の予定から会話のきっかけを掴み、電話交換の善意や守衛さんの隙をついて情報を盗む手口が様々紹介されています。 他人を信じてはいけない、善意の行動を安易にしてはいけない、自分の休暇の予定を漏らしてはいけない。 全くの他人を使って、それとは知らずにアナタの情報が盗まれるかもしれません。 セキュリティの隙を作らないために読んでは如何でしょうか。

5つ星のうち 4.0古典的な詐欺の恒久性

(参考になった人 1/4 人)

システムの暗号化をいくら複雑にしても、結局は人間の部分に弱点があり、そこを突けば呆気なく目当ての情報が手に入る。 表情の読み取り方の章では、見本が欧米人なので、アジア人には役立たないかも?

なりすまし』の解説 by はてなキーワード

"spoofing(スプーフィング)"

  1. 相手のID、パスワードを盗用してその人の情報を盗んだり悪事を働くこと(コンピュータ用語)。
  2. 身分や出身、出自などを偽ること。

なりすまし』by Google Search

This page is provided by Matome Project.
Contact information.